やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

CDラック

先日、チェンマイからチェンラーイの街道沿いで、
竹や籐の商品を売っているお店に寄りました。
同行していたお客さんが、
竹で編んだ小さなカゴなどを購入していきました。
そのお店で見つけたCDラックです。

Image019.jpg

どんどん増えるCDの整理にはいつも頭を悩まされています。
この赤と青の龍に囲まれた木製のCDラックはかっこいいのですが、
場所をとって、使いにくそうです。
実際、ホコリをかぶっていて、誰も買う人がいないようでした。
でも、この発想というのはどこから生まれてくるのでしょうか。
以前、誰かオーダーメイドした人がいて、
よしこれはいけると思って作ってみたけど、
一般受けしなかったといった感じでしょうか。
スポンサーサイト
関連記事

| あれこれ思う | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かわいいゾウ!

チェンマイ市内から車で1時間弱の所に、
観光名所にもなっている「象のトレーニングセンター」があります。
この夏、仕事の関係で何度か足を運びました。
象のショーは何度も見ていて、次に何をやるかも知っているのですが、
毎回、すごいな、利口だなと感心しています。

P1050382.jpg

象が象使いにマッサージ中です。
気持ちよさそうにも見えますが、象の気が変わると危ないですよね。
すっかりお馴染みになりましたが、ここでは象が絵を描きます。
このショーが始まった頃に比べると、腕?鼻が上がったというのか、
抽象画ではなく、花の絵を描くようになり、芸術性もでてきました。
ショーで描かれた絵は、すぐにその場で売りに出されます。

P1050387.jpg

確か1枚2,000バーツでしたが、その値段でも売れています。
ちょうど北京オリンピック開催中で、
タイの選手が女子の重量挙げで金メダルをとった
というニュースが話題になっていた頃には、こんな絵も!

P1050389.jpg

象にこんな絵が描けるんですね。
まあ、象使いさんの力量もあるでしょうが。

今年の3月に子象が生まれて、名前はタイ語で「ミーナー」と言います。
「ミーナー」とはタイ語で3月という意味なので、そのままやんか!と
突っ込みたくなりますが、何か英語のような響きもあります。

P1050368.jpg

子象にも触れたし、やんちゃでかわいかったのですが、
何せ鼻水攻撃にあい、結構臭かったです。
子象はセンターの奥の方にいるので、そこまで行く途中に、
象使いのおじさんが何やら売っていました。

P1050375.jpg

何だかわかりますか?

P1050374.jpg

象のしっぽの毛で作った指輪です。
毛と言ってもかなりの堅さで、器用に編んだものもあります。
象使いの人は、昔からこの指輪をお守り代わりに身につけることで、
森の中に入っても事故や悪いオバケから守ってくれると信じています。

最近は、短期の象使い修行というか、ホームステイも始めたようです。
象のショーの際に、西洋人が混ざって象に乗って入場していました。
ツアーだと、ショーを見て、象に乗り、次の観光地へ移動となりますが、
ぜひゆっくり時間をとって、子象に会いに行ってはどうでしょうか。
関連記事

| 生きているもの | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コーヒーでも

ちょっと前ですが、日本から来ていたお客さんが、
時間もあるし、どこかでコーヒーでも飲もうか!が始まりです。
ほとんど午前中一杯あいていたので、
それじゃあ環境のいい所で飲みましょうかということになりました。
チェンマイ市内にもフレッシュコーヒーを飲ませてくれる店は、
たくさんあるのですが、駐車場が狭かったり、
禁煙のところがほとんどです。
お客さんは、タバコが吸えて、のんびりできる方がいいとのことで、
思いついて、車を30分くらい飛ばしていきました。

郊外のリゾートホテルのレストランでメニューを見ると、
うーん、やはり高いが、タバコは吸ってもいいとのことでした。
まあ、他に誰もお客がいなかったのと、
オープンのスペースだからでしょう。
最近は、外に置かれたテーブルでも禁煙のお店が増えました。

Image012.jpg

これが一杯170バーツのアイスコーヒーです。
当然、別にサービス料がつきます。
特別おいしかった訳ではありませんが、静かな環境を考えれば、
こんなものでしょうか。でも、シロップが別で出てきたのはさすがです。
市内で飲めば50バーツ、どんなに高くても100バーツ以下です。
まあ、お客さんが出してくれたのでいいですが、
自分一人や家族とだったら、決して来ないと思います。
「贅沢なコーヒーですね。」のんびりくつろいでいたら、
そう言えば、チェックアウトが正午だったことを思い出し、
最後は一気に飲み干し、また雑踏のチェンマイ市内に戻りました。
それがなければ、もう少しゆっくり話をしていたのですが、
いずれにせよ、あそこで高価な昼食をとることはなかったでしょう。
関連記事

| チェンマイって | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気持ちよさそう

この頃、町を歩いていると動物が気になります。
もともと動物は好きな方ですが、
我が家では飼えないので、余所のペットを相手にしています。
市場やお寺、公園、大型スーパーの入口、
なぜか、いろいろな場所で繋がれていない犬や猫を見かけます。

P1050436.jpg

市場で商品の上に寝ている猫がいました。

P1050587.jpg

お寺の境内のベンチで気持ちよさそうに寝ている犬を発券しました。
このベンチちょうどいい大きさなんでしょうね。

P1050582.jpg

写真を撮っている気配に気づかれ、昼寝の邪魔をしてしまいました。
でもこの後、また何事もなかったようにベンチで昼寝を続けました。
暑い昼間はしっかり休んで、夜になったら走り回るのでしょう。
関連記事

| 生きているもの | 20:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

外から見る

タイに来るきっかけは、いろいろありましたが、
ずっと辿っていくと、やっぱり「ボランティア」でしょうか。
チェンマイに住むようになってからも、
NGOに関わったり、ボランティアみたいなことをしています。

でも長くこの世界に首を突っ込んでいると、
見たくないものまで見えてきたりします。
NGOやボランティアが、すべて尊くて、素晴らしい訳ではありません。
自分自身、ちょっと疲れたのと、長くい過ぎたようなので、
少し外から、客観的に眺めて見たいなと思っています。

熱い思い、使命感、身を挺する、同情、
そういうのは、ちょっと苦手です。
毎日の平凡な繰り返しの中から、自分にできることを続けていく、
私にはそういう方が合っているような気がします。
最近はあまり行けていませんが、
これからも子供の家には通うつもりです。

一生懸命やっている人に水を差すつもりはありません。
本当に尊敬に値する方もたくさんいます。
しかし、、、自分ではいいことをしているつもりでも、
そのこと自体が、活動が、プロジェクトが、
タイの社会、そんなに大げさでなくてもいいですが、
その地域に、対象とする人の人生にどんな影響を与えているのか、
もうちょっと考えてもいいんじゃないのかなと。
その人に良かれと思ってしたいたことが、
実は単なるお節介でしかなく、かえって負の影響を与えている、
どうしてそのことに気づけないんでしょうか。

これまでの自分への自戒も込めて、
一度外に出て、外から見ながら、
自分の中で整理をしてみようと思います。
関連記事

| これもボランティア | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これもタンブン

チェンマイを流れるピン川沿いに「チャイモンコン寺」があります。
この寺には何度か行っているのですが、
いつ行っても多くの参拝者で賑わっています。
ここでは、タンブンをしていく(徳を積む)人が絶えません。
川沿いということもあり、魚やウナギ、貝をピン川に放します。
囚われの生き物を放す、助けることによって、徳が積めるそうです。

P1050416.jpg

何組もの人たちが、タンブンをしていました。

P1050429.jpg

このカップルは何をお祈りしているのでしょうか。
魚を川に放すためにお経を唱えますが、
ここではバケツに入った魚を買うと、お経の紙を貸してくれます。
覚えていない人でもこれを読めば問題ありません。

たくさんの人が魚を放すので、その周辺には魚がたくさん見えます。
魚のエサも売っており、それをあげることもできます。
お寺の境内で魚を捕ることは罪深いことなので、
誰も捕まえる人がおらず、どんどん増えていきます。

P1050426.jpg

それらの魚をじっと見つめている猫がいました。
ばしっと手で魚をはたいて捕まえるかとしばらく観察していましたが、
熊でもあるまいしそんな芸当はできません。

P1050428.jpg

単に動くものが珍しくて眺めていただけかもしれません。
今にも飛び込むのではないかと期待していたのですが、
バチが当たるのを恐れたのか、あくまでも見ているだけでした。

この猫を捕まえて川に放してやると、それはタンブンにはならないか。
関連記事

| なんでも風物詩 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この1ヶ月

例年にない忙しさは、突然の「引っ越し」から始まりました。
7月中旬に引っ越しを終え、
その後は片付けと家の修理の日々でした。
8月に入り、通訳の仕事で家を空けることの方が多かったです。
実質、家にいたのは、10日間ぐらいでしょうか。
9月に入り、今週はやっと時間ができました。
でも、まだまだ片付けと家の修理が待っています。

8月は久しぶりにスタディーツアーや
ワークキャンプなどの通訳に行きました。
泊まりがけで、昼間はワークがあったり、夜も拘束されたり、
大変な仕事なのですが、楽しみながら何とか乗り切りました。
大学生や中には高校生や小学生まで、
この夏だけで多くの若者に会うことができました。
日本の情報を仕入れたり、若い人の考え方に触れたり、
いろんなことがありすぎて、あっという間に過ぎてしまいました。

たくさんの人に会い、通訳という立場で関わる時、
決して楽しいことばかりではありません。
嫌な思いをする時、腹の立つ時、悲しくなる時、
私自身も参加者と同じように様々な感情が涌いてきます。
それを出せる時と、出せない時があります。
出せない時は、自分の中でしまっておかなければなりません。

やはり疲れは溜まっているみたいですし、
精神的にも今は少しのんびり休みたいというのが本音です。

今は、昼食後に昼寝のできる日々を楽しんでいます。
関連記事

| あれこれ思う | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野菜畑だー!

6日間の通訳の仕事から戻りました。
家庭菜園どころかどんどん畑に変わっています。

P1050401.jpg

新しく畝が増えていました。
その上、堆肥肥料を買って来て、土作りもしてあります。
よく見ると家の裏側にも野菜やハーブが植わっています。
季節の花もいいですが、いっそ家の周りを畑にしようと思います。
毎日のように夕方にはスコールが来るので、
今の時期なら何を蒔いても芽が出てきそうです。
関連記事

| 身近な自然 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。