やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012ソンクラーン

今年もソンクラーンは、連れ合いの実家に帰省しました。
もう何年も同じことの繰り返しなので、
一応デジカメを持っては行きましたが、
今年は1枚も写真を撮ることはありませんでした。

例年と少し違ったことと言えば、
連れ合いがクゥッティオを近所の人に振る舞ったこと、
上の息子がパソコンでカラオケを歌えるようにしたことです。

わざわざ市内から麺を20kg、ルークチンや野菜を買い込み、
ソンクラーン期間中は、毎食クゥッティオでした。
無料ということで、一部の人には熱烈に歓迎されたのですが、
4日間も麺が続くと、私自身はかなり飽きていました。
最後の日にはスープもなくなったので、
麺だけ茹でて、汁なしで味付けして食べていました。
「おいしい」とおだてられ、これに気をよくした連れ合いは、
また次の機会を狙っているようです。

もう一つは、上の息子が実習先でカラオケソフトを
インストールして、自宅のパソコンを持って行きました。
村の他の家でもよくカラオケをやっているのですが、
連れ合いの実家では主にCDのカラオケでした。
今回のカラオケソフトには動画はありませんが、
歌詞が出てきて、たいがいの曲は見つかりました。
何でも3万曲も入っているそうですが、本当でしょうか。
検索でタイトルを打ち込むと、すぐに候補が出てきます。
義理の母、連れ合い、近所のおばさん、
夜遅くまでカラオケを楽しんでいました。
私が見つけた日本語の曲は「SUBARU」「KITASAKABA」
「SUKIYAKI Song」ぐらいでしたが、
どれも歌詞がいい加減で、かなり間違っていました。

4月15日は、村中の家を1軒1軒訪ね、
年長者に挨拶をして回ります。
行く先々の家では、お酒や食べ物でもてなしてくれますが、
こういった習慣が今でも残っているのは、
チェンマイでもこの村ぐらいだそうです。
普通は、親戚の家を訪ねるぐらいで、
村人がみんなで全戸を回るというのは珍しいそうです。

ところで、その15日の夜のこと、
裏山の山頂で何かが光っているのが見えました。
村の人の話によると、年に数回だけ見られる超自然現象で、
村人がお寺にお参りしたり、お正月に現れるそうです。
最初は、人工衛星か星かと思って見ていたのですが、
空ではなく、人気のない山頂付近で何かが輝いていました。

昔は、周辺の村人が山に登ってお参りをしたそうです。
神聖な場所で、あの周辺に何かが埋められているとかで、
どこにあるかわからないのですが、光を放つそうです。
私的には、水晶の玉とか仏像みたいなものを想像しますが、
本当にたまにしま現れないそうで、
それもブン(徳)がないと見られないそうです。

こうして、今年も無事にチェンマイで
タイの新年を迎えることができました。
スポンサーサイト
関連記事

| なんでも風物詩 | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛しのラーメン

再開を待ちに待っていた8番らーめんへ行ってきました。
バンコクではこの1月から一部店舗が営業を始めていました。
私の知る限りチェンマイでは、エアポートプラザ内と
BIG-Cのハーンドン支店の2店のみだと思いますが、
まず先にエアポートプラザ店が再開、
私がいつも通うBIG-C店は遅れてやっと先日開店しました。

昨年10月に起こったバンコク周辺の洪水の影響で、
食材を製造するセントラルキッチンが使用できなくなり、
4ヶ月間近くも閉店の状態が続いていました。

いつものように連れ合いは、8ちゃん麺を
私はぱいたんチャーシュー麺を注文しました。
餃子も注文したのですが、まだできないということでした。
昼食は自宅でそうめんだったので、麺だけでは足らないと、
ご飯ものである炒飯も注文しました。

何人か見慣れた顔の従業員がいましたが、
閉店の期間中、どこで何をしていたのでしょうか。
会社から何割かの給料または補償が出ていたのでしょうか。

まず連れ合いが頼んだ8ちゃん麺が来ました。
しまった。
パイタンらーめんは、上にのせる野菜を炒めるので、
時間がかかるのを忘れていました。
我慢できず、連れ合いが食べているのを味見させてもらい、
そのうちに今度は炒飯がやってきました。
もしかしたらパイタンらーめん、忘れられているのでは?
というのは、過去にそういうことがあったので…。

仕方なく炒飯を少しずつ食べていると、やっと来ました。
味は以前と同じで、おーっと、懐かしさに満足でした。
しかしこの頃、小食気味の私にとっては、
ラーメンと餃子ぐらいがちょうどで、炒飯は食べ過ぎです。

最初は食べることに夢中で気がつかなかったのですが、
連れ合いの指摘で、値上がりしているのを知りました。
新しくメニューも作り直したようで、8ちゃん麺は45B→50Bに、
ぱいたんチャシュー麺が73B→80Bになっていました。
メニューには、まだ出来ない品目(シューマイなど)もあり、
そこには手書きのシールが貼ってありました。

ビニール袋入りのお箸も、テーブルの上には置いてなく、
料理を運んできた際に持って来るという形になっており、
店員さんのポケットには箸が山盛りでした。

しかし、いつもより麺の量が多いように感じたのは、
再開した感謝サービスなんでしょうか。

会計の際には、以前につくったカードが使えて、
しっかり1割引になりました。
ついでに「餃子はいつから?」と聞いたのですが、
まだ予定は立っていないようなことを言っていました。

8番らーめんが復活してくれ、正直うれしいです。
関連記事

| 食べられるもの | 23:41 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

かわいいチョンプー

庭に植えたチョンプー(ジャワフトモモ,Rose Apple)
に花が咲き、散ったかと思うと、小さな果実がつきました。

CIMG1501.jpg

CIMG1502.jpg

CIMG1504.jpg

毎日、少しずつ大きくなるのが楽しみで、
どうやら赤い色の品種らしく、
最初は黄緑ですが、成長するに従って赤みを帯びてきます。
特に連れ合いが楽しみにしていたのですが、
今朝気づいたら、親指大になった実がなくなっていました。

連れ合いに聞いてみると、どうもリスにかじられたそうです。
それも少しだけかじって放置されていたそうで、
かなり悔しがっていました。
まだまだ実はたくさんなっていて、
少し大きくなったのからビニール袋をかけたりしていますが、
はたしていくつ味見をすることができるのでしょうか。
リスとのチョンプー争奪戦に勝つのは誰でしょう。

CIMG1507.jpg

≫ Read More

関連記事

| 食べられるもの | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しい試み

3ヶ月ごとに訪れる恒例の用事があります。
それはイミグレへ90日間の住所届出に行くことです。

毎回、事前にあれこれ作戦を練って
出かけるタイミングなど考えているつもりですが、
今回は見事にやられました。
期限より早めに届出に行ったつもりでしたが、
今週末の4連休、来週からのソンクラーン連休を控え、
もの凄い人手というか、知っている限りで最高の混雑ぶりでした。

ビルマの人たちも申請のため別棟に長い行列を作っており、
バイクも溢れかえり、果物を売る屋台まで出る盛況さでした。

イミグレに到着し、整理券をもらったのが9時23分、
番号は610番、すでに40人待ちの状態でした。
それ以外の申請はもう整理券の発券を中止していました。

クーラーの効いた室内は人の熱気で溢れ、
建物の外にも座るところはなく、あっても日当たり、
コーヒーを注文しようにも人待ちという状況でした。
煙害の影響か、それ程日差しがきつくなかったので、
ぶらぶらと空港まで散歩してきました。
クーラーのよく効いた空港でしばし座っていたのですが、
もしや自分の順番が過ぎてしまってはと不安になり、
また歩いてイミグレに戻ってみると、まだ500番台という始末。

やっと自分の順番が回ってきて、カウンターに書類を提出すると、
今回は何やら実習の女の子がパソコンにデーターを入力していました。

何と、とくに説明もなくパスポートにバーコードのシールが、
それも微妙に斜めに貼られたのでした。
係官に聞くと、次回からはパスポートのコピーは不要とのこと、
これで手続きが早くなるなら大歓迎です。
というかコピーがいらなくなるだけなの、
申請書も係官のサインも必要なくなれば言うことなしです。
ただ、データー入力の実習生の話では、
まだバーコード読みとりの機械が届いていないとか、
実際にこのバーコードが機能するのは、いつになるのでしょうか。

結局、届出を終えイミグレを出る頃には11時になっていました。
関連記事

| 手続き関連 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。