やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

6年後に再び

テレビのニュースでは、毎日のように、
中部タイの洪水の状況を報道しています。
1階部分がすべて水に浸かり、船での移動です。
被害は長期化、深刻化しており、
タイ全土で100名以上の人が亡くなっています。

2005年のチェンマイの大洪水の時も、
あれよあれよという間に水かさが増え、
床上浸水し、後片づけに苦労したのを覚えています。
その後、ここの1軒屋に引っ越して3年が経ちました。
ノーンホーイ地区で同じ地域なので、
ある程の覚悟はしていたのですが、
数年、大きな洪水がなかったので油断していました。

28日水曜日の午後から、今回の洪水が始まりました。
ナワーラット橋の付近からピン川の水が溢れ出しましたが、
我が家の周辺は乾いていて問題はありませんでした。

一応、念のためにブロックを積んだり、
簡易シートで防水対策をしましたが、
この時点では、まあ大したことはないだろうと見ていました。

P1100855.jpg

土嚢も配給されていたのですが、
自分で砂のある場所へ行き、砂を詰めて、
運んで来なければなりません。
ほとんど我先の状態で、結局、土嚢は諦めました。

P1100856.jpg

ナイトバザールとかチャーンクラーン通りが冠水したと
人事のように聞いていたら、
29日に午後から、少しずつ水が出てきました。
その後は、見ているうちにどんどん増えてきました。

P1100858.jpg

P1100857.jpg

P1100860.jpg

P1100863.jpg

P1100859.jpg

家の横にある側溝から下水(生活排水)が逆流し、
家の敷地内に水が入ってきました。

結局、簡易シートはあまり効果がなく、
どんどん水が侵入してきたので、
新たにブロックを積んだり、隙間に粘土を詰めたり、
浸水を防ぎながら、29日の夜はゆっくり寝られませんでした。

そして30日、ナワーラット橋付近では、水位が下がり、
道路の水も乾き始めているのに、
我が家の周辺は、前の道路で膝下ぐらいまで水があり、
なかなか水位が下がりません。
結局、家の中までは浸水しませんでしたが、
駐車場横の離れのゲストルームは、
しっかり泥水が浸水してしまいました。
庭は泥沼のようにつかり、池も溢れてしまいました。

P1100868.jpg

結局、ここの地域は、水が来るのも、引くのも、
ナワーラット橋付近から1日ぐらい遅れているようです。
近所の人で6年前の大洪水を経験している人達は、
その後、盛り土をしたりと家を改築して、
しっかり洪水対策をしていてあまり被害はないようです。
我が家は、引っ越して来て3年目、
大量に水が出たらどんな状態になるかという経験がなく、
結果として対策、見通しが甘くなってしまいました。

P1100871.jpg

それでも、近所の人の話では、
6年前のあの時の方が、もっと酷かったということです。
今回だけでも十分、大変なんですけど。

次の台風の影響でまた雨が降るまでに、
とにかく、今回の水がひいてほしいところです。
関連記事

| 近況報告でも | 18:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

慢性ゲホゲホ

このところ、いまいち体調が思わしくありません。
熱はないのですが、痰がからんで、
その痰をきろうとして、
内臓が出そうなぐらい咳き込みます。
脂汗が出て、気温の変化に身体がついていきません。
咳き込むと、やはり疲れやすくなります。

実は17日ぐらいから、ちょっとヤバイぞ、と感じ、
気をつけているつもりだったのですが、
最悪のパターンで、どんどん悪化してきました。
ツイッターでも、体調のことばかりつぶやいていました。

19日に日本からのお客さんが来られたので、
近くのかかりつけのクリニックへ行ったり、
マスクをして、早く治そうと試みてみました。

その仕事も終わり、週末は家で休養していたのですが、
どうも完治してくれません。
4日間一緒にいた日本人のお客さんも、
日本へ帰国してから咳が出るようになったそうです。
しっかり病気をうつしてしまいました。

クリニックでもらった薬もなくなったので、
後は自力で免疫力を上げて完治を目指したのですが、
どうも菌がしつこいのか、たまに咳き込みます。

連れ合いにもうつったのか、同じような症状で、
同じクリニックへ行って薬をもらってきました。
頼んでいないのですが、ついでに私の分も
薬をしこたまもらってきました。
それぞれ、炎症止め、咳止めとかあるようですが、
連れ合いの言われるままに飲んでいます。

P1100853.jpg

できれば飲みたくないのですが、
クリニックのドクターが、薬で完治させないと、
慢性病になるから飲んだ方がいいとのことでした。
連れ合いも、しっかり治しなさいと飲ませようとします。
自力で完治させるだけの自信があればいいのですが、
あれこれやってもよくならないので、
もう少し続けて飲んでみることにしました。
やはり歳なんでしょうか。

P1100854.jpg

でもよく考えてみると、
毎年、1年に何日間はこんな症状になります。
日中の猛暑、朝夕の涼しさ、
季節が徐々に移り変わっているのでしょうか。
気管支炎などの炎症を疑ってみたのですが、
クリニックのドクターの診察では、大丈夫なようです。

やはり予防の大切さを痛感してます。
そして元気な時を思い出し、健康一番としみじみ思います。
調子が崩れかけた時、ちょっとヤバイかなという時に、
健康な状態に戻す、必勝のパターンを見つけないと、
薬漬けのひ弱な体質になってしまいそうです。
関連記事

| 健康なこと | 20:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イミグレ近況

イミグレが始まるのが8時半として、
今日はちょっと早めに7時半に家を出ました。
途中でセブンイレブンに寄って、
好物のハムチーズ・ホットサンドを買っていたら、
着いたのは7時50分近くになっていました。
この時点で、すでに駐車場は車で一杯で、
仕方なく隣に停めに行きました。

建物を入っても、前回あった整理札がなく、
また変更になったのかときょとんとしていると、
カウンターの上に紙とボールペンが置かれていました。
さっそくそこに名前を書きましたが、すでに50番目、
結局、今日だけで開店前に名前を書いた人は68人でした。
8時10分過ぎぐらいでしょうか、係官が名簿を読み上げ、
順番に手続き別に機械から出る整理券を渡してくれました。

今日は、90日間の住所届出と
再入国許可証の申請だったのですが、
先に住所届出をすることにして、
504番の整理券をもらいました。
501番から始まり、3人目ということもあり、
8時半から始まり、自分は40分頃には終わりました。
これはいい調子と続けて列に並び直し、
今度は再入国許可証、014番の整理券を受け取りました。

こちらの方は、ツーリストのビザ延長などもあるのか、
結構、待たされることになりました。
先にこちらの申請をした方が早かったかもしれません。
見ていると、以前は第2窓口に住所届出に来ていた
ミャンマー人らしき人達は、外の別棟に並んでいました。
長靴を履いたまま、申請用紙を取りに来た人もいました。

9時半を過ぎる頃から整理券を発券する
機械の前の行列はなくなり、混雑は軽減していました。
結局、9時50分頃には再入国許可証も受け取り、
約2時間で手続きを終えることができました。

待っている間、日本人のロングステイヤー、
西洋人男性とタイ人女性の家族、子供連れも目につきました。
たまたま隣に座った黄色い袈裟を着た僧侶に話しかけると、
カンボジア人で、スワンドーク寺で勉強中とのことでした。
最初は英語で答えが返ってきたのですが、
途中からタイ語であれこれと四方山話をしました。
現在、スワンドーク寺には5ヶ国から僧侶が勉強に来ていること、
日本はどうしてあんなに発展することができたのか、
去年まで日本人の女性尼僧が日本語を教えていたとか、
タイでいろいろなことを学んで、自国の若い者に伝えるのだと、
眼鏡をかけた若い僧侶は語ってくれました。
ちょうど、今日はインラック新首相がカンボジアへ行く日、
でも政治的なことには触れないようにしていたのに、
カンボジアはタイと比べて、ノー、デモクラシーとの発言に、
それは確かにそうですが、そんなこと言ってもいいのかと
こちらの方がちょっと慌ててしまいました。
カンボジア人僧侶も1年毎にビザを延長するそうです。

2011-09-15 08.44.56

この貼り紙によると、1年の更新延長などは、
午前と午後にこの人数しかしませんよと、
宣言しているのでしょう。

2011-09-15 08.22.46

その代わり、この貼り紙には、昼休みも受け付けますよと、
イミグレへ行く毎に何かが変更になってますね。

そうそう、1年ビザの更新を申請し、
1ヶ月後に結果を聞きに行きますが、
これまでは窓口にパスポートを出せばよかったのですが、
最近では整理券を取らないといけないようです。

あるイミグレ係官がタイ人と話していて、
「最近はいつも込んでいるから3階建ての新しい事務所でも…」
「それはいつ頃の話ですか?」と横から割り込むと、
「でも予算がないから無理だな~と。」の返事でした。
空港近くの土地や空いている建物を改装して、
広い駐車場と待合室を備えたイミグレができれば、
もっと便利になるんですけどね、
私がチェンマイで生きている間には、やはり無理かな。

ネーション系のタイ語のニュースに、
CLL(チェンマイ・ロングステイ・ライフ)の代表が、
長期滞在者に対する90日間の住所届出についても、
改善してほしいという旨のインタビュー記事がありました。
チェンマイに滞在するたくさんの外国人が
声を出し続けていけば、ひょっとしたら変わるかも?と、
ほのかに期待をしています。
関連記事

| 手続き関連 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お安いステーキ

日本から来ていた知り合いと話をしながら、
昼も過ぎたしステーキがも食べたい、という話になりました。
市内には何軒かあるのですが、ちょうど郊外にいたので
前から気になっていたお店へ行くことになりました。

その空き地にできたばかりという感じのレストランは、
店の看板にステーキ39バーツとデカデカと書かれています。
その値段で、どんなモノが出てくるか興味はあったのですが、
タイ人の連れ合いは牛肉を食べないので、
よく前を通るけれども、入ったことがありませんでした。

2011-09-05 14.05.07

モノは試しにとばかり、知り合いを道連れに行ってみました。
この値段だと肉片がポーンと出てくると想像してたのですが、
何とサラダやフレンチフライまでついてきました。

2011-09-05 13.41.01

写真は豚のステーキで、値段は49バーツです。
サラダのドレッシングはタイの甘いものでしたが、
肉自体は柔らかく、ソースもまあまあといったところです。
他には牛や鶏のステーキ、スパゲッティなどもあります。
この日は店に入ったのが13:00を回っていたので、
すでに牛肉は品切れでした。
タイで牛肉と言うと、硬くてアゴが疲れると想像するのですが、
ここの牛肉は美味しいのか、または偶然品切れだったのか。

確か10:00ぐらいから開店で、夜も遅くまでやっているようで、
メニューにはクエッティオなどの麺類もありました。
現在、店舗を拡げるための工事をしているところをみると、
まあそこそこ流行っているのでしょうか。

ただ、場所が郊外で、チェンマイ~ランプーン道路から、
ハーンドンへ向かうウォンウェーン2道路沿いにあります。
わざわざ食事のためだけにここまで行くことはないでしょうが、
ランプーンやサラピー方面の方や、
何かのついでに一度寄ってみるのもいいでしょう。
関連記事

| 食べられるもの | 17:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと先ですが

チェンマイ市内、プラシン寺院の近くに、
ストリートチルドレンたちが作ったアクセサリーや小物を
販売する小さなギャラリーがあります。

「ドー・デック」という名前で、意味は、子どもの子です。

P1100722.jpg

そこを手伝っている日本人の知り合いが、
京都でトークセッションをするそうです。
本当のところ、彼女の話は、お酒が入っている席で
タイ語だと数倍おもしろくなるのですが、
今回は、シラフで子供のことを真剣に語ってくれるでしょう。

開催記念。トークセッション
 こども「支援」とは何か? ~タイ。日本の現場から~
 亀口公一 × 出羽明子

私のブログではあまり宣伝にもならないですが、
京都周辺の知人や友人に、ぜひ、ご紹介ください。

「タイ。ストリートチルドレン作品展」 

きっと、タイやチェンマイの雰囲気が感じられると思います。

【日時】 9月18日(日) 午後4時~
【会場】 CAFE ZAKKA LIBRARY ムーレック
      京都市北区等持院持院南12-3
       http://muelek.com

P1100725.jpg

≫ Read More

関連記事

| これもボランティア | 21:16 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |