やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今年のクリスマス

タイでは実にその90%以上が仏教徒と言われています。
連れ合いも仏教を信仰しており、
私もまあ一応、仏教徒ということになっています。
毎朝、托鉢に来る僧侶に家の前でタンブン(徳を積む)をしてます。

私 「今年のクリスマスはどうしようか?飾り付けはする?」
連れ合い 「うちは仏教だから、関係ないでしょう。」
私 「え~、でもケーキとプレゼントは?」
連れ合い 「どうでもいい。あなたに任せるわ。」

ということで、イブもクリスマスもサンタもトナカイも
我が家には関係ありません。
子供たちからクリスマスプレゼントをねだられることもなく、
平日と同じように過ぎていきました。
まあ、それではあまりにも寂しすぎるということで、
家族で日本食を食べに行きました。
会計の後で、記念に「あけまして、おめでとう」と
書かれた小皿を二枚もらってきました。
これがクリスマスプレゼント?
その帰り、コンビニでショートケーキを買って、
今年のクリスマスはおしまい。
関連記事

| なんでも風物詩 | 14:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お歳暮

タイにもお歳暮のようなものがあります。
この時期デパートへ行くと贈答用の盛りカゴが並んでいます。
インスタントコーヒーやジュース、いろいろな詰め合わせです。
お世話になった人や取引先に贈るようです。

我が家では、もっぱら連れ合いが手配をします。
まず、お世話になっている会計事務所には、ちょっと大きめです。

P1060163.jpg

うちの場合、取引先と言っても、
フリーランスの通訳なので、ほとんど贈り先はありません。

P1060171.jpg

このクッキーがお礼のプレゼントの定番になっており、
大小いろいろなサイズがあり、
お世話になった度合いで大きさが決まります。
連れ合いに聞くと、子供の学校への送迎をしてくれている運転手さん、
引っ越してきた住宅街の守衛さん、郵便配達のおじさんなどです。

それ以外にも連れ合いの田舎から送られてきたミカンも、
ビニール袋に分けてお裾分けに回っています。
連れ合いの近所付き合いのバランス感覚には、
いつも頭が下がります。
関連記事

| なんでも風物詩 | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポストカード

日本では、12月に入ると年賀状をどうしようかと、
あれこれデザインを考えることでしょう。
タイにも年賀状のようなものはあるのですが、
ほとんどはクリスマスカードを兼ねて、旧年中に届きます。
私もカードや年賀状をもらうのですが、
いつも返事を出さなかったり、年が明けてからだったり、
メールで失礼をすることもあります。
昔に比べると、もらう枚数はめっきり少なくなりました。

日本だと、写真屋さんに写真を持ち込んで、
年賀状に印刷してもらうこともできます。
タイだと、ポストカードの大きさに引き伸ばしてはくれるのですが、
用紙はプリント用のつるつる紙なので、カードには適しません。

ある知人がポストカードを作りたいというので、
何軒かの写真屋で聞き込みをしましたが、やはり無理でした。
印刷屋さんでは「できる!」と言われましたが、
枚数が少ないと割高になってしまいます。

結局、以前ステッカーを作ったお店を思いだし、
そこに持ち込んで聞くと、あっさりできると言われました。
いろいろ交渉して、最終的には50枚で500バーツになりました。
片面カラー印刷で1枚10バーツの計算になります。
日本円に換算すると、今だと1枚27円ぐらいでしょうか。
パソコンの画面で見た色と仕上がりの色とでは、
イメージしていたものとはちょっと違っていましたが、
出来上がり自体は、まあまあでした。
他人のポストカードはできたのですが、
自分の年賀状はどうしようか、まだ決まっていません。
関連記事

| 役立つかな | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

偽札騒動

先日、いつもの花市場に花の苗を買いに行った際、
1,000バーツ札で支払おうとしたら、
100バーツで払ってもらえませんかと言われました。
連れ合いに聞くと、この辺でも市場では500バーツ札、
1,000バーツ札は受け付けないところ店も出てきたそうです。

政局の混乱→首相府占拠→空港封鎖→
観光客の激減→世界的な金融危機→従業員解雇
→農産物の価格低迷→不景気

こんな感じで景気が悪化している状況に加えて、
追い打ちをかけるようにこの偽札の被害が広がっています。
もし偽札製造で逮捕されると、最高刑が無期懲役だそうですが、
それでも、今はカラーコピー機などで作る者がいるそうです。

朝のテレビのニュースでは、偽札の見分け方を説明していました。
さっそく、家にあった数枚の1,000バーツ札を調べてみましたが、
幸いなことに偽札は見つかりませんでした。
20バーツ札や50バーツ札でも偽札が見つかっており、
そんなところまでいちいちチェックしていられません。

そう言えば、以前に我が家でも偽札検知器を買ったことを思いだし、
戸棚の奥からビニール袋に入った機械を引っ張り出してきました。
ライトがついて透かしを確認したり、
銀行の窓口にあるように札に紫外線を当てると
線のようないくつかの模様が浮かび上がります。
普通の紙を挿入口に入れると、大きな音量で「これは偽札です!」
と警告してくれます。もちろんタイ語で。

P1060145.jpg

でもこのメーカー名を見ていると、
日本の有名な二つの会社を足したような変な名前です。
それとも、もしかしたら「かしこい」にかけているのでしょうか。

この機械を買ったのは、やはり数年前に偽札が流行った年です。
その当時は、私も銀行で引き出した際に2枚ほど掴まされました。
今でも銀行のATMなどでは完全に偽札をはじけないそうです。

この景気の悪い年の瀬、偽札を掴まされないように気をつけます。
関連記事

| 巷の世間話 | 08:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

素敵な贈り物

まだ郵便物が以前の住所に届くことがあります。
郵便局の転送サービスは2ヶ月間だけだったので、
古い住所にそのまま配達されてしまいます。
前の家はタイ人の知っている人に貸しているので、
手紙が届くと持って来てくれたり、連絡が入ったりします。

NGO関係のニュースレターやクリスマスカードに混じって、
意外というか、うれしい贈り物が届いていました。

この夏に通訳をしたスタディーツアーの学生達からです。
もう数ヶ月も経っているのに、写真を送ってきてくれました。
チェンマイでストリートチルドレンの施設に案内しましたが、
実質は丸1日だけのお付き合いでした。
このグループは中国人留学生が3名、タイ人が1名、
日本人が4名の構成でしたが、チームワークはよかったです。

今年の夏は、ワークキャンプやスタディーツアーなどの通訳で
たくさんの社会人や学生に会いました。
でも、このように感想や報告文、写真を送ってくれる人は、
昔と比べると本当に少なくなってきました。

正直なところ、私自身も多数の人と連絡を取り合うのを
どこかで避けている節があります。
あまりいろいろな人から連絡をもらってしまうと、
それら一つ一つに答えきれるだろうか、
返事が出せなくて粗相をしてしまうのではという危惧からです。

手紙や写真と一緒に素敵なアルバムが届きました。
厚い表紙をめくると、プリントされた写真が綴じられていました。

P1060161.jpg

最近はこんなこともできるんだなーと感心しつつ、
またこれなら整理しなくてもいいので助かります。

単なる通訳、されど通訳です。

タイが好きになってくれたり、関心をもってくれたり、
自分と違う文化や環境に暮らす人々のことを思いやれる、
そんな人が一人でも増えるお手伝いができれば本望です。
関連記事

| 通訳とか翻訳 | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お寿司屋台

近所に週2回、定期市が立ちます。
衣服から食料、野菜や肉、お菓子など
多種多様なものが、広場で売られます。

タイでもすっかり日本食が定着したようで、
屋外の市場でもお寿司が売られていました。

P1060070.jpg

創作寿司というのか、
見たことのないような巻物が並んでいました。
そして何よりもその鮮やかというのか、
毒々しいまでの原色には、ちょっと引いてしまいます。

P1060086.jpg

何だかよくわからないものが巻かれています。
手前が1個5バーツで、握りは10バーツがほとんどです。
発泡スチロールのパックに好きなのを選んで入れると、
ビニールの小袋に入ったお醤油とワサビをつけてくれます。

P1060073.jpg

おいおい、奥でお寿司を作っていました。
砂ぼこりの舞う、屋外で、衛生管理はどうなっているのでしょう。
お兄さんはビニール手袋をはめて握り、
お姉さんは、海苔巻きを巻いているところでした。
作りたてという点では、確かに間違いないのだけれども、
どこで手を洗ったりしているのか、ちょっと疑問が湧きます。

「どう、よく売れている?」という問いかけに、
「あんまり売れないね~!」との答えが返ってきました。
写真を撮ったり話を聞くだけではなく、
せっかくだからと何個か買って帰りました。
テーブルの上に置いておいたら、
いつ間にか二人の息子たちがたらいあげていました。

おいしかったそうです。
関連記事

| 食べられるもの | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

てるてるサンタ

この季節になると、デパートやスーパーには、
プレゼント用に包装してくれるコーナーができます。
ほとんどのタイ人は仏教徒ですが、
日本と同じで、クリスマスにはツリーを飾り、
ケーキ食べる人も増えているのでしょう。
向かいのカナダ人夫婦の家では、
二人ともクリスチャンなので、
庭の木にイルミネーションが飾られています。
我が家は、今のところ何の動きもありません。
もう少し当日が近づいてくると、
子供たちから外食だのプレゼントだの、
何かしらの要求を突きつけられるかもしれません。

市内のぬいぐるみ屋さんで「サンタクロース」を見かけました。

P1060054.jpg

ぶらぶらと吊るしてありました。
それもニシキヘビのぬいぐるみの隣に。
これを買って家の軒先に吊るしておけば、
サンタさんがプレゼントを届けてくれるかな?
何てことを考える人はいないでしょうね。
でも、よく見るとつぶらな瞳をしています。ちょっと頭がでかすぎますが。

P1060053.jpg

これを買って帰っても誰も喜ばないだろうなと、
値段も聞きませんでした。

新しい家で向かえる今年のクリスマスは、どうなるんでしょう。
 
関連記事

| なんでも風物詩 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寄付金を持って

久しぶりにHIV感染者グループの事務をしている女性を訪ねました。
目的は、日本へ帰国中に預かってきた寄付金を渡すためです。

今回寄付金を預けてくれた知人は、2002年から毎年、
年末には必ず寄付をしてくれています。
以前は、チェンマイに長期滞在されていたのですが、
現在は日本へ帰国されており、それでも寄付を続けてくれています。
感染者グループから、領収書と簡単な礼状をお送りするだけですが。

このHIV感染者グループには2000年から関わっており、
ずっとエイズ孤児への奨学金支援にも立ち会ってきました。
最近は、いろいろ事情があって、あまり足を運んでいません。
今日も本当に数ヶ月ぶりに彼女の自宅に行きました。
昔は事務所を構えて活発に活動していた時期もあったのですが、
現在は自宅で彼女が一人で事務を担当しています。
感染者同士の活動も停滞しているし、
国内外からの助成金も大幅に減っています。

この8年間、山あり谷あり、様々な出来事がありました。
じゃあ、後は自分たちで勝手に続けてくださいと
見捨てるつもりは到底ないのですが、
私にもできること、できないことがあり、
また、関わり始めた当時とは、お互いを取り巻く環境が
大きく変わってしまいました。
それでも、今日は、知り合いの感染者の近況や
最近の体調を聞いたり、情報交換をしてきました。

ボランティアを始めたり、支援を続ける際に、
どの地点を最終目的にするのか、どこで手を引くのか、
その視点を持たなければならないと思いながら、
ある意味、だらだらとここまで来てしまったような気がします。

今後は、一人の知人として彼女たちと付き合っていこうかなと、
漠然と感じているところです。
関連記事

| これもボランティア | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名前発見

日本へ帰国中、たまたま用事があり、
近所の信用金庫に出かけました。
手続きが済むまでの間、何気なく雑誌を見ていたら、
私がチェンマイでコーディネートをした雑誌を発見。
「週末アジア健康旅行」といタイトルが目に入りました。

しんきんカードの会員誌「はれ予報」12月号です。
私がコーディネートを手伝ったのは、
プーケットではなく後半の記事のチェンマイなので、
残念ながらインターネットでは見ることができません。
しかし、表紙の次の見開きのページを拡大すると、
コーディネーターの箇所に名前が掲載されています。
そんな話は聞いていなかったので、正直、喜んでいます。

通訳やコーディネートは、どちらかと言えば「裏方」なので、
あまり出版物などに名前が出ることはないのですが、
今回は意外にも自分の名前を見つけて、ちょっと驚きです。

お近くの信用金庫に立ち寄ることがありましたら、
この「はれ予報」の12月号を探して、手にとって読んでみてください。

空港閉鎖や政局の混乱でタイのイメージが悪くなり、
タイへの渡航を見合わせる旅行者もいるでしょう。
でも、チェンマイもプーケットも平穏な毎日です。
旅行者の少ないこんな時に、
タイでのんびり、健康になるのはどうでしょうか。
関連記事

| 通訳とか翻訳 | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チェンマイに帰還

ご無沙汰しています。
2週間ほど日本へ帰国していましたが、
先日、チェンマイに戻りました。
先月末はバンコクの空港封鎖に巻き込まれ、
バンコクで3日間ほど足止めをくらい、
大変な目に遭いました。

タイに帰国しても、相変わらず、政局は不安定、
経済の悪化、失業者のニュースが聞かれます。
年末から新年にかけて、
景気が落ち込むと言われていますが、
さて、どうなるんでしょうか。

何はともあれ、ちょっと寒いですが、元気です。
関連記事

| 近況報告でも | 08:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |