やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おじゃまたくし

恐れていたことが現実になりました。
庭にある池には、オタマジャクシが溢れています。
何度かカエルの卵を除去したのですが、
やはり一部はすでにオタマジャクシになっていました。

下の息子を雇って、オタマジャクシをとらせたのですが、
「金魚すくい」と同じで、捕まえること自体が楽しいようです。
夢中になっているうちに、ドボ~ン!池にはまってしまいました。
まあ、浅いので大したこともなく、本人も笑っていました。
すくい始めた頃は、こんな感じでした。

P1060637.jpg

P1060639.jpg

数十分後には、こんなに増えていました。

P1060647.jpg

しばらくはオタマジャクシすくいが続きそうです。

うちの連れ合いは少し日本語ができるのですが、
「となりのトトロ」にでてくるメイちゃんと同じで、
オジャマタクシとか言っています。
スポンサーサイト
関連記事

| 生きているもの | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

村にホームステイ

パヤオ県で通訳の仕事をしてきました。
何度か訪れたことのある村だったので、懐かしい再会もありました。
ホームステイが2泊あったのですが、
通訳の私もツアー参加者と一緒にお世話になってきました。

1泊目は日本人の男子学生と同じ家に泊まったのですが、
案内された部屋にはダブルベットが一つだけでした。
まあ、こういうケースはよくあることなので、
私の方は、特に驚くこともなく彼と同じベットで寝ました。
一応、真ん中には長い抱き枕で境界が作られており、
蚊帳も吊ってあったので、ぐっすり眠れました。
同室の彼曰く、イビキがうるさいらしいが、
私は全く気づかずに朝を迎えました。

2泊目は1人で泊まったのですが、
どうもわざわざ中学生の娘さんの部屋を空けてくれたようです。
ここでも蚊帳が吊ってあり、広いベットに1人でぐっすり眠れました。
この家では、父親と上の兄弟2人が出稼ぎに出ており、
今は母親、中学生の娘、6才の息子の3人暮らしでした。
その夜は、一緒にテレビドラマを見ていたのですが、
テレビの前を知らない人が何度か横切っていきました。
多分、近所の親戚の人なんでしょうが、
特に言葉を交わすでもなく、勝手に台所の方に消えていきました。

これまで、何度もホームステイは体験してきましたし、
私自身はタイ語ができるので、田舎のタイ人の家でも大丈夫です。
ただ、水のシャワーだけは苦手です。
家では温水シャワーを浴びているので、
ふやけてしまった老体には、夜中の水シャワーは応えます。
それにしても、最近は、泊まるだけで一緒にテレビを見たり、
朝食をご馳走になったりするだけで、民宿化しているように感じます。
家の人と語ったり、交流したり、そういう時間や機会が、
以前に比べると、間違いなく減ってきたように思います。
テレビや携帯、パソコンの登場で便利になったのと引き替えに、
タイの田舎でも「語り合う」ことが減っているのでしょうか。
なんか、やはり寂しいですね。
関連記事

| 通訳とか翻訳 | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もう10才

下の子が10才になりました。

朝からタンブン(喜捨)をしようと準備をしていました。
タイ人は、自分の誕生日など特別な日に、よくタンブンをします。
僧侶が家の前を通る頃には、子供たちは学校へ行ってしまうので、
お祈りだけして、母親に託していきました。
いつもの時間になっても僧侶の姿が見えないので、
不思議に思っていると、近所のおばさんが、
今日は「ワン・プラ(仏教日)」だから来ないよ!と教えてくれました。
うーん、言われるまで、全く気がつきませんでした。

子供たちは夕方は5時頃に帰宅しますが、
それに合わせて連れ合いがピザを注文しておきました。
このピザがめっちゃくちゃおいしかったのです。
もともとピザなんて食べないし、どうやって注文するのか、
高い割にはおいしくないという先入観がありました。
でもこのピザは、チーズたっぷり、やわらかくて忘れられません。

P1060630.jpg

たっぷりケチャップをのせて、子供たちと争うように食べました。

P1060631.jpg

どこで買ってきたのかと連れ合いに聞くと、
どこにも売っておらず、注文するしか方法がないとのことです。
連れ合いが、イタリア人と結婚しているタイ人女性と知り合いで、
電話で注文してわざわざ届けてもらいました。
普段はパン類を作っており、地元のスーパーに卸しているのですが、
ピザだけは、注文がなければ作らないそうです。
粉なんかもわざわざ本国から取り寄せているというこだわり派。

今年の誕生日は、プレゼントを用意していなかったので、
おいしいピザを少しだけ食べてから、
夕食を兼ねて、デパートに買いに行きました。
まず息子にプレゼントを選ばせ、日本食を食べて、
ケーキを買って家に戻りました。

今年の下の息子の誕生日は、
家族一同、みんなお腹一杯になりました。
関連記事

| 家族のこと | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

散髪

天然パーマの髪の毛が伸びてきて、面倒くさくなってきたので、
いつもの散髪屋さんに行ってきました。
私が行くところは、女性二人でやっているのですが、
美容院ではなく、あくまでも男性用の理髪店です。
姉妹か従兄弟同士かは忘れましたが、
一人の女性は少し日本語が話せます。
どうして話せるのかは、特に聞いていませんが、
日常会話の単語レベルなので、散髪にはあまり関係ありません。
イスに座ると、「いつもと同じように短くしてください。」
これだけ言えば、後は適当に切ってくれるので、楽です。
知らない店で、「どのような髪型にしますか?」と聞かれても
タイ語で上手く答えることができないので、いつも同じ店へ行きます。

散髪だけだと大人で50バーツ、洗髪してもらって後50バーツ。
いつもお金を払う時には、値上がりしてないかと思い、
いくらですかと聞くのですが、ここ数年同じ値段のままです。
洗髪は、お湯が出るようになったのですが、
一応、「水でもいいですか?」と聞かれます。
シャンプーは3回ぐらい、これでもかと指を立てて洗ってくれます。
他にも耳あかとり、マッサージなどもありますが、
私はいつも100バーツ(現レートで280円ぐらい)コースです。
関連記事

| 日常の風景 | 09:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車の運転

タイで車を運転するようになって、もう10年以上になります。
今日もチェンマイ郊外へドライブに行って来ました。
今では、すっかりタイ人の運転にも慣れてきたのですが、
それでもやっぱり気になることがあります。

●追い越しのタイミング●
そのタイミングで大丈夫?と感じる時がよくある。
対向車も来るし、道路端をバイクが走っていたり、
それでもガンガン追い越しをかけていく。
当然、ギリギリまで寄せるので、車間距離も短い。

●走行車線と追い越し車線●
片側2車線で、右車線、俗に言われる追い越し車線を
ゆっくり走っている車を見かける。
後ろからパッシングしてもウインカーを出しても
マイペースで、よくわかっていない人がる。

●交差点での直進車優先
この考えは、タイでは通用しないようです。
右折車がどんどん曲がってくるので、気が抜けない。

●ハザードの使い方●
駐停車の場合だけではなく、
ハザードをつけて交差点を走り抜けることがある。

●バイクの左折合流●
横道から本線に合流する際、一時停止も後続車の確認もせず、
いきなり左折してくるバイクが多い。

●駐車●
路上駐車はもちろん、デパートやスーパーでも
まっすぐに駐車しないというか、いい加減に停める車が多い。
駐車スペースのラインを無視して、斜めに停めたり、
他の車が出仕入れすることを考慮せず、
自分本位な停め方をしていても気づかない。

他にもウインカーを出さないとか、バイクに乗りながら傘さし運転、
携帯電話で話ながらの片手運転、3人乗りなど。

全般的にタイの人は運転は下手ではないと思いますが、
運転上のマナーや思いやりというものに欠ける人が多いと
感じてしまうのは私ぐらいなものでしょうか。
関連記事

| やっぱ気になる | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

My 趣味

庭つきの家に引っ越して来てからというもの、
すっかり「園芸」や「庭いじり」が趣味になってきました。
そのうち、盆栽や箱庭、苔玉もやってみたいです。
近所の定期市で植木や鉢物を売っている店があります。

P1060407.jpg

P1060408.jpg

小さなサボテンやかわいい小鉢が並びます。

P1060409.jpg

P1060411.jpg

そこで私も試しにいくつか買ってきました。

P1060613.jpg

P1060604.jpg

仕事の合間に眺めたり、水をやったりしています。

一方、連れ合いの趣味というか、最近はまっているのが、造花です。
近所の人に作り方を教えてもらってきたとかで、
家の中にはどんどん造花が増えていきます。
まあ、上手くできていてきれいなんですが、
もうその辺で勘弁して、という感じです。

P1060611.jpg

私的には植木鉢が邪魔というか、センスがちょっと違うかなと。

P1060446.jpg

葉っぱや花びらなどのパーツ毎に作っていくようです。
創作のピークは過ぎたようなので、ちょっとほっとしています。
先日も、褒めてくれて知人に一鉢あげたようです。

連れ合いの作品集が見てみたい方は、どうぞ続きへ!

≫ Read More

関連記事

| 日常の風景 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自動販売機

タイでも携帯電話の普及率はかなり高くなっています。
その一つの要因は固定料金のいらない、
プリペイドカード式があるからでしょう。
下は20バーツから上は500バーツまで、
コンビニや雑貨店などでも手軽にカードが購入できます。
何年か前に、このプリペイド式の携帯電話が
犯罪に利用されるのを防ぐために、
所有者の登録という制度がありましたが、
いつの間にか聞かなくなりました。

最近、携帯電話のプリペイドカードの自動販売機を
見かけるようになりました。

Image007.jpg

こんな感じの何の変哲もないちょっと派手な箱です。

Yasu012.jpg

まず、自分が使っている携帯電話の会社(ネットワーク)を選びます。
その次に欲しい分だけお金を入れるのですが、
50バーツなら3バーツの手数料が余分に必要です。
そして自分の電話番号を押してからしばらくすると、
携帯電話の方に何バーツ分追加されましたよ!と
ショートメッセージが届きます。
これは店番がいらないので、お手軽で便利です。

P1060508.jpg

こんなロボット型のも見たことがあります。

私の携帯電話はプリペイドカード式ではないので、
実際に自分でこの自動販売機を操作したことはありませんが、
これだと、20バーツでもOKなので、
ちょっと買い足したりする時に便利です。
銀行のATMの機械でもできると聞いたことがありますが、
こちらの方が、簡単に少額でも買えるところがいいですね。
関連記事

| 日常の風景 | 14:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思い出すな~

上の息子は思春期に入っており、なかなか接し方も難しいです。
最近は、学校から家に戻ると、
近所の友人達と踊りの練習をしています。
B-BOYとやらで、要はブレイクダンスのようです。

近くのレンタルビデオ・ショップへ行った際、
偶然、「FOOT LOOSE(フットルース)」を見かけました。
息子達の世代は、「STEP UP」(1,2)を見ているのですが、
おじさん達の世代は、何と言ってもこの「フットルース」でした。
息子二人を誘って、数十年前(1984年公開)の
若かりし頃を思い出しながら一緒にビデオを鑑賞しました。
ストーリーはところどころ忘れているのですが、
映画で使われている音楽は今でも強く印象に残っています。

父「息子達よ。この映画はブレークダンスが流行るきっかけだぞ。」
息子「ほー!ブレークダンスの石器時代の映画か。」

最初は、つまらなそうに冷やかしながら見ていた息子達だが、
やはりダンスのシーンなんかは、楽しんでいたようです。
まさか、この年になってタイで再びこの映画を見るなんて。
ここ数日、フットルースのリズムを口ずさむ日々です。
足なんかは全く動きませんが…。

≫ Read More

関連記事

| 家族のこと | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

枝打ちバサミ

最近、庭仕事に凝っています。
もともと農業とか土いじりが好きな方なので、
やり出すと、ついついこだわってしまいます。

ところで、庭の片隅に大きな木があり、
一度、大幅に枝を落としてもらったのですが、
また新しい枝が伸びてきています。
でも剪定をしないと、木としてのバランスが崩れてしまいます。
そこで高所用の剪定バサミを探しに行ったのですが、
柄がアルミ製で、先端部分が剪定バサミになっていて、
ノコギリの刃を取り付けられるタイプを見つけました。
でも、長さの調節ができず、その上、値段が結構高い。
そんなに頻繁に使う物でもないし、
極端な話、脚立を使えば何とかならないわけではありません。
あれこれ思案していると、横にお手頃価格の道具を見つけました。

P1060606.jpg

柄の部分は自分で細工をしなければなりませんが、
これは想像以上、値段の割には優れものです。

P1060608.jpg

曲がった部分に枝をかませて、
紐を引っ張ると刃が出てきて枝を切るというものです。
細すぎたり、太すぎるとうまくいきませんが、
こんな枝打ちバサミがあったなんて、ちょっと感動です。
私の中では、テレホンショッピングにでてくるような道具しか
イメージできなかったのですが、この発想はすごいです。

切れ味を試すのに、枝を切りすぎて困っています。
関連記事

| 身近な自然 | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花祭り

チェンマイ名物のフラワーフェスティバルが始まっています。
今日は、花で飾られた山車によるパレードがありました。
今年で33回目を迎え、25台の山車が出たそうです。
でも、私は人混みが嫌いなので、コースでの見物は逃げました。
ずっとチェンマイに住んでいると、何度か見たことがあるので、
わざわざあの人混みの中に入って、
炎天下の中で立ち見しようとは思いません。

そこで、パレードが始まる前、朝、スタート地点に行って来ました。
山車は止まったままだし、踊り子さんたちも休んでいましたが、
まだ表情は疲れていないし、
止まっているので写真も撮りやすかったです。

P1060571.jpg

まだ眠いのか、始まる前で気が抜けています。

P1060562.jpg

おばさん達も歩道に座って休んでいました。

P1060544.jpg

モン族の女性が背負うカゴの中にも花々があります。

P1060545.jpg

モン族の衣装に身を包み、楽器を演奏しながら、
本番前の踊りの予行演習をしていました。

P1060554.jpg

カレン族の少女も出発を待っていました。

P1060565.jpg

私と同じように先回りして、
記念写真を撮っているタイ人も見かけました。

P1060572.jpg

おじさんの帽子が、やたらとかわいいな。

写真を撮るだけなら、出発前の方がいいかな。
ただ、逆光で撮影しにくかったり、
山車に乗っているお嬢さんが携帯で話していたり、
カメラ向けの笑顔をしてくれないなど、
細かいことを言い出せばきりがありません。
でも、きっと来年も出発前の山車を見に行くのでしょう。
関連記事

| なんでも風物詩 | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。