やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もうすぐ恩赦

「เรือนจำ」 (ルアンジャム) 刑務所

チェンマイでは、場所によって使う単語が違っています。
・県庁近くの男性受刑者 「เรือนจำกลางเชียงใหม่」
・市内の女性受刑者 「ทัณฑสถานหญิงเชียงใหม่」

----------------------------------------
先日29日、チェンマイ中央刑務所の職員が受刑者60人を連れて、チェンマイ市内を流れるメーカー運河の清掃を行った。メーカー運河のホテイアオイや雑草を取り除き水の流れをよくすることで、運河沿いの住民が悪臭に悩まされるという問題を軽減するため。今回の公共奉仕活動は、国王の誕生日を前に、社会のために働くという行為を国王に献上するという旨のプロジェクトである。

現在、チェンマイの中央刑務所には受刑者が3,884人おり、その内の60%が麻薬関連で服役している。残りの刑期が1年以内の受刑者の中で、今年の12月5日、国王誕生日に行われる恩赦の対象者は190人程度と見られている。恩赦の予定者の中から、出所後の生活のために外の社会に慣れる機会として、今回、公共のために奉仕活動が行われた。

メーテーン郡に建設されたチェンマイの新しい刑務所だが、現在、まだ施設内の一部工事が済んでいないため、すべての受刑者が移れるのは、来年の2月中を予定している。

                        <※ネット記事より抄訳>

もともと、チェンマイ市内の中心にある刑務所に、
男女の受刑者が入所していましたが、
受刑者の増加に伴い、県庁近くに中央刑務所ができました。
そこが男性、市内は女性だけになりましたが、
来年、男性受刑者がメーテーン郡の新しい刑務所に移ると、
女性受刑者が県庁近くの中央刑務所に移るこになります。
市内の真ん中にある築100年以上の女性刑務所ですが、
現在、その跡地を公園にするという構想があるようです。

受刑者が増えているために大きな施設になり、
その土地を確保するために郊外へ移るという構図ですが、
そうなると裁判所への移動、面会も遠くなります。

バンコクの洪水も、徐々に水がひき、
収束の兆しが見えてきました。
でもバンコク周辺では、まだ1m近い水位の地域もあり、
すべての被災者が以前の生活に戻るまでには、
まだまだ時間を要するでしょう。
復興に際して、政府が具体的な支援策を示さなければ、
洪水の被害や失業から、犯罪に手を染めてしまう、
手っ取り早く現金を得るために、
麻薬に手を出す人が増えるかもしれません。

洪水という自然災害から復興をする上で、
治安が悪化したというニュースは聞きたくないものです。
関連記事

| 巷の世間話 | 08:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワローロット市場で

今日、久しぶりにワローロット市場へ行って来ました。
何でも揃っていて便利なんですが、
駐車場が不便なので、今日もバイクで行きました。

衣類を買って、郵便局から送るつもりだったのですが、
その前にどのぐらいの重量なのか知りたいと思い、
ダメもとでどこかにハカリがないか聞いてみました。
意外なことに、そらならエスカレーターの横にあるとのこと。
壊れて動かなくなった名物のエスカレーターの横に、
そんなハカリなんてあったかなと思い出せません。
もしかして、1バーツ入れる体重計のことかなと思い、
半信半疑で探しに行くと、きちんとそこにありました。

2011-11-29 09.35.48

何でも正確な重量を示すハカリという触れ込みで、
売り子のおばさんにごまかされないようにとのことです。
市場が置いているということは、
過去にそういった苦情があったんでしょうね。
重量偽装、計量詐欺。
昔、連れ合いがメーサーイでビルマ側の市場で
重さをごまかされたことがありましたが。

早速、その無料のハカリで重さを量って、
大まかの郵送料を頭の中で描きながら郵便局へ移動。
ワローロット市場の近くの郵便局、
私と同じような人が何人かいて、箱を買ってその場で詰め、
箱代とは別に10Bでプラスチックの紐をかけてくれます。

思い込みだけで決めてつけてしまわずに、
聞いてみると意外なことがわかるという、今日の教訓でした。

≫ Read More

関連記事

| なんでも風物詩 | 16:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

環境の日

毎年、年末12月から新年1月にかけては、
チェンマイでもいろいろなイベントやお祭りがあります。
特に12月5日は、現国王の誕生日であり、タイの「父の日」です。
この日を前後して、国王の祝賀記念の催しが開催されます。

さて、12月4日が何の日かご存じでしょうか。
実は、タイの「環境の日」です。

世界的には、環境保全への関心を高め、
啓発活動を図る日として、国連が毎年6月5日を
世界環境デー(World Environment Day)と制定しています。
日本では、1993年より、環境基本法により
6月5日を環境の日と定めています。

では、なぜ12月4日がタイの「環境の日」なのでしょう。

タイ国内でも様々な環境問題が顕著化し、
国民の生活に影響を及ぼすことを心配された現国王は、
1989年12月4日、拝謁に訪れた人々に対して、
宮殿内で環境問題について演説をされました。
「タイ国だけのためではなく、
 世界中が安全に暮らしていくためには、
 国民の一人一人が、お互いに協力して、
 真剣に問題の解決に当たるべき責務を負っている。」
この演説は、テレビで全国民にも放映され、
これをきっかけとして、タイ国内での
環境保護の活動が活発になり、
政府機関やNGOが本格的に取り組むようになりました。
その2年後である1991年11月12日の内閣会議に於いて、
当時の科学技術・環境省が提出した案件が可決され、
12月4日がタイの「環境の日」として制定されました。

チェンマイでも、12月2日~4日の期間、
JJマーケット周辺で、国王の84才のご生誕を祝賀して、
環境の日のイベントが開催される予定です。
会場では、環境や自然をテーマにしたセミナー、
コンテスト、コンサートなどが行われます。
また、ターペー門周辺から約3,000人参加のパレード、
空からは飛行機やパラモーター、気球も加わり、
イベント会場には象もお目見えするそうです。

また家の近所でもあるチェンマイ~ランプーン道路では、
12月4日に、国王の84才の祝賀記念行事として、
道路脇で枯れてしまった木の代わりに植林を行うそうです。
フタバガキ(ヤーンナー)保護財団では、
高さ8~10m、直径20~25cm、樹齢15年程の苗木を
チェンマイ県に提供してくれるよう協力を求めました。
当日は、9本の苗木を植えるそうですが、
タイでは縁起のいい数字である9にあやかったのでしょう。
保護財団の代表は、「この活動を通して、
チェンマイの人々や周辺住民が環境や自然に関心を持ち、
木の保護に協力してほしい。」と語っています。

特に今年は、洪水による被害が多かったこともあり、
各地で様々なイベントが開催されることでしょう。
この2年は、12月4日の国王の演説がありませんでしたが、
今年は、国民に対して何かメッセージがあるかもしれません。
ぜひその国王のお言葉がきっかけとなり、
洪水からの復興、今後の治水対策に向け、
国民が一丸となって進んでいいくことを期待しています。
関連記事

| 身近な自然 | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スズメの口

昨夜ぐらいからどうも口の端が痛いので、
タイ人の連れ合いに見せると、
「ปากนกกระจอก」
(パーク・ノッククラジョック)と言われました。
日本語では「口角炎」と言うようです。
パーク→口、ノッククラジョック→スズメ、
どうして「スズメの口」と呼ばれるのか、
クチバシということならスズメでなくても…。

年に何回かこのような症状になることがありますが、
最近、急に気温が下がり涼しくなり、
空気が乾燥してきたからかなと、思っていました。
ネットで検索してみると、どうやら食生活が乱れている、
疲労がたまっている、ストレスなどなど、
いろいろな原因が考えられるようです。
あまり野菜や果物を食べず、
甘いお菓子ばかり食べているからでしょうか。
そこで近所の薬局でビタミンB群のサプリを買ってきました。

CIMG0908.jpg

毎朝食後に1錠飲んでくださいということで、
この容器に40錠入っています。ちなみに290バーツでした。
1錠は結構大きなカプセルです。

大きな口を開けて物が食べられないので困ってます。
いつの間にか、おちょぼ口になってしまいました。

≫ Read More

関連記事

| 健康なこと | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

感電死

昼下がり、パソコンに向かってメールを打っていると、
遠くからボーンという爆発音が聞こえて来ました。
まだ、ローイクラトンの改造花火をしている奴がいるのか、
と思ったのも束の間、予備電源がピーピー鳴り出しました。
仕方なくパソコンを終了して一休みすることに。

また近所のトランスがショートしたんだろうと、
バイクで現場を探しに出ました。
すでに修理のトラックが来て作業をしていましたが、
家から100mも離れていない場所でした。

2011-11-22 15.43.49

近所の人も様子をバイクで様子を見に来ていましたが、
長い棒で大きなヒューズのようなものを交換していました。

2011-11-22 15.45.53

今回の停電、ショートの原因は「リス」でした。
この辺の住宅地にはリスも多く、
家にもよくバナナを食べに来ています。
いつもは颯爽と電線の上を走っているのですが、
何をどう間違えたのか、かわいそうに感電死していました。

2011-11-22 15.50.41

停電から30分もかからずに電気が復旧し、
その素早い対応に驚き、感心しています。
関連記事

| 日常の風景 | 17:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わくわくカーニバル

チェンマイ県は、12月3日から1月3日までの期間、
700年記念スタジアムにて
“チェンマイ・ファミリー・カーニバル2011”を開催。

「家族で楽しむ」をテーマに、イベント期間中はいろいろな催しを予定、
会場は9ゾーンに分かれている。

ステージ・ゾーン…コンサートやコンテストを実施。
 毎日ステージでは、アニメのショー、北部タイの伝統音楽、
 コミックショーを予定。
 大晦日には有名な歌手も出演してカウントダウンを盛り上げる。

ドラえもん・ゾーン…ドラエモンのいろいろな場面が再現される。

キッズシアター・ゾーン…子供向けに劇や人形劇を演じる。

プレイハウス・ゾーン…3~10mの空気で膨らませた遊具、
 観覧車、回るコーヒーカップ、電動カートなどなど。

ゲーム・ゾーン…射的やダーツの風船割り、
ボールが的に当たると女性が水に落ちる(一度やってみたい)など。

フォト・ゾーン…北タイゆかりの物など、いろいろなオブジェがあり、
 家族で一緒に記念撮影ができる。

ビッグトンネル・ゾーン…全長100mのトンネル内には、お化け屋敷、
 天使の庭、タイの人形など、音響とデジタル画像を使ったショー、
 最後はチェンマイの歴史が見られる。

レストラン,買い物・ゾーン…30以上のレストランでは、北タイ料理、
 タイ料理が食べられ、それ以外にも会場内では屋台がでる。

灯篭コンテスト・ゾーン…北部タイ8県から巨大灯篭が出展される、
 またおもしろ灯篭のコンテストもあり。

北部タイの若者達による伝統芸能(踊りや太鼓など)の披露や
12月31日の大晦日には、提灯のコンテストの審査結果発表と
新年を迎えるカウントダウンが予定されている。

 ・開場時間は、月曜日から木曜日が15:00~22:00
          金曜日から日曜日、休日は12:00~22:00
 ・入場料金は、大人60バーツ、子供40バーツ
 ・月~木は1枚の入場券で2名が入場可能
 ・身長が1m以下の児童、65才以上の高齢者は入場料無料
 詳細はチェンマイ・ファミリーカーニバル2011のサイト参照。
 ※ページの右上から日本語も選べますが、変な訳も混ざっています。

期間限定の移動遊園地のような感じでしょうか。
大きくなった息子達は行きたいというかどうかわかりませんが、
でも延期になった花博よりおもしろそうな気がします。

≫ Read More

関連記事

| チェンマイって | 16:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

来年に備える

チェンマイで洪水があったのが9月末
我が家も下水溝から泥水が逆流し、
離れのゲストルームは浸水してしまいました。
そして、今、バンコクの一部地域では、
1m近い浸水の被害を受けており、
避難している人々の様子が、毎日報道されています。

チェンマイの場合は、洪水になっても長引かず、
数日で復興しましたが、それでも我が家は大慌てでした。
まあ、来年の雨季までは大丈夫でしょうが、
それまでに少しずつ洪水対策をしようと考えています。

まず、生活排水の下水溝にバルブを取り付けました。
家の前を流れる排水溝の水位が上がり、
逆流の恐れが出てきた場合には、
バルブを閉じれば浸水を防ぐことができます。

CIMG0878.jpg

前回の洪水では、この穴を塞ぐのにどれ程苦労したことか。
駐車場の入り口にブロックを積み、水の侵入を防いでも、
横の排水溝からどんどん水が逆流してきたのです。

さて次はどこに手をつけようかと思案中ですが、
なかなか腕のいい職人さんが確保できず、困っています。
雨季になって水が来てから慌てるのではなく、
今からできることをやって、備えておこうと思います。
関連記事

| やっぱ気になる | 07:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伝統的な儀式

この週末に連れ合いの実家に帰省してきました。
家を改装したお祝いと一緒に昔ながらの儀式をするためです。

当日は、完全に儀式に参加していたので、
自分ではほとんど写真を撮ることができませんでした。
今回が初めてではないですが、
北部タイに伝わる儀式で、長寿を願うものだそうです。
「สืบชะตา」(スープ・チャター)と呼ばれています。
チェンマイの街の繁栄を願った儀式もあります。

2011-11-12 11.56.58

儀式にはいろいろな道具、お供え物が使われます。
前日、儀式が始まる前に写真を撮っておきましたが、
それぞれの持つ意味などは、よく知りません。
ほとんど義母が自分で作ったり、取ってきて準備したものです。

2011-11-12 11.57.33

2011-11-12 11.57.20

2011-11-12 11.57.07

これで少しは私の寿命も延びたでしょうか。

≫ Read More

関連記事

| タイってこんなとこ | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

流さずには…

夕方5時過ぎに下の息子が学校から戻って来たので、
連れ合いも誘って家族3人でクラトンを流しに行きました。
上の息子は夜遅く、友達と市内に遊びに行くとかで、
最近では、家族と一緒に行動することは少ないです。

今年もカヴィラ陸軍駐屯地前の公園へ行きました。
割と家から近いのと車を駐屯地の中に駐車できるからです。

まずはカウィラ大王の像にお参りをしてから、
手作りのクラトンを買ってピン川に流しました。
川の神様に感謝の気持ちと
来年は洪水になりませんようにとお願いしておきました。
まだ5時過ぎということで、人もまばらで混雑しておらず、
クラトンを売る人も準備をしている感じでした。
机に並べながら、後ろで作っていたりします。

CIMG0846.jpg

CIMG0850.jpg

初めて見るアイスクリームのコーンもありましたが、
これはきっと水に溶けて魚の餌になるのでしょう。

CIMG0847.jpg

結局、私が買ったのはこんなのです。
15バーツでした。ヤスー!

CIMG0849.jpg

川辺でコームローイを35バーツで買って上げました。
後で知ったのですが、本当は21時までは上げないよう、
協力のお達しが出ていたようですが、
その時点でもすでにあちこちで上がっていました。

CIMG0861.jpg

CIMG0862.jpg

帰宅途中に花火を仕入れて行きました。
息子達が小さな頃は、近所の人達と遊んだのですが、
最近は、家族でこぢんまり楽しむぐらいです。

CIMG0870.jpg

多くの種類がありますが、好きなのを取ってカゴに入れ、
まとめてお会計となります。

CIMG0867.jpg

果物のようにも見えますが、噴水の花火です。
素焼きの入れ物に火薬が詰まっていますが、
8バーツの小さいのでもかなり高く火が上がります。

CIMG0869.jpg

帰宅後も丸いお月様と無数のコムローイがきれいで、
花火の音も夜遅くまで響いていました。
結局、上の息子が帰宅したのは夜中の12時過ぎでした。
いずれは下の息子も両親とは別行動になるんでしょうね。

≫ Read More

関連記事

| なんでも風物詩 | 10:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バナナのお裾分け

日本からの帰国後、仕事があったり、
いろいろと手続きの準備があったりして、
あまり落ち着く暇もなくバタバタしていました。
在留資格の更新が終わって、ようやく一息つき、
夜中に関空の書店で買ってきた本が読めそうです。

仕事部屋の横のバナナが色づき始めたなと見ていたら、
近所のアーマーから「早く収穫しないと!」と言われ、
慌てて脚立を持ち出し、房を切り落としました。

部屋からは黄色くなってきたとしか見えませんでしたが、
実は、すでに鳥やリスに食べられていました。
やはりバナナは青いうちに収穫し、
家の中や軒下で追熟させないといけませんね。

CIMG0833.jpg

でも結局、熟したバナナを切り分けて、
土地神様にお供えしておくと、
やっぱり鳥やリスが食べに来るので、同じなんですが…。
関連記事

| 食べられるもの | 17:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT