やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

もう1年か

久しぶりにブログに書き込みをする気になりました。
この何日間、いろいろなことがありましたが、
なぜかそれらを文字にすることができませんでした。

嬉しいかったこと、腹が立ったこと、悲しかったこと、
おもしろかったこと、感じることはたくさんあっても、
それらを文章にして他人に知らせるという思いが、
なかなか涌いてこなかったのです。

よくわからないまま、じゃあ私もブログを始めてみようかと、
手探りで書き出してから、いつの間にか1年が経ちました。
時の経つのは、はやいものです。
振り返ってみても家族ネタが多く、大したこと書いていませんね。

1年が過ぎたのを一つの区切りとして、
これからはもう少しマメに書き込もうかなとも思います。
でも書くためにネタを探すようになってしまったら、
本末転倒ですよね。
チェンマイでの生活を楽しく、充実させる中で、
いろいろ書きたいことが出てくるというのが、自然ですね。

タイやチェンマイのおもしろい情報が得られるわけでも、
読んでいて楽しくなるような文章でもありませんが、
自己満足、独り言のようにもう少し続けてみようと思います。

明日から4月が始まります。
何か新しいことが始まりそうな気がします。
何かを始めてみようという気になってきます。
関連記事

| 近況報告でも | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シルクのシャツ

我が家はチェンマイでも下町にあり、
家の前には車1台通れるかどうかの細い路地があります。
ここをいろいろな物売りの人が通り過ぎて行きます。

アイスクリーム屋さん、中華まん屋さんは、毎度お馴染みです。
ヤクルトおばさんもよく来ますが、
別に注文しているわけではありません。
先日、連れ合いや近所のおばさんが家の前に集まっていました。
何の騒ぎだろうかと、仕事の手を休めて表に出てみると、
タイシルクの生地や服が広げられていました。

P1040422.jpg

タイ東北部のコンケーン県のシルクだそうです。
100バーツ前後でTシャツが買えることを思うと、
そんなに安い値段ではありませんが、なにせ本物のシルクですから。
近所の人と連れ合いのお母さんが生地を買っていました。
知り合いの仕立屋さんで上下の服にしてもらうそうです。
私もシャツを勧められましたが、ちょっと地味かなと買いませんでした。

近所の人もいて、商売中だったので、あまり聞きませんでしたが、
こうやってシルクの行商をして、
1日どのぐらいの売り上げになるのかな。
農閑期に村の女性が織った布を売り歩いているのでしょうか。
今から思うと、いろいろ興味が涌いてくるのですが、
ついつい遠慮して聞きそびれてしまいました。

路地のコンクリートの上に直に置かれたシルクから、
東北タイの養蚕や機織り、そして農家の暮らしが思い出されます。
しばらく行ってないな~。
関連記事

| チェンマイって | 22:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝のタンブン

平日は、毎朝6時過ぎには起きています。
子供たちが6時40分頃、迎えの車で学校に行きます。
学校へ行く準備をしている中で、
おやじだけ寝ているわけにはいきません。
息子たちが出て行ったのを確認し、
ソファーに寝ころびながら朝のTVニュースを見ていると、
いつの間にか気持ちのいい眠りについてしまいます。

昨日、今日と2日間続けて二度寝をせずに、
朝から近くまでタンブンに出かけてきました。
タンブンとはタイ語で「徳を積む」ことですが、
毎朝、近所に托鉢に来る僧侶に
ご飯やおかずなどを喜捨してきました。
うちの連れ合いは毎朝しているそうですが、
私は朝が苦手なので、何か特別な日でないと行きません。
昨日は私の誕生日、今日は知り合いのためにタンブンしました。

2日間とも違う僧侶でしたが、どちらもまだ幼い小坊主さんでした。
食べ物を托鉢の鉢に入れた後、裸足になり跪き、
僧侶にお経を唱えてもらいます。
これだけのことですが、
やるのとやらないのでは、精神的に全然違います。

これを毎日やっている連れ合いには頭が下がる思いです。
関連記事

| 日常の風景 | 14:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西洋風な花園

本当に何年ぶりかでキッサダー・ドーイに行ってきました。
そこはリゾートホテル?レストラン?
きれいな花々で飾られた場所です。

P1040411.jpg

チェンマイに住み始めた頃は、よく通っていました。
上の子がまだ幼く、ゴザと食料持参でピクニック気分で出かけました。
その当時は、入場料もお手頃でタイ人家族で賑わっていました。

その後、経営者が代わり、入場料が値上がりし、
食べ物の持ち込みが禁止されるようになってから、
すっかりチェンマイ人には見放されたと聞いていました。
実際、私自身も以前のような楽しみ方ができなくなってから、
ほとんど行っていませんでした。

今日は、上議院議員の選挙日、また夕方だったこともありますが、
それにしても日曜日だというのに入場者の少なさを感じました。
特に昔の人気のあった頃を知っているだけに寂しかったです。

P1040418.jpg

まあ、人が少ないと、順番を待たずに写真が撮れるのはいいですが。

今は大人80バーツ、子供50バーツですが、
何気なく連れ合いが「こんな小さな子供も入場料いるの?」と聞くと、
あっさりとまけてくれて、子供はタダになりました。
小学校3年生なんだけどな。
入場料のもとをとらんとばかりに、写真を撮りまくりました。
きれいな花壇の前やヨーロッパ風の建物の前には、
ここで写真を撮ってくださいとばかりに、ベンチが置いてあります。

大きなお世話ですが、もう少し経営方針を変えれば、
入場者も増えると思うのですが…。

P1040398.jpg

関連記事

| チェンマイって | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |