やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

夕方の散歩

もう8月も終わりが近づいてきました。
今月は、日本の夏休みにあたり、
通訳の仕事が続き、昨日、やっと一息つきました。
泊まりで家を空けることも多く、
夕方、近所を散歩することもありませんでした。

今朝、久しぶりに、托鉢僧にお供えをしてから、
近所をぶらぶらと1周ほど散歩し、
夕方には、2周程歩きながら、あれこれ考えました。
いろんなことがあり、多くの人に会いました。
楽しいこともあれば、大変なこともありました。
そうして今年の夏(8月)も過ぎていきました。

引き続き、やりかけの仕事が残っているのですが、
それでも自宅で自分のペースでやれるので、
とても気が楽です。だらけてしまいそうなぐらいに。
関連記事

| 近況報告でも | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今こそロングステイ

先日、チェンマイにあるフラマ(Furama)ホテルにて、
「チェンマイにおける日本人ロングステイヤーの観光市場」
と題してセミナーが開催され、
観光・商業関係者が多数出席したそうです。
そこで特別講師を務めたチェンマイ県商工会議所の会頭は、
次のように語っています。


チェンマイ県は、日本人観光客のロングステイ滞在先としては、
世界で第4位であり、1位はマレーシアです。
現在、チェンマイでは3,000人以上の日本人がロングステイ中で、
彼らの1人当たり1ヶ月の支出は平均5万バーツにのぼります。
そのほとんどは定年退職した人達です。
もしチェンマイのロングステイヤーが1万人に増えたら、
そこからの収入は年間で大きな額になると試算されます。
現時点での問題点としては、このような状況の中、
政府が十分な支援策を打ち出していないという点です。
それは民間部門にも言えることで、
力のある代理店や広報もまだまだ十分とは言えません。
過去には、県内の政府機関と民間部門からなる委員会が、
政府にビザの滞在期間を1年から3年間に延長するよう
提案したこともありますが、実現は新政府に委ねられます。

これら以外の大きな問題点として、
コミュニケーションのための言葉が挙げられ、
この点に対しては観光業界もその対応が求めらています。
また公共の輸送システムがないことも一つの問題です。
今後は、これらのロングステイの状況に対応すべく、
民間部門の関連企業が、日本人ロングステイヤー受け入れのため、
具体的に公社のような形態で組織化することが大切だと思います。


まだロングステイに景気活性化を思い描いているようですが、
実際のところどうなんでしょうか。
今後増え続けるというより、緩やかに減少しそうな気がします。
今いるロングステイヤーに少しでも長く暮らしてもらうためには、
やはり政策面でビザの滞在期間延長、手続きの簡素化、
イミグレの混雑緩和対策なども、一つの有効な方法だと思います。
あとは、第2の人生を楽しく過ごすためのソフト面、
“生きがい”となるものや機会を提供できれば、
ロングステイの今後や経済効果にも変化があるかもしれません。
関連記事

| 巷の世間話 | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲロゲロ

今年も「母の日」が近づいてきました。
スーパーやデパート、動物園、国立公園などでは、
8月12日前後の母の日にあやかって、
いろいろな安売りやキャンペーンを行います。

うちでも実家にいる義母がチェンマイに出てきました。
娘や孫に会いに来たというところでしょうか。
お祖母ちゃんは、この日のためにあれこれ食べ物を調達し、
近所の人の車に同乗してやって来ました。

私の好物の枝豆、なすび、タケノコ、納豆などなど。
でも中には、私が口にしないモノも混ざっています。
食卓の上に魚が3匹並んでいると思ったら、
ぎょぎょ、1匹ひっくり返っているのがいました。

P1100556.jpg

スープに細切れで入っているならまだしも、
そのままの形で焼かれているのにはひいてしまいます。
まだ仰向けよりましだとひっくり返しておきました。

P1100557.jpg

その次に出てきたのは、カラフルなキノコです。
キノコは決して嫌いではないのですが、
この色には食欲が湧いてきません。

P1100559.jpg

苦手なモノもありますが、義母が家にいる数日間は、
比較的おいしい料理が食べられそうです。
関連記事

| 食べられるもの | 16:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まさに偶然

久しぶりにワローロット市場へ買い物に出かけました。
たとえバイクでも駐車場を探すのが大変だし、
普段は大型スーパーなどで買い物をするのですが、
以前あそこで買ったモノが余所で見つけられず、
それを買うためだけに市場へ出かけました。

2階で買い物を済ませて、いざ帰ろうとしたとき、
何やらただ事ではない気配を感じました。
売り子さん達が遠くの1点を見つめています。
どうもタイの番組のロケが始まっていました。
私も野次馬根性で2階から眺めていると、
どうも食べ歩きの旅行で、ちょっとお笑い系のようです。
3人の芸能人が市場でおもしろおかしく掛け合いをし、
周りの聴衆も巻き込んで撮影していました。
まるでお笑いライブを見ているような感じです。

P1100551.jpg

背の高い眼鏡をかけた歌手兼俳優のナームさんには、
以前にも空港近くのレストランで
一緒に写真を撮ってもらったことがあります。
ちょっと太った人はコメディアンで、名前はわかりませんが、
テレビで顔を見たことがあります。
もう1人の女の人は、歌手なのでしょうが、知りません。

P1100549.jpg

撮影の周りではデジカメや携帯で写真撮りまくりです。
また撮影の合間に、気軽に記念撮影に応じていた姿には、
日本の芸能人とは違って等身大な存在に感じました。

一応、水色の服の男性がディレクターのようですが、
簡単な支持を出すだけで、台本なしのアドリブのようでした。
撮影許可とかもなしで、ゲリラ撮影に見えましたが、
市場の人も買い物客も協力的に参加していました。

P1100539.jpg

一瞬、2階から降りていって記念写真とも考えたのですが、
人が多いのと、自分の歳を考えて思いとどまりました。
関連記事

| 巷の世間話 | 18:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

少数民族の祭典

今年は8月7日から9日までの3日間、
チェンマイ県庁の裏手にある広場で
「チェンマイ県少数民族の祭典」が開催されています。
この祭典は、タイ国内に暮らす少数民族の文化、
知恵、独自性を保護し、学ぶことを目的とし、
社会開発・福祉局が中心になり、
チェンマイ県自治体やNGOなどの協力で実現しています。

2日目の今日、ちょっと会場を覗いてきました。
入り口は竹で作られた魔よけなどで飾られていました。

P1100527.jpg

会場へは県庁前から回るより700年記念スタジアムへ続く、
運河沿いの道路からの方がわかりやすいでしょう。
私が行ったときは、ちょうど雨もあがり
ステージでは踊りなどが披露されていたのですが、
最近の雨で会場の広場がぬかるみ、
水に浸かっていた雑草が腐敗した臭いが鼻につきました。

しかしステージを囲む各ブースでは、少数民族の紹介、
手工芸品や食べ物の販売を行っていました。

P1100522.jpg

竹馬が置いてあったり、コマを回している子供もいました。
また広場中央には、アカ族の大ブランコが設置され、
誰でも体験することができました。私はパスしましたが。

P1100520.jpg

P1100521.jpg

スリン県からもカンボジア系の少数民族の人たちも来て、
ステージ上で踊りを披露していました。

P1100516.jpg

ステージの上で楽器の演奏と踊りを披露するモン族の人達。

P1100529.jpg

P1100534.jpg

同じモン族でも違うグループの人達が熱心に見ていました。

P1100531.jpg

どこの民族か聞くのを忘れましたが、
今までにこの民族衣装を見たことがありません。

P1100517.jpg

また会議室では、少数民族に関する
専門的なセミナーが開催されたり、
また土地問題、教育の問題なども話し合われました。

現在、タイ国内に住む少数民族は36民族にのぼり、
その人口は120万人以上と言われています。
3,881村が確認されていますが、
その80%は北タイに散在しています。
特に山岳少数民族は、独自の言語、文化、
アイデンティティを持っていますが、
タイの憲法や国際的な条約や宣言などでは、
タイに暮らす全ての民族は、
同等に重要な存在であると、言及しています。

国連では、毎年8月9日を「世界の先住民の国際デー」として定め、
さらに2014年まで延長したそうです。
4年前からタイ国内の少数民族が集まるようになり、
今年はカナダからアメリカンインディアンの人たちも参加し、
芸能や文化を紹介する予定だそうです。

私たちがよく知る山岳少数民族以外にも、
いろいろな少数民族が集まっており、
興味のある人にとっては、
いろいろな民族に会える貴重な機会だと思います。
関連記事

| チェンマイって | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

庭にキノコ

7月下旬から8月にかけては、
毎年、割と忙しくさせてもらっています。
ブログの更新もままならず、たまにツイッターでつぶやいています。

今朝、連れ合いにキノコが出ていると声をかけられ、
デジカメを持って見に行くと、すでに収穫された後でした。

P1100510.jpg

近所のおばさんが気づいたらしいのですが、
私としては食べられるかどうか少々不安が残ります。
実際に毎年、キノコを食べて中毒症状を起こす話を聞いており、
本当に大丈夫なのかと聞けば、
カタツムリが食べているから大丈夫という説明でした。

しばらくして、採れたてキノコのトムヤムスープになりました。
調理しているときに、すでに毒味したから大丈夫と言われ、
結局、お昼のおかずになりました。
今のところ、何の変化もないので、毒はなかったのでしょう。
まあ、味はおいしかったです。
来年、また同じ場所に生えてくるのか楽しみです。

P1100513.jpg
関連記事

| 食べられるもの | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |