やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そろそろ水かけ

ソンクラーン(タイのお正月)が近づいてきました。
伝統的に水をかけ合って新年を祝うところもあれば、
ほとんどが度を超えた水かけ合戦に様変わりしています。

本番を控えて、早くも市内のお堀で水遊びをしている人がいます。
お堀の脇の大木にくくりつけられたタイヤのチューブを使って、
ターザンのように飛び込む子供たち(青年)もいます。
お堀をまたぐように横断幕が張られ、
そこには「深くて危険」と書かれたいますが、
酔っぱらいにどのぐらいの効果があるのでしょうか。
さすがに、水鉄砲で水をかけてくる輩は、まだ見かけません。

ラジオやテレビでは、ソンクラーンに関する注意を流しています。
お酒を飲んで車やバイクを運転しないとか、
特にチェンマイでは、チェンマイの伝統的な衣装を身につけ、
チェンマイの方言でツーリストをお迎えしようと呼びかけています。
お堀の周りではアルコール類を販売しないようにと
キャンペーンをしていますが、必ず売る人間がいて、
酔っぱらいで溢れてしまいます。
お正月、お祭りにお酒を飲むのは構わないですが、
やはり限度というのか、お酒は楽しくないといけません。
酔っぱらって集団でケンカしたり、お堀に飛び込んで溺死する、
というニュースが毎年のように絶えません。

今年から、上の子も友達とお堀の周りへ水かけに行くと言っています。
親としてはものすごく心配ですが、チェンマイに生まれた以上、
一つの通過儀礼のようなもので、体験しておいた方がいいのかな、
とも思っています。でも、心配なことには変わりありません。
関連記事

| なんでも風物詩 | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

健康診断

年に1度の健康診断に行ってきました。
会社勤めをしておらず、自営業なので、
自分で決めて定期検診をするようになって3年目になります。
私、連れ合い、義母の3人で出かけました。

前日の夜8時から、水も含めて、一切食べ物を口にせず、
当日の検査に挑みました。
体重、身長の測定から始まり、血圧、採尿、採血、
レントゲン撮影、心電図と、約1時間弱で終わりました。
検査項目は、10項目以上にのぼります。

去年は、すべての検査結果が出るまでに2日間かかったのですが、
今年から、午後には結果がわかるようになったので、
聞きに来てくださいとのことでした。
私は用事があって行けなかったのですが、
連れ合いが聞きに行ったところ、
検査結果は、3人とも特に大きな問題はなかったようです。

ただ、私の尿検査で、タンパク質が出たそうです。
検査日の朝、病院でなかなかおしっこがでなくて、
絞り出したのが悪かったのか、と疑ってはみたのですが。
え~、再検査か??と思いながら、インターネットで調べてみました。

腎臓の機能低下、または疲労、おもい風邪などが考えられます。
それともう一つ、気になる記述を発見しました。
前日に焼き肉などをたくさん食べたりすると……、
そう言えば、前日の夜は自宅で「タイスキ」をしました。
それかも知れません。
いや、きっとあのタイスキの肉に違いないでしょう。

それと去年より体重が増えていたので、
運動をすること、お菓子などの甘いものを控えるようにとのことでした。
この年齢になると、健康が一番です。
関連記事

| 健康なこと | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そろそろ買い出し

タイの正月であるソンクラーンが近づいてきました。
本来は13日から15日までですが、
どうも今年は12日の土曜日から20日の日曜日ぐらいまで、
お祭り気分が続きそうです。

お祖母ちゃんがチェンマイに出てきたので、
一緒にソンクラーン用に買い出しに出かけました。
期間中の来客に振る舞うお菓子やジュースに始まって、
あれこれ必要な物を買ってきました。
「ダム・フア・プーヤイ」と言って、親戚や村の中の年長者に
あいさつに回る習わしがあるのですが、
その際に渡す洗剤、マッチなども準備していました。

それでも一度には買い切れず、
私たちが連れ合いの実家に帰省する直前に、
マンゴーやお菓子、アルコールなどを仕入れることになります。

子供たちにとっての必需品は「水鉄砲」です。
ソンクラーンでは、水をかけ合って新年を祝うのですが、
子供たちにとっては、年に1度の水かけ大会のようなものです。
この時期は、子供であろうと大人であろうと、
それが警察官であろうと、笑いながら水をかけることができます。
この水鉄砲、1シーズンしか使えません。
子供の使い方が荒いのか、作りがちゃちなのか、
すぐに壊れて、毎年買い換える羽目になります。
1日目や2日目に水鉄砲が壊れた年には、
その後はバケツに頼るしかありません。

デパートや大型スーパーにはソンクラーン用品コーナーが設けられ、
水鉄砲やバケツ、派手な色のアロハシャツも並びます。
私もこの時期だけ、大きな花柄のアロハシャツを着ることになります。
関連記事

| なんでも風物詩 | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年も出家

去年に続いて、今年も知っている子供たち3人が出家しました。
普段からお手伝いしているNGOの施設で暮らす子供たちです。
タイでは、この3月末から5月中旬にかけては、
学校の長期休み、夏休みに当たります。
その期間を如何に過ごすかというのは、
どこの家庭でも頭を悩ませる問題なのです。
そこで、この時期、一時的に出家をし、
お寺で仏教や道徳、規律を学ぼうというものです。

出家の期間は1ヶ月にわたり、小僧と言えども
朝早くから起床し、仏教の戒律を守らなければなりません。

P1040575.jpg

儀式が始まる前、白い服を身にまとった子供たちが、
アイスクリームを買っていました。

今年は全員で76名、近隣の村から子供たち、
そしてその子の両親や親戚一同が集まってきていました。

P1040590.jpg

儀式は朝の9時過ぎから夕方の4時頃まで続くとのことだったので、
出家費用の一部を寄付して、お昼前には失礼し、
儀式を最後まで見届けることはできませんでしたが、
後はNGOのスタッフにお任せしてきました。

今年はうちの息子二人を連れて家族で出かけました。
本当は、上の子にも出家して欲しいところですが、
本人はなかなかうんと言いません。
学校の鼓笛隊の練習もあるし、ゲームをしたいし、
何と言ってもお寺はお化けが怖いようです。
予行演習を兼ねて、出家式を見せておきたかったのですが、
子供たちは、屋台のお店に夢中になっていました。

P1040578.jpg

バイクの荷台に手製のルーレットがついており、
1バーツを投入し、ボタンを押すと数字の前で針金が止まります。
1~6までの数字があり、止まった数字の数だけお菓子がもらえます。
うまくてできているもので、1が多く、よく止まるようになっています。
うちの子は20バーツぐらい投資して、1度に6個なども当てていました。

上の子は、父の日に出家すると言っていましたが、どうでしょうか。
関連記事

| なんでも風物詩 | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本当にさびれたの?

暑さに耐えられなくなり、家族でプールへ出かけることにしました。
近所の高級??分譲住宅地内にあるプールですが、
昔、何度か利用したことがありました。
何年かぶりで出かけてみると、入り口のところで守衛さんに止められ、
免許証を預けようとしたのですが、最近は外部の人はプールが
利用できなくなったと告げられ、引き返すことになりました。
しかし、タオルや着替えも用意してきたし、
このまますんなり家に戻るのも癪なので、
どこかへ遊びに行こうということになりました。

実のところは、この時点で運転者の私は、既に泳ぐ気もなく、
家に帰ってもよかったのですが、他の者が納得しません。
そこで、これまた何年かぶりで少し離れ「フアイトゥンタオ」という
大きな貯水池へ思いついたように出かけました。

P1040570.jpg

タイのお正月のソンクラーンが近く、
子供たちも長期休みに入っている土曜日の割には、
人が少なくて驚いてしまいました。
少し天気が曇っていましたが、
昔はもっと多くの人で賑わっていたのに。

このさびれようはどうしたのかと不思議に感じながらも、
せっかく来たのだからと湖畔の東屋で夕食をとりました。
ゴロンと寝転がる両親を尻目に、子供二人は服のままで
水遊びに興じていました。

P1040572.jpg

いつもは、夕方になると宴会組が多いのですが。

この人の少なさと活気のなさについて、連れ合いと協議した結果、
「12日からのソンクラーンにそなえて、今は出費を控えている」
「暑いので、みんなクーラーの効いた涼しいデパートなどに行っている」
というような理由ではないかということに落ち着くました。

本番のソンクラーンには、本当に多くの人で賑わうのかな。
関連記事

| チェンマイって | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自転車の修理

少し気になりだしたお腹を引っ込めるために
自転車を購入して、もうどのぐらい経つでしょうか。
いつの間にか、上の息子のものになっています。
今日も自転車で鼓笛隊の練習とかで、学校に出かけて行きました。
私は、ちょっとコンビニまで乗ったりするぐらいで、
最近はもっぱらバイクばかりです。
まあ、これだけ暑いと汗をかきながら自転車に乗る気になれません。

子供の運転が荒いのか、変速機が壊れてしまいました。
自転車を買った近所の店では、応急の修理しかできません。
仕方ないので、自分で直すことにしたのですが、
部品を求めて、チェンマイで大きな市場まで出かけました。
買った時からついていた日本製の「SHIMANO」を探したのですが、
なかなか見つからず、結局、よく似た名前の安物にしました。
メーカー名は「SAIGUAN」、やはり中国製でしょうか。
結局、変速機の部品をそのまま交換する羽目になってしまいました。

それでも今のところ何とか無事に動いています。
息子は12段や18段ギアが欲しいとかぬかしていますが、
自分で修理できないようでは、当分無理でしょう。
そうこうしているうちに、上の子はバイクに乗るようになるんでしょうね。
関連記事

| 家族のこと | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本格的になって

4月に入り、毎日、暑い日が続いています。
最高気温は40℃に迫る勢いです。

バイクに乗っている人は、この暑さの中でも長袖を着ています。
強烈な日差しから肌を守るためです。
走っている間はいいのですが、信号待ちなどで停まると
きっと暑くてたまらないでしょう。

この暑さでも鮮やかな花を咲かせている木があります。

P1040565.jpg

英語ではゴールデンシャワーといいますが、
タイ語ではラーチャプルック。(チャイヤプルック)
それぞれ「王の樹」(勝利の樹)という意味があり、
タイの国花でもあります。

P1040567.jpg

乾いた空気に鮮やかな黄色の花の房が映えます。

夜になってもあまり気温が下がらないので、
寝苦しい日が続いています。
関連記事

| 日常の風景 | 08:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事を断って

知り合いの方から、翻訳の仕事が回ってきました。
タイ語から日本語なので、特に問題はありません。

でも、売買契約書であれこれと付帯記載が多く、枚数も多い。
その上に、締め切りまであまり時間がない。

せっかく声をかけてくれた知人には申し訳ないのですが、
やはり、自分を追い込みたくないので、お断りしました。
他にもいろいろ用事が溜まっているので、
欲をだして、情に流されて仕事を受けてしまうと、
後で苦戦して、後悔してしまうことになりかねません。

翻訳は、どうしてもパソコンに向かっての作業になります。
それより、通訳として外に出て行く方が好きですし、
人を相手にしている方が楽しいです。

でも、机の上には、翻訳しなければならない書類が残っており、
好き嫌いに関係なく、こちらの方は片づけなければなりません。
関連記事

| 通訳とか翻訳 | 09:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

泣ける話

今朝、テレビのニュースを見ていたら、
思わず釘付けになってしまいました。
最初は、何かよくわからなかったのですが、
亡くなった女性の身の上を聞いていくうちに、
どんどん涙腺が緩んできました。

タイでも日本で昔やっていた「スター誕生」のような番組があります。
今回が4回目で、過去にはチェンマイからもスターが生まれました。
彼女はその番組で最終候補の8人に残っていたのですが、
白血病が再発し決勝を辞退し、入院して治療していたのですが、
3月31日、病院で息を引き取ったそうです。
一度12才の時に病気を知り、治療を行い治った思っていたのが、
また再発し、わずか20才で一生を終えました。

この女の子の生い立ちや人生を知ると、泣けてきます。
貧しい家庭に生まれ、5人兄弟の長女として、
下の子の面倒をみながら両親を助けてきました。
経済的な理由から小学校も5年生までしか通っていません。
母親は娘の白血病の治療費を得るために、
覚醒剤の売買に手を出し、現在刑務所に入っています。
その後は、父親が一人で面倒を見てきたのですが、
家族を助けるために自分の好きな歌で歌手を目指し、
「The Star」という番組に応募しました。
もう少しで夢が叶いそうだったのに残念です。

病院で息を引き取る際も、
最後は、父親や下の子、母親のことを気遣っていたそうです。
母親は2年と少しの刑期を終え、
7月下旬には出所する予定だったのですが、
娘の最後を見届けることができませんでした。

しばらくはこの関連のニュースが続きそうです。
全く知らない人ですが、やりきれないほど悲しい話です。

≫ Read More

関連記事

| 巷の世間話 | 08:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々に映画

この前の日曜日に久々に映画を見に行きました。

特にどれを見ようと決めていたわけではないのですが、映画館に行ってから上映時間を見比べながら、タイの映画を選びました。

その映画は、どう見ても若者向けの映画で、この長期休暇(夏休み)に起こる4組のラブストーリーが、それぞれ展開していくというものでした。
あまり期待はしていなかったのですが、そこそこに切なくて、余韻が残って、おもしろかったです。

日本の女優も、バックパッカーとして悩ましい役で出演していました。

チェンマイで展開する幼なじみの物語は、チェンマイ方言と見たことのある動物園などが登場して、すごく親近感が涌きました。
いつ頃、ロケしてたんでしょう。全然知りませんでした。

この映画を上の息子と二人で見ました。

他の観客を見渡すと、ちょっと場違いな組合せでしたが、もうどうやら思春期に入ったらしい息子と見たことが、オヤジにとっては大きな意味を持っています。

個人的には、「フェーン・チャン」以来のフォーカスちゃんのちょっとお茶目な役柄が好きですね。金切り声はうるさいですが。
関連記事

| 家族のこと | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。