やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2007年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドーンムアン空港

一度チェンマイに戻って、またバンコクに出てきました。

ドーンムアン空港を使ったのですが、タイ航空の搭乗券を提示すると、
無料のバスでラートプラオの地下鉄の駅まで送ってくれます。

夕方の便でしたが、大型バスに乗客は8人だけでした。
30分毎に出発するので、預けた荷物がなかなか出てこないと、
乗り遅れてしまい、30分弱待たなければなりません。
8人だけでもったいなと思いながら、約20分で到着しました。
地下鉄とBTSを乗り継いでホテルの近くまで行けたのですが、
大きな荷物があったので、タクシーを使いました。

今泊まっているホテルは、1泊朝食付き750バーツですが、
ノートPCがあれば、部屋でインターネットLANが無料でやり放題です。
その上、テレビはNHKも見られます。鍵はカード式です。
有料になりますがロビーでもインターネットができます。
3階と4階の階段の踊り場には、コイン式の洗濯機もあります。
ただ、交通の便に関しては、あまりよくありません。

バンコクの移動は本当に時間が読めません。
特に通りや地理、バス路線がわからないと不便で仕方ありません。
まあ、3日間だけの滞在なので、何とかなるでしょう。
関連記事

| 役立つかな | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バンコクの雑踏

今、バンコクのインターネットができる店から書き込んでいます。
周りのタイ人はみんなオンラインゲームばかりで、
中に声の馬鹿でかいのが二人ほどいます。
誰も注意しないし、無関心なのか、本当にうるさいです。
何をゲームにそんな大きな声を出してるんだよ。

久しぶりにバンコクに出てきて、バスやタクシーを乗り継いで
地図を片手に移動をしていると、昔を思い出します。
まだ、タイ語を勉強していた、若い頃のことが蘇ってきます。
その当時と比べると町の様子はすっかり変わっていますが。

スカイトレインや地下鉄ができて便利になり、
これまで何もなかったところにデパートやおしゃれな店ができています。
でもバンコク名物の渋滞は相変わらずです。

バンコクに来て今日で4日目ですが、チェンマイが懐かしいです。
自分にはチェンマイぐらいの規模の町が合ってるんでしょう。

斜め後ろでゲームをしている奴が本当にうるさいです。
親の顔が見てみたい。
関連記事

| やっぱ気になる | 17:45 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

先生の日

この土曜日に子供の日があったかと思えば、
明日は「先生の日」で、学校も休みになるそうです。
子供たちは大喜びですが、家でゴロゴロしないでね。
まあ、上の子は鼓笛隊の練習に行くそうですが、
下の子は、一体何をするのやら。
関連記事

| 日常の風景 | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ語の文章

ここ数日、タイ語の資料を目にする機会が多いです。
日本語への翻訳ではないので、そのままタイ語で
理解しているという感じです。

タイ語は一つの文章が長くて、日本語のように句読点がないので、
文や句の切れ目がわかりにくいと、よく言われます
実際、関係代名詞や修飾節がどこまでかかっているのか、
一読しただけでは、スッと頭に入ってこないこともよくあります。
また文の構成や語順の違いにより、文末から訳すことになります。

そんな訳で、タイ語の資料を読むには、結構時間がかかります。
日本語に訳すとなると、一度かなり大まかに筋を訳してから、
その後の校正や自然な表現にする方が時間がかかってしまいます。

日本語もそうですが、同じ意味、またはよく似た意味でも
場面や状況によって単語を使い分けています。
そこで同義語辞書なるものが必要になってきます。
タイ語も同じような意味なのに、いくつかの単語を使い分けています。
さすがにその使い分けに関しては、厳密には理解していません。
多分、ニュアンスのレベルでの違いだと推測するのですが、
そこまで来るとネイティブのタイ人に聞くしかありません。
ただ、どの単語を使うかというのは、その人の好みや癖もあり、
聞く人によって、明確な使い分けの回答がないこともあります。

日本語も難しいですが、タイ語にはまた違った難しさを感じます。

最近は、少し老眼が始まってきたのか、
細かな文字を読むのが辛くなってきました。
ましてや改行も少なく、単語の固まりのような
細かなタイ語文字の資料を手に取ると、
それだけで半分ぐらいヤル気が失せてしまいます。
特にホームページなどのタイ文字は、
拡大しないと読みにくくて仕方ありません。

泣き言はこのぐらいにして、
もう少しタイ語の資料に目を通しておきます。
関連記事

| 通訳とか翻訳 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

若返り

「何かの賭で負けたんでしょう。」
ヒゲのない私に向かって、知人からの一言です。
中には「若くなりましたね。」と言ってくれる人もいましたが、
「いつもと違うので何だか変な感じ。」と吹き出す人もいました。
まあ元に戻すかどうかの決断は、もう少し反応をみようと思います。

夜の番組で、カンチャナブリ県にある
「子どもの村学園」が放映されました。
イギリスのフリースクールである「サマーヒル」の思想を取り入れ、
孤児や虐待を受けた子供たちを受け入れている寄宿制の学校です。

ここで約1年半ぐらいボランティアをしていたことが、
今自分がタイで暮らすきっかけであり、原点のようなものです。
さすがにもう18年も昔のことなので知っている子供はいませんが、
当時幼かった女の子達が、今は先生となっていました。
施設内の風景、そして夕方によく水浴びをしたクワーイ川の風景は
昔のままで、あの頃のことを懐かしく思い出しました。

実際にあそこで暮らしてみると、
番組ではわからないような問題もたくさんあります。
それでも、私にとっての「子どもの村学園」は大切な場所の一つです。
数年ぶりに行ってみたくなりました。

知り合いの先生は、こんな風にインタビューに答えていました。
「自由というのは何をしてもいいということではなく、
共同で暮らす中で他人の自由を侵さないということが大切です。」

≫ Read More

関連記事

| あれこれ思う | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子供の日

日本では5月5日が「子供の日」ですが、
タイでは、毎年1月の第2土曜日と決められています。

2日にガラヤニ王女がお亡くなりになられてから、
国民も喪に服すといういうことで、
コンサートなどのイベントが自粛されているそうですが、
今年の「子供の日」も様々な場所でイベントが行われていました。

これまでは二人の息子を連れて家族で出かけていたのですが、
今年は、上の息子から「友達と遊びに行くからね!」と告げられました。
いずれそういう時期が来るとは思っていたし、
もう中学生なので、友達と出かけたいという気持ちは良くわかります。
でもオヤジとしては、少し寂しさも感じます。
私より連れ合いの方は心配性のようで、最後まで渋っていました。
結局、上の子は、友達とデパートで待ち合わせて
みんなでカラオケを楽しんできたそうです。

残ったのは下の子をいれて3人ということで、
車ではなくバイクで移動が可能になりました。
そこで、チェンマイに住み始めてから十年ちょっと、
噂だけで一度も行ったことがなかった空軍基地へ行きました。
チェンマイ国際空港の隣の敷地です。

P1040243.jpg

初めてでしたが、今年は地味で人出も少ないと予想していましたが、
思ったよりたくさんの人が来ていました。
飛行機に触ったり、操縦席に乗せてもらったり、航空ショーがあったり、
いろいろな出店が並んでいました。
おっと、たこ焼き屋が出ていたので試しに買ってみました。
タイ語で「たこ焼き」と書かれていますが、
具は「たこ」「えび」「カニかま」の3種類がありました。

P1040244.jpg

10バーツで4個入っていましたが、
日本のたこ焼きとは程遠く、生地も甘くてお菓子のようでした。
おばさんがたこ焼きをひっくり返すのに使っていたのは、
何と+のドライバーでした。

その後は、空港近くのデパートに寄りました。
こんな感じでゲームなどをして、ただでお菓子や文房具を配ります。
やはり同業者としては「輪投げ」が気になるところです。

P1040249.jpg

ステージの上では見たこともないアニメ番組の宣伝をしていました。

P1040250.jpg

こうして今年の「子供の日」も終わっていきましたが、
今日を境に上の子は友達と遊びに行くようになるんでしょうね。

≫ Read More

関連記事

| なんでも風物詩 | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やよい軒

チェンマイにあるエアポートプラザの4階に
「やよい軒」という日本食レストランがオープンしています。
去年のいつだったか一度家族で食事をしたことがあります。
味はまあまあで、ポップで明るい色彩の内装が印象に残っています。
経営がMKスキと書かれていましたが、
あまり気にとめていませんでした。

あるメールマガジンを読んでいたら、
日本にもMKスキがあるという記事がありました。
福岡にあるという噂は聞いていたのですが、
2月下旬に首都圏に進出するそうです。
MKを日本で運営しているのは、
プレナスという東証1部上場の企業らしいのですが、
日本では「ほっかほっか亭」や「やよい軒」などの
フランチャイズ店を運営していると書かれているではないですか。

ここで初めてチェンマイの「やよい軒」とMKスキがつながりました。
日本には「やよい軒」という店があったんだ、と初めて知りました。

そう言えば、以前に食事した際10%の割引券をもらったなと
探し出して読み返してみると、カードの裏にタイ語で
「やよい軒」の店名の由来が書かれていました。
タイ語の説明には当時の大臣も常連客だったと書かれています。

じゃあ、久しぶりに割引券を使って食事に行こうかなとよく見ると、
残念かな大晦日の日で期限切れでした。
関連記事

| 食べられるもの | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近所付き合い

私の住んでいるところでは、チェンマイでもかなり下町になります。
一応、チェンマイ市内なので、ゴミの回収車も回ってきますが、
10数年以上も前に低所得者層向けに開発された住宅街なので、
間取りも狭く、家がくっついてごちゃごちゃしています。

先日もいきなり朝から断水でした。
事前のお知らせなんかはありませんが、誰も文句をいいません。
どこかで工事か水道管でも破裂したんだろうといった感じです。
夕方になると、また水が使えるようになりますが、
結局、断水の理由はわからないままです。

私の住んでいる家も平屋で隣の家と壁が共有になります。
壁が共有ということは、側面には窓がありません。
入り口を入ると奥行きがあるというのか、本当に「うなぎの寝床」です。
でも、料理を作ると近所どうしてお裾分けがあったり、
夕方になると家の前の路地で井戸端会議が始まります。
いつの間にか近所の3才の子が、
仕事部屋まで入って来ていることもあります。
去年、歩いて5分もかからないところにセブンイレブンもでき、
この住宅地内にはいろいろな店があって、割と便利なところです。

ただ、ここができた当時、車を所有している人が少なかったので、
駐車場や駐車スペースが確保されていません。
みんな空き地や近くに停めていますが、
イタズラをされたり、キズをつけられたりと困ったものです。
以前にはドアのカギをこじ開けられそうになったことや
タイヤの空気を抜かれたこともあります。

それがどうも近所の人の仕業ではないかという噂になっています。
証拠はないのですが、複数の人の意見によると、
絶対にあの人が怪しいそうです。
実際、過去にもいろいろエピソードがあるようです。
この辺には近所付き合いが残っていて気に入っていたのですが、
最近、車のイタズラの件で、ちょっと滅入っています。
関連記事

| 日常の風景 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お寺巡り

新年の休みが短かったので、
この週末に家族旅行に行ってきました。
自分で車を運転していけるところとなると、かなり地域が限定され、
北タイはだいたい行ったことがあるので、
今回は思いつきでナーン県に1泊2日で行ってきました。

タイ人と観光に行くとなると「お寺」は外すことができません。
というか、お寺ばっかり回って、タンブン(徳を積む)してきました。
たくさん徳を積んでおくと、何か困ったことや問題に直面した時に、
その徳を使って解決することができるそうです。
私もここぞとばかりにまとめて徳を積んできました。

ナーン県の市内中心部から近いところにある600年以上になる
仏舎利塔に参拝に行きました。

P1040178.jpg

ここは兎年生まれの人のお寺ということで、
下の息子が小さな兎の置物を買ってお供えしていました。

市内の外れにある小高い山の上のお寺にも寄りました。
車で上まで行けるのですが、市内が見渡せてきれいでした。

P1040203.jpg

この他にも5ヶ所のお寺にお参りに行きました。
せっかくここまで来たんだから、寄って行こうというノリです。
それぞれのお寺ごとに雰囲気や仏像様の顔も違って、
かなり興味深かったです。
本堂の中にこんな壁画も残っていました。

P1040189.jpg

運転手は居眠りすることもできずに疲れました。

≫ Read More

関連記事

| 家族のこと | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おいしい豚肉

大晦日に連れ合いの親戚の農場に行った際に、
こんな豚肉の料理法を見ました。初めてです。

P1040153.jpg
P1040154.jpg

直接網の上で焼くのではなく、蒸し焼きにするというものです。

写真を見ての通り、素焼きの大きな瓶の中に七輪を入れ、
その中で炭に火をつけます。
もちろん、蒸し焼きの時は瓶にフタをしています。

いやー、柔らかくておいしかったです。
ただ、じゃあ家でもやってみようかという気にはなれません。
広い場所があり、たくさんの人が集まる時でないと難しいです。
それに時間をかけてゆっくり蒸し上げるので、
野外でのパーティーや宴会に適しているでしょう。

あのおいしかった豚肉、今度はいつ口にすることができるやら。
関連記事

| 食べられるもの | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT