やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

約1時間

いつもどのぐらい意味があるのかと思いながらも、
もう3ヶ月も経ったのかと気づかせてくれる、
イミグレへの住所届出に行ってきました。

今日は余裕をこいて朝10時頃に家をバイクで出ました。
15分頃にはイミグレにつき、駐車場も確保しました。
相変わらずビルマ人の人たちが多く来ていましたが、
申請場所が別棟なので、それによる混雑は感じませんでした。

2012-06-29 10.19.51

バイクの駐車場横に、クエッティオ屋さんがオープンしていました。
長時間待たされるビルマ人の人たちを目当てにしてでしょうか。

2012-06-29 10.19.22

私がイミグレに着いた時、整理券の機械は動いておらず、
そばに職員も誰もいない状態でした。
また壊れたのか、それともルールが変わったのかと思い、
インフォメーションの窓口で実習生に聞くと、
機械のところまで来て、後部の電源を入れ、発券してくれました。
今日の順番は559番で、その時点では537番ぐらいだったので、
ざっと20人待ちの状態でした。

無料の無線LANが使えるので、それで暇つぶしをしながら、
自分の順番が来るのをひたすら待っていました。
正面に備え付けられたテレビが大きくなり、
そこで手続きについてのインフォメーションを流していましたが、
わかりにくいというのか、あまり見ている人がいないように感じました。
娯楽ビデオでも流してくれた方がいいかも。

2012-06-29 10.38.43

10時45分頃には、職員がマイクでアナウンスをしていました。
整理券番号の221番以降の人は、午後から出直してくださいと。

やっと自分の順番が回ってきて、終わったのが11時30分前でした。
前回張り付けたバーコードのシールですが、
読み取り機会が故障中とかで全く役に立ちませんでした。
念のためにとパスポートのコピーを持って行って正解でした。
関連記事

| 手続き関連 | 10:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好きなだけクエッティオ

家に戻ったらへとへに疲れていて、つい眠ってしまいました。
運転手のつもりで出かけたのですが、
ツルが絡まったバナナを見るとどうしようもなく、
鉈や鎌を持ち出して、炎天下に作業をしてきました。
久しぶりに汗を一杯かきました。

昔は、子ども達と一緒に農作業をして、昼食をつくり、
午後からは一緒に遊んだりモノつくりをしたものです。

最近では、連れ合いがメインで、私は裏方に回っています。
この日も連れ合いが子供たちにクエッティオを用意しました。
以前にも作ったことがあるのですが、スープを用意し、
麺や具、そして調味料等と、なかなか手間がかかるようです。

CIMG1593.jpg

スタッフが、子供に自分で使う箸を作るように言い、
使い捨てを使うのではなく、みんなで竹を削っていました。

CIMG1597.jpg

お昼になると列に並び、まずは連れ合いが麺をゆで、
スープ、具を入れていきますが、大きな子も手伝っていました。

CIMG1615.jpg

2杯目のお替りからは、子供らが自分で作っていました。
さすがに5kg用意した麺は残りましたが、
ルークチン(豚のひき肉の団子)やダシ用の豚骨は、
きれいさっぱりなくなっていました。

CIMG1610.jpg

新年度のサンカンペーンの子どもの家では、
新しい子が2名増えて18人でのスタートです。
全員が新学年に進級し、少し離れた学校に通っています。
スタッフの娘さんも、見かけない間にすっかり成長して、
子供達が抱っこをしたり、相手をしていました。

次回は、いつになるでしょうか。
連れ合いと相談して決めることになりますが、
疲れが取れるまで少し充電期間をとって、
また出かけようと考えています。

女の子の家の裏のバナナでたくさん収穫できたようで、
これを使って連れ合いがタイのお菓子を作り、
さらにお土産として自宅に1房もらって帰りました。

CIMG1591.jpg

≫ Read More

関連記事

| これもボランティア | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何だか増えてる

今年は6月4日がウィサカブーチャー(仏誕節)でしたが、
陰暦の関係か、毎年、日が違うんです。
一応この日は、生誕、成道、入滅が同じ日ということで、
なにか取ってつけたような感もしますが、マイペンライです。

特に今年はブッタが悟りを開いてから2600年とやらで、
いろいろな催し物が行われ、夕方にはロウソクを持って、
あちこちのお寺で仏塔の周りを回る人も多かったようです。

我が家は、上の息子が休日だけPCショップへバイトに出かけ、
連れ合いと下の息子の3人でお寺にお参りしました。
市内の有名なお寺ではなく、我が家のお気に入りのお寺です。

久しぶりに訪れる境内には何やらいろいろ増えていました。
特に今回目についたのは、子連れのテナガザルです。

2012-06-04 10.44.59


信者さんの寄付なのか、若いやり手住職さんの趣味なのか。

2012-06-04 10.50.35

あちこちにぶら下っていましたが、
雨が降って濡れると、その内真っ黒になりそうです。

2012-06-04 10.50.50

裏手には大きな菩提樹があり、心を落ち着かせてくれます。

2012-06-04 11.01.52

住職さんも私たちのことを覚えていてくれて、声をかけてくれました。
このお寺に来て、境内の風景を眺めていると思わずほっとします。

2012-06-04 11.04.00
関連記事

| チェンマイって | 14:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おしいなー!

最近も相変わらず、8番らーめんにはお世話になっています。
知り合いの中には、「あそこ、そんなにうまい?」と聞く人もいますが、
私なりには、あの庶民的な定番の味が落ち着きます。

ぎょうざも復活しており、以前に比べて出てくるのが早くなりました。
昔は、ラーメンをほとんど食べ終わる頃にぎょうざでしたが、
この前も真っ先にぎょうざが来て、肝心のラーメンまで待たされました。

2012-05-14 19.13.43

でも店の前のメニューには「ぎょうぎ」となっています。
おしいな~!

そんな視点で何気なくメニューを見ていたら、また発見しました。
ただ、私的にはこれでもいいのかなと、迷ってしまいます。

2012-06-02 19.19.17

でもやっぱり「こっくり」ではなく「こってり」の方がピッタリするのでは。
それとも、そのおいしさに思わず「こっくり」なんでしょうか。
関連記事

| 食べられるもの | 11:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛の花

「愛の花」を知っていますか。
タイ語では「ดอกรัก」ドーク・ラックと言います。

2012-06-02 11.41.44

よく花飾りなどで中心の空洞部分に紐を通してつなげてあります。
白い花が一般的ですが、紫色もあるようです。

この花の名前も形も以前から知っていたのですが、
実際に花が咲いているところは見たことがありませんでした。
先日、知り合いのタイ人が教えてくれたのですが、
花飾りに使っている部分は、花びらではなく中だったんですね。

2012-06-02 11.42.26

タイ国際航空のマークはこの花をイメージしていると、
誰かに聞いたことがあり、いろいろな人に話しています。
季節を問わず、年中、花をつけるそうで、
我が家にも1本、植えておきたいと考えているところです。

2012-06-02 11.42.18

≫ Read More

関連記事

| 身近な自然 | 15:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

先生を偲ぶ

パヤオへ行く機会があったので、
途中で谷口農場に少しだけ寄ってきました。

告別式に参加してから、
その後も100日法要の連絡をもらっていたのですが、
時間の都合で参加できずにいました。

先生が火葬された跡地には小さなお墓があり、
線香をお供えし、手を合わせてきました。
先生の遺骨は、日本の遺族のもとに、
一部はメコン川に散骨し、
ここの農場にも少し納骨されているそうです。

2012-06-01 14.44.32

外部の人間なので、根ほり葉ほりは聞きませんでしたが、
現在も数名のスタッフで農場の管理を続けているようです。
関連記事

| これもボランティア | 15:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |