やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パロン族

日本から来た知人を案内して山岳民族の村へ行きました。
日程や時間の関係で、チェンダーオ郡にある
比較的行きやすい村を訪ねました。
ここは、トレッキングのコースになっていたり、
観光ガイドがよく旅行者を連れて来るので有名なところです。
そんなに山岳部ではないのですが、1本の道路沿いに
奥からカレン族、リス族、アカ族の村があり、
手前にはパロン族の村があります。

タイ国内には、確かパロン族の村は3ヶ所ぐらいしかなかったと、
聞いたことがあるのですが、もともとはミャンマーに住んでいました。

実は、この村には数年前にタイNGOのコーディネートで、
学生と一緒にホームステイをしたことがあるのですが、
その変貌ぶりに驚かされました。
その当時から、女性達は手工芸品をお土産として売っていましたが、
今では、それぞれの名前が書かれた販売スペースができていました。
村の様子もすっかり変わっていました。

P1020863.jpg

この村にホームステイした際に、以前の村長さんから、
女性達の民族衣装にまつわる言い伝えを聞いたことがあります。
どうしてミャンマーの村を捨てて、タイまで移って来たかを
ロウソクの灯の下で耳を傾けた昔を思い出しました。

村や人々の考え方、価値観が変わっていくのは当然のことです。
積極的に観光客を取り入れることで、現金収入が得られます。
それで、本当に村の人の暮らしがよくなったのでしょうか。
以前の村長さんは、その当時でさえこんな風に語っていました。
「確かに観光で現金収入が村に落ちるようになった。
でもガイドが特定の村人の家だけを利用するので、
村の中で貧富の差ができ、昔のような助け合いの気持ちが
薄れていくのが心配だよ。」

もし機会があったら、何年かぶりに
この村にホームステイをしてみたくなりました。
関連記事

| チェンマイって | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新憲法草案

午前中から映画を見に行ってきたので、
午後に家に帰ってくると、ポストの中に小冊子が入っていました。
今日は日曜日なのに誰が配達したのでしょうか。

この8月19日(日)に国民投票で是非が問われる
新憲法の内容が書かれた広報用の冊子でした。
確かニュースでは、この本をタイの全戸に
無料で配布すると言っていましたが、
たとえ受け取っても、みんな中身を読むのかな?という感じです。
もっと、イラストやマンガを使って、前の憲法との違いや、
今回の憲法の特色を強調しないと、ちょっととっつきにくいですね。
年内の総選挙を望む人の中には、内容は読んでいないけれども、
賛成票を投票する人もいると思います。
というか、実際にどの程度の人が国民投票に出かけるのでしょうか。

この新憲法に反対票を投じようというキャンペーンもあるようです。
もしこの新憲法が通らなくても、
年内中に総選挙は行われるとも言われていますが、どうなんでしょう。

ちなみに、この小冊子の裏表紙が、
国民投票の投票用紙の見本になっています。
関連記事

| 巷の世間話 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またもや映画

1年も経たないうちにまたもや映画を見に行きました。

今回も息子二人だけ連れて、連れ合いは適当に時間を潰していました。
前回の教訓を生かして、絶対にポップコーンセットは買わないぞ、
と心に決めていたのですが、結局、1セットだけ、
値段を確認してから買ってしまいました。

ハリーポッターを見たのですが、息子たちは前作をビデオで
見ているようで、登場人物もわかっているようですが、
私は、いきなりなので、眼鏡かけている子が
ハリーポッターというのは、わかりましたが、
他の登場人物はほとんどわかりませんでした。
まあ、それなりに楽しかったですが。
主人公のキスシーンでは、観客の中から少しざわめきがありましたが、
あれは、どういう意味だったんでしょう。
ファンだった子が、「えー、ショック~!」という反応でしょうか。

結局、下の子は、4回もトイレに走っていましたが、
今回はオヤジはついていかず、一人で行かせました。

次回は、何ヶ月後になるんでしょうか。
関連記事

| 家族のこと | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムーカタ

昨夜は、久しぶりにムーカタ(焼き肉??)を食べに行きました。
野菜や肉だけではなく、エビもあり、お菓子やアイスクリームまで
食べ放題の上に、正面ステージでは歌謡、お笑いショーありです。

サンカンペーンの子供の家のスタッフ、子供たちと一緒でした。
ある日本人スタッフの誕生日祝いを兼ねて、みんなにご馳走です。
タイでは、誕生日の本人がおごることによって、
より大きな徳を積むことができると言われています。

みんなすごい量を食べていましたが、メインの焼き肉やエビより、
その他のフライドチキンやおかず系に走っている子もいました。
なぜか自分で食パンを焼いて食べるのが、流行っていました。

満腹になった頃に、バースデーケーキにロウソクを立て、
ステージのバンドがハッピーバースデーを奏でてくれる中、
一気にロウソクを吹き消しました。
お腹一杯と言いながらも、切り分けられたケーキを食べていました。
何だかんだ言って、かれこれ3時間もそこにいました。

チェンマイ市内のストリートチルドレンですが、
どうして山岳民族の中でもアカ族が多いのでしょうか。
カレン族やラフ族、モン族の人たちも市内で暮らしていますが、
夜中に花を売り歩いたり、物乞いをしている人を見かけません。

このNGOの設立は1997年で、それ以前から活動があったので、
10年以上、もっと以前から、市内ではアカ族の人が
花を売っていたことになります。
スタッフや何人かの知人に聞いてみると、
すでに花売りなどの仕事をしていたアカ族の知人を頼って、
山の村やメーサーイの対岸、ビルマ側から移って来たようです。
もともと自分の土地を持たなかったり、移動を繰り返す中で、
現金収入を求めて、口コミでチェンマイ市内に流れてきたのでしょう。
どうして花売りなのでしょうか。
元手が少なく、すぐに始められたからかも知れません。
市内で暮らすアカ族にも、別の仕事に就いているグループもあります。
同じアカ族でも、ナイトバザール周辺で、
民族衣装を着てお土産品を売っている人たちと、
花を売っている人たちとでは、出身地も背景も全然違います。

私自身は山岳民族の調査や研究をしている訳ではないので、
それぞれの民族について詳しい知識を持っていません。
もしかしたら、各民族に伝わる“言い伝え”や“価値観”が、
出稼ぎに出てきた市内での仕事の選択や生活パターンにも
影響を及ぼしているのかも知れません。どうなんでしょうか。
関連記事

| これもボランティア | 00:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車輌税

もう少しで忘れるところでした。

自動車のフロントガラスの左端(だいたいの人はここ)に
1年間の車輌税を納付しましたよ、という四角いシールがあります。
仏暦で2550年の何月までと大きく書かれています。

今日、近くの陸運局へ行って、車輌税を払ってきました。
うちの車は中古で購入しており、登録されてから8年目になります。
7年までは検査が必要ないのですが、今年から納税前には車検です。
車検と言っても日本のそれとは比べ物にならないぐらい、
わずか10分程度、150バーツで終わってしまいました。
ライトの点灯やブレーキ、排気ガスの黒煙などを検査したようです。

納税もドライブスルーというのですか、車から降りずに
書類を差し出せば、5分もかからずに支払いが済みました。
うちの車は、ピックアップの4ドア(ダブルキャブ)なので、
車種としては乗用車扱いになり、ナンバーの文字は黒色で、
年間3,000バーツほどの税金がかかります。
これが、荷台に屋根を取り付け、人が乗れるようになっていると、
ナンバーの文字は青色で、税金も安くなるそうです。
以前は青色だったのですが、荷台に屋根をつけずに走っていて、
しっかり罰金を取られてから、今の黒色に変えました。

そう言えば、バイクの税金はいつまでだったかな~。
関連記事

| 役立つかな | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どこにも出ず

今日は、1日どこにも行かず、家で仕事をしていました。
ずっと仕事かと言うと、仕事じゃない用事というのか、
まあ、いろいろありまして、いつの間にか1日が終わろうとしています。

ところで、6月24日にあったチェンマイ市長選ですが、どうも、まだチェンマイ選挙管理委員会が、正式に選挙結果を承認していないようです。もうあれから3週間も経つのに、未だに新市長が宙に浮いた状態です。地方政治の勢力争いなどもあり、もう少しもめそうな雰囲気で、最悪の場合、再選挙ということもあるかもしれません。

そんなチェンマイ市ですが、最近、チャンプアック門近くにある噴水が撤去されたそうです。もしかして、まだかな。市民から、通行の邪魔だという苦情があったとも言われていますが、風水?方位学?の関係上、縁起が悪いというのが、本当の理由らしいです。北に面するチャンプアック門は、人を含めてあらゆるモノが出入りする場所なので、そこに噴水を造ったことで、流れが悪くなり、チェンマイ市にとって良くないそうです。これは、うちの近所の交差点の貝のオブジェと同じ人が占ったそうです。どうやらマジのようです。

市内から少し離れると、田植えが行われています。その一方で、乾季米の収穫が終わっていないところもあり、この季節、運さえ良ければ、車を東西に走らせると田植えから稲刈りまで見ることができます。

知人のリゾート施設の一角に素敵な場所を見つけました。

P1020773.jpg

少し田んぼにせり出したこのイスに座り、まだ涼しい早朝に熱いコーヒーを飲むのも素敵でしょうね。いつか、こんな場所に暮らしてみたいものです。
関連記事

| あれこれ思う | 22:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

59th 緑の家ボランティア

土曜日に、またまたサンカンペーンの子供の家へ行って来ました。
チェンマイ在住の知人への呼びかけが遅くなってしまい、
結局、日本人はいつものメンバー、3名の参加でした。

今、この施設で暮らす子供は、24名です。
つい先日、新しく4才の女の子が入ってきました。
ほとんどの子が山岳民族のアカ族です。
兄弟も何組かいますが、それぞれの子供たちが
ここに来るまでの経緯は様々です。
市内のナイトバザールで夜遅くまで花を売ったり、
物乞いをしていたストリートチルドレンもいます。
ビルマとの国境の町、メーサーイから来た子もいます。
両親がいない子もいれば、親が市内のスラムで暮らしながら、
花を売ったり、日雇い労働をしているケースもあります。

この日は、午前中はみんなで草をとりきれいにしました。
昼食後は、色鉛筆や絵の具や使って絵を描きました。
夕方には、近くの用水路に水遊びに行きました。
あっという間に楽しい1日が過ぎていきました。

朝からずっと竹製のベンチで寝ていた犬。

20070715212421.jpg

すごく気持ちよさそうです。

こんな感じで、みんなで草をとってきれいに掃除しました。

20070715212444.jpg

後方に見えるのが男の子たちの家です。

この日は用水路の水も多く、見ている方はヒヤヒヤでした。

20070715212531.jpg

橋の上から一回転してダイビングするんですが、みんな逞しいです。

≫ Read More

関連記事

| これもボランティア | 23:43 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子象だぞう!

チェンマイと言えば、象ですか。やっぱり。

もう数年も前になりますが、日本の動物園の職員の方と、
象を求めて、バンコクの動物園から始まり、カオヤイ国立公園へ
野生の象を探しに行き、数日間でタイを縦断したことがあります。
東北タイのスリン県では、象使いの家にも泊めてもらいました。
その家の軒先には、タイの映画やコマーシャルにも出演した
象牙の美しいオス象が繋がれていました。
ランパーン県では、王室から預かっているという白象を
特別に見せてもらいました。
また地雷を踏んだ象、モタラにも会いに行きました。

先日、かわいい子象を見かけました。
母象の側にいたのですが、繋がれてはいませんでした。

P1020740.jpg

見たところ、まだ生後1年は経っていないように思います。
私を見つけると、興味津々で近づいてきました。

P1020741.jpg

すぐ目の前まで来ると、ふざけて頭で押してくるのですが、
まともに受けてしまうと、その力にはかないません。
写真を撮ってひらりと避けると、別の方に歩いていきました。

日本では、子象にこれほど近づくことはできないでしょう。
タイでも、どこでも子象が見られて触れる訳ではありません。
2年の妊娠期間を経て生まれた子象は、しばらくは母乳で育ちます。
偶然見かけた子象ですが、やっぱりかわいいですね。
関連記事

| 生きているもの | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

他にもあった

我が家は蚊帳を使っているので、ほとんど蚊取り線香を使いません。
チェンマイの市場で見つけた陶器の蚊取り線香入れですが、
もう少しおしゃれなタイプを見つけました。

P1020767.jpg

形状はブタでも象でもないのですが、焼きがしっかりしています。
残念ながら、見つけたのは売り物ではなく、
あるホテルの寝室の入り口に置いてあったものです。
もしかしたら、特別オーダーなのかも知れません。
フタを開けてみると煙のヤニで真っ黒でした。

探せば、他にもいろんなタイプがありそうな気がしてきました。
関連記事

| チェンマイって | 01:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年は洪水?

今年は雨が多く、洪水になるだろうと言われています。

近所に出現した水位計ですが、
最近になって目盛が書き込まれました。

P1020769.jpg

これは、ナワラット橋脇のP1と呼ばれる水位観測地点を基準にし、
その地点との比較で水位を表すものです。
2年前には、そのP1で4.9mを記録し、家の中まで浸水しました。
確か4m前後が、ピン川の水が溢れ出す危険水位だったと思います。
目盛の4.2mでこの高さまで来るのかと思うと、頭が痛くなります。
この水位計ですが、場所によって土地の高さが違うので、
水位の数字も変えてあります。
やっぱり、今年は洪水になりそうな予感がします。
関連記事

| チェンマイって | 00:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT