やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

50人待ち

もうそろそろ90日が経ちますが、
パスポートに留められた紙には7/3までとなっており、
その日は日曜なので、その前に行かなければなりません。

ここ数日の気候の変化に対応できず、
少々風邪気味というか、鼻水が止まらないので、
午後の遅い時間にイミグレへ行ってきました。

午後2時に到着、90日間の住所届出はすでに50人待ち。
整理券の前で説明をしている実習の学生に聞くと、
今日は月末で、職員が会議に出ているため、
それでいつもより時間がかかるとのこと。
諦めておとなしく冷房の効いた室内で待つことにしました。

ふと、入り口にあったタイ語の貼り紙が目にとまりました。
利用者は圧倒的に外国人が多いのに、なぜタイ語だけ?
まだ試験期間中で、利用状況を見極めているのでしょうか。

2011-06-30 14.08.16

これによるとインターネットで順番を予約できるとあります。
さっそく、実習の学生に尋ね、
イミグレで無料で使える無線LANで調べてみました。
最初はなかなか見つからなかったのですが、
右サイドに紫色の「Queue Online」というのがありました。
さっそく覗いてみると、こんな画面がでてきました。

QS_20110630-155856.jpg

当然、今日はダメですが、予約できるなら明日出直そうかと、
7/1で調べてみましたが、すでに予約で埋まっています。
7/4ならまだ空いていましたが、それでは間に合いません。

QS_20110630-160020.jpg

時間が9時、10時…というに指定されています。
直接並ぶ整理券とは別に、係官がオンラインでの順番を
確保してくれるという説明でしたが、半信半疑です。
この6月1日から始まっているそうですが、
実習生の話だと、そんなに利用者は多くないとのことでした。

イミグレではスマートフォンでHPを見ていたので、
画面が小さくよくわからなかったこともあり、
家に戻ってからデスクトップPCで確認してみました。
確かに見つかったのですが、よく調べてみると
どうもオンラインで順番を予約できるのは、
ビザの更新だけで、90日間の住所届出はダメのようです。

私のビザ更新は11月とずっと先なので、
誰かこのオンライン予約というのを試して、
その体験談を教えてもらえればうれしいです。
最近では、朝の7時から並ぶ人もいると聞きますし、
遅く出かけると午後に回されるそうなので、
このオンラインで事前に予約するという方法が
本当に機能するのなら、これを使わない手はありません。

でも、英語でもっと広報してシステムが確立されたら、
利用者が増え、そのうちこの方法もパンクしてしまい、
私のビザを更新する11月頃には、
すでに中止になっているかもしれませんね。

誰かオンラインでの順番予約システムに挑戦する人、
または既に利用した人がいれば、教えてほしいものです。

結局、本日は住所届出だけに1時間を費やしました。

≫ Read More

関連記事

| 手続き関連 | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

握手しました

ワローロット市場にいたら、選挙運動をしていました。
今週末には投票なので、最後のお願いに回っているのでしょうが、
数人の警察官が見えたので、どれどれと覗きにいったら、
チェンマイ第1地区の民主党女性候補でした。
そして応援に来ている背の高い人は、
良くテレビで見かける財務省大臣のコーンさん。
現在、民主党の副党首で、身長は193cmもあります。

2011-06-29 15.00.38

真ん中は私ではありません。
タイ人が一緒に写真を撮っているのを、横から撮影したものです。

握手までしたのですが、
「私は選挙権がないもので…」とタイ語で言ったのですが、
始終にこやかで気さくな方でした。
タイの財務大臣と握手をして言葉を交わした一瞬でした。
でもこの選挙の結果次第では、野党になるかもしれませんが。

チェンマイは赤シャツ、タイ貢献党の地盤で、赤一色かと思いきや、
市場近くで商売をしている知り合いのタイ人は、
小声で民主党を応援していると教えてくれました。
チェンマイにも赤シャツ村を宣言しているところがありますが、
決して全員がそうではなく、異を唱えられない雰囲気がある、
または多数派によって黙殺されているのではと思います。

別に民主党のファンクラブでも支援者でもないのですが、
赤シャツやタイ貢献党のやり方、独りよがりな主張、
目の前にニンジンをぶら下げるような方法は肌に合いません。

とにかくこの総選挙を無事に終え、
どんな結果が出ても、すべての政党やグループがそれを認め、
政局が安定化に向かうことを望んでいます。
関連記事

| 巷の世間話 | 08:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

40周年

食卓の上に何げなく置かれていたストラップ。
「何、これ?」

P1100430.jpg

ヤクルトを売りに来たおばさんがくれたそうです。

どうやらタイのヤクルトが40周年を迎え、
その記念のストラップのようです。
芸が細かくておもしろいのですが、
ストラップの紐が赤色というのが、ちょっと。

P1100429.jpg

携帯電話につけるには少々デカ過ぎるかな。
関連記事

| 日常の風景 | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガスボンベ

忘れた頃に切れてしまうガスボンベ。
私が料理をする訳でもありませんし、
電話をすれば家まで配達してくれます。

タイでは都市ガスが発達しておらず、
市内のアパートやコンドミニアムでは、
部屋内でガスによる料理を禁止しているところもあります。
そういう所では、もっぱら電気調理器具しか使えません。
電子レンジ、ホットプレート、電気フライパンなど、
でも市内だと外食というかお総菜産業が整っているので、
部屋にガスコンロがなくても特に困らないようです。

ガスボンベですが、うちは鉄製のボンベが16kg、
中身が15kg、合計31kgの中ぐらいの大きさを使っています。
これで値段は295バーツです。
今回、いつも配達してくれる業者の人が、
バルブを交換した方がいいと、別タイプに交換しました。

P1100418.jpg

以前のはもう使っていないそうですが、
何か欠陥でもあったのでしょうか。
このタイプの古いバルブだと、
調理後には毎回、上部の黒い栓を閉めていました。

P1100416.jpg

新しいタイプのバルブは安全装置がついているそうで、
毎回、開閉をする必要がなくなりました。

近所のおばさんの家にあるバルブは、
残量がわかるメーターがついているそうですが、
そっちの方が全体に便利だと思うのですが、
もう買ってしまったので、しばらくはこれでいきます。

P1100414.jpg

箱には定価が590Bと印刷されていますが、
実質は350Bで売ってくれました。
箱の横には10年間保障と書かれているので、
もう買い換えることはなさそうです。
関連記事

| 日常の風景 | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

珍しい果物

今住んでいる家には庭があるのですが、
私たちが引っ越して来たときには、
すでに庭には木やが植わっていました。
かなり手を入れたつもりですが、大きな木はそのままです。
前の家主さんは中華系らしく、よく海外へも行っていたので、
珍しい木を見つけると庭に植えていたのだと想像できます。

最初見たときは、変な形のマンゴだと思っていたのですが、
実はเซียนท้อ(シアン・トー)という別の果物のようです。
この頃では市場でも売られるようになったそうですが、
それでもまだまだ馴染みが少ないようです。

P1100408.jpg

完熟するまで、というよりはじけるまで収穫せず、
収穫後もすぐに食べると、渋みが残っています。
1日おいて食べると、何とも言えない味がします。
水分がなくパサパサですが、ほんのりと甘みがあります。
私は1度食べただけで、もういいやという感じですが、
近所の人には人気で、いつも声をかけてくる人がいます。

P1100407.jpg

木そのものはそれ程大きくはないのですが、
たくさんの実をつけています。
連れ合いは、人にあげることに喜びを感じているようです。

P1100411.jpg
関連記事

| 食べられるもの | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紺色の表紙

今日、総領事館へ二人の子供を連れて、
パスポートを受け取りに行きました。
ちょうど子供たちのパスポートが今月末で切れるので、
申請時は、父親である私が提出したのですが、
受け取りは本人が行かなければならないということで、
学校を早退した子供を迎えに行きました。

子供は5年間有効しか発行してもらえません。
申請時に、子供の写真を2枚渡したのですが、
後で、どちらが兄か弟かと確認の電話がありました。
5年前のパスポートの写真は二人とも似ていて、
この5年ですっかり感じが変わっていました。

受け取りで、名前と写真を確認して一安心。
手数料は1冊4,000バーツ、2冊で8,000バーツです。
チェンマイに来た当初は、もっと安かったのですが、
現在は、日本での手数料である11,000円と
同程度の手数料に設定されています。
ちなみに先月更新したタイのパスポートの手数料は、
1冊で1,000バーツ(+郵送料35B)でした。

タイのパスポートになく、日本のにあるものと言えば、
日本名の後ろに括弧書きでタイ名(ローマ字)を
並記してくれることです。まだタイ・日の2重国籍なので。

まあ、これで5年間は有効なので、
しばらく更新の心配はいりませんが、
その間に何回ぐらい海外へ連れて行けるでしょうか。
関連記事

| 家族のこと | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天然100%

最近、とみに白髪が目立つようになってきました。
髪そのもの量が減って(薄くなって)きたので、
以前より目立つようになってきたのでしょう。

白髪染めは、いつも連れ合いにしてもらっています。

今回の髪染め剤は、原料が天然100%と書かれており、
黒ごま、ヘンナ、中国のハーブ(漢方)などです。
中には使い捨ての薄手ビニール手袋も入っています。

まず、普通のシャンプーで洗髪し、
汚れや油分を落とし、きれいにします。
続いて、この髪染め剤を髪の毛に馴染ませて、
そのまま約10~15分おいて、水洗いします。

以前使っていたのは、臭いがきつくなかなかとれず、
染め上げ後も髪が硬くなりましたが、
この髪染め剤は香りも良く、バサバサ感がありません。
しっかり髪の毛が黒く染まるのですが、
髪に馴染ませている間、頭皮が少し痒く感じます。
本当に天然の原料が100%なんでしょうか。

P1100222.jpg

価格は70バーツで、仕上がりには満足しています。
これには連れ合いの手間賃は含まれていません。
関連記事

| やっぱ気になる | 21:21 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フラフープ

今回は子供たちにお土産を持って行きました。
手作りのフラフープです。
ちょっと前にはチェンマイでも大流行、
今ではスポーツメーカ製の重めのフラフープは、
200バーツ前後で売られています。

灌水用の黒パイプをつないだだけの物なので、
少々軽いのですが、遊ぶには十分です。

子供達と一緒に作ることも考えたのですが、
作業が単純でそんなにおもしろくもないので、
毎日1個~2個ずつ作り、全部で6個できました。
今、子供の人数は16人なので1人1個は行き渡りませんが、
男の子はあまり遊ばないし、交代で使えば問題ありません。

P1100366.jpg

家にも1個あり、たまに連れ合いや下の子がやっています。
子供の家の子は、みんな意外に上手に遊び、
中には1度に2~4個を回している子もいました。

P1100382.jpg

最初だけ思いっきり遊んで、
しばらくしたら飽きるかもしれませんが、
思い出したようにフラフラしてもらえたら本望です。
作り自体は簡単なので、壊れてもすぐに直せます。
ちょっと太めの子もいるので、これでダイエットになれば。

P1100371.jpg

≫ Read More

関連記事

| これもボランティア | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マヨネーズ

タイ製のマヨネーズは糖分が6%も含まれていて甘い。
サラダクリームとか言って、どれもこれも甘い。
連れ合いや子供たちタイ人に言わせると、
これが普通で、おいしいらしい。

昔は、日本からのお土産と言えばマヨネーズを頼みましたが、
最後の1本が終わってしまい、しばらく切らしていました。
それでリンピン・スーパーに探しに行ったのですが、
量が少ないのに割と値段が高いので、躊躇しました。
それなら自分で作ってみようかとネットで調べたのですが、
ボールや泡立て機から揃えなければなりません。

そんな時、まったくの偶然ですが、makroで見つけました。
業務用で1kg、110バーツちょっとでした。
砂糖が入っていないと明記してあり、
一応キューピーのマークも入っています。
うーん、味は微妙に日本のとは違う気がしますが、
甘くはないので、まあまあ食べられます。
ただ詰め替え用の容器がないので、ちょっと不便しています。

P1100386.jpg

たまたま見つけて喜んでいるのは、私だけで、
実は在タイの日本人の間では、常識だったとか。

≫ Read More

関連記事

| 食べられるもの | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

200年を超えて

うちの近所の街道には大きな木が残っています。
何年も見慣れた景色なので、日常の風景ですが、
雨や風の強い日には、枝が落ちてくることがあり、
バイクが事故っているのを何度か見たことがあります。
また、道路が狭く、大木を避けるようにバイクが
道路中央部にせり出してくるので危険ですし、
また夜は両側の木が見えにくいので注意が必要です。
横道から大きな道路に出る際も、
大木が陰になって見にくいこともあります。
市場付近では、邪魔だという理由で切られたり、
車の排気ガスで枯れてしまった木もあります。

ナワラット橋からランプーン県へと続く旧道、
県道106号線の両側に木が植えられており、
チェンマイ県側がต้นยางนา(トン・ヤーンナー)で、
ランプーン県側はต้นขี้เหล็ก(トン・キーレック)です。

P1100364.jpg

現在、チェンマイ県とランプーン県が協力をして、
この並木を自然、文化、歴史を保護する街道として、
環境保護地域に指定しようという動きがあります。
現在では、土地の利用状況が変化しており、
その影響で街道の環境も悪化しており、
歴史的価値が損なわれ始めています。
至急、何らかの改善策が必要であるという観点から、
天然資源・環境省の大臣宛に申請書が送られました。

天然資源・環境における政策及び計画部門が、
申請書に沿って審査と分析を行った結果、
チェンマイとランプーンという2つの街をつなげ、
同時に県境を示しており、200年近い年月の
歴史的な価値と重要性を持っていると報告しています。
1992年施行された環境の改善と保護法に照らしても、
環境保護地域として指定する要件に該当します。

その後、環境保護地域として指定する草案ができ、
今後は、再度7月に周辺住民から
意見や提案を聞くために会合を持つ予定です。

チェンマイ側のトーンヤーンだけでも、
まだ400本近い木が残っていたと思います。
寒季、車の少ない早朝、
並木の街道にモヤが立ちこめる様子は、
先人の願いを感じる美しい風景です。

070303.jpg

≫ Read More

関連記事

| 身近な自然 | 09:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT