やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

またもや歯医者

なんて歯が弱いんでしょう。また虫歯です。
デンタルフロスで歯をきれいにしていたら、
最近引っかかるので変だなと思っていたのですが、
小さな穴が空いていました。前面からは全く見えませんでした。

これは大変。痛くなる前に歯医者に行かねばと、勇気を出して、
いつもの歯医者さんを訪ねました。あれから約2ヶ月。
いつものように診察台に横になると、女医さんに
「どうしましたか。今日は子供は一緒じゃないの?」と聞かれました。
ここは、我が家のかかりつけの歯医者さんです。
子供と一緒に来ていたら、親父が恐がりだということがばれてしまい、
面目丸つぶれです。

あの機械の音はいつ聞いてもいやなものです。
まだ痛くなくても、神経に触れた時の痛みが蘇ってきて、
体が硬直状態になります。

30分ぐらいで治療は終わりました。
麻酔は使わずに我慢しましたが、結構しみました。
「貴方の歯は本当に弱いわね。もっとしっかり歯磨きしないと。」
と呆れたように、それでいて優しい口調で言われました。
体質や遺伝の関係で、歯がもろく虫歯になりやすいのでしょうか。

一度この先生に治療してもらうと、もう他には行く気がしません。
この人に巡り会っていなかったら、今頃どうなっていたことか。
関連記事

| 健康なこと | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナレースワン

ちょっと旬を外してしまった気もしますが、
つい先日、やっと“ナレースワン大王”の第2部を
レンタルVCDで見ました。

巷で話題になっていた頃は、映画館に足を運ぶこともなく、
あまり関心もなかったのですが、なかなかおもしろいですね。
まず第1部を、やはりレンタルVCDで見てから、
第2部のVCD発売を心待ちにしていたところです。

最初は、歴史的背景や人間関係、王室用語が理解できず、
どうかなと思っていたのですが、第1部の終わりを見て、
これは絶対に第2部を見なければという気になりました。

内容やストーリーには、ここではあまり触れませんが、
映画の中に知人を見つけた時は、うれしくなりました。
「あれ、こんなとこに出てる~!」という感じでした。
日本人の武士役で、結構重要というかおいしい役回りです。
ナレースワン大王からタイ語で命令を受けて、
日本語で答えていたところは、監督の演出かな。
まあ、タイ社会、特にバンコクではかなり有名人で、
いろいろ脇役でタイ映画にも出演しています。
ちょっと前は、テレビのコマーシャルにも出ていました。

“ナレースワン大王”は3部作で、完結編は12月上映予定だそうです。
多分、私の知人は、戦闘で派手に死んでしまうんでしょうね。
当然、本編の結末も気になりますが、個人的には、
日本人の武士の行く末が、とても気になります。
関連記事

| あれこれ思う | 22:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

選挙の結果

聞いた話やテレビのニュースからの情報なので、
中には認識違いの内容が含まれているかも知れません。
その辺も考慮した上で読んで下さい。

チェンマイ市長選は、開票の結果、2番の女性候補が、
前職の元市長に約7,000票の差をつけて当選しました。
今回の投票率は、約60%だったそうです。
ただ、チェンマイの選挙管理委員会から、
今回の選挙結果に関して、まだ正式な承認が出ていないので、
チェンマイに女性市長誕生は、もう少し先になりそうです。
選挙違反があった場合など、その事実関係を調査してから、
選管が正式に選挙結果を承認するようです。

今回トップで当選した女性ですが、選挙管理委員会から
立候補の要件を満たさないと告示されていたそうです。
正確な理由は知りませんが、チェンマイ市に転入してから何日以上
過ぎていないとか、市に税金を納めていないとかのようです。
その後、行政裁判所に申し立てをし、投票日の2日前になって
やっと立候補の要件を満たしているという判決が出たようです。
注意して見ると、女性の大きなポスターの上に、
立候補の権利ありという大きなステッカーが貼られていました。
つまり、選管の判断を裁判所が覆したことになり、
この点が、今後どのように進展するかが注目されるところです。

この女性の姓を見て気づいた方もいるかも知れませんが、
“ナ チェンマイ”といい、地元の名士というのか、
昔の領主の地をひく家系のようです。
配られた女性候補者のパンフレットを真剣に読んでいないので、
詳しい経歴などはわかりませんが、
父親は、これまで野党だった民主党の国会議員だったそうです。
当然、この女性候補者も民主党でしょう。

解党させられた与党の地盤の一つでもあるこのチェンマイで、
民主党の候補が当選したというのは、市内に住む中間層の意識が
変わってきたのかもしれません。
それとも単にポスターやステッカーを使ったイメージ戦略が
功を奏したのでしょうか。

この後、何の混乱もなく、新市長誕生が決まってほしいものです。
関連記事

| チェンマイって | 23:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

息子のギター

中1の息子に、「ギターが欲しい」と前から言われていました。
なんでも学校でギターを習う時間があるらしいのですが、
1人に1台ずつ当たらないようで、なかなか練習できないそうです。
去年は、学校にもたくさんあったようなのですが、
かなりの数のギターが壊れてしまったそうです。

息子の近所の友人がギターを持っているので、
しばらくはそこへ借りに行っていたのですが、やはり不便なようです。
すぐに飽きてしまうのではと思い、買い渋っていたのですが、
本人も本気でやりたいようなので、買ってあげることにしました。

よく考えれば、自分も中学生の頃、ギターに憧れて
買ってもらった記憶があります。
私の場合は、しばらく熱中していたのですが、
結局、上達するまでには至らず、ホコリをかぶっていました。
今さら考えると、もう少し真剣にやっておけば、
その後、いろいろな場で役に立ったのにと思うことはありますが、
そもそも私には音楽方面の才能はないようです。
息子に父親の想いを託してみようかなと。

私たちの頃は、モーリスとかヤマハとかのギターでしたが、
今回は、聞いたこともないメーカーのギター、
2,190バーツので手を打ちました。ピックだけはギブソンですが。

≫ Read More

関連記事

| 家族のこと | 15:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

58th 緑の家ボランティア

23日の土曜日に、サンカンペーンにある子供の家へ行って来ました。
今回は、私を入れて5名の参加でした。
このところ暑い日が続いていて、思いっきり疲れて帰ってきました。

午前中は、施設内の畑で草刈りをしましたが、
その途中でヘビがでてきて、みんなで大騒ぎになりました。
そのまま、夕食のおかずにするのかと思ったら、
遠くへ持って行って捨てていました。毒でもあったのかな。

20070625131516.jpg

午後からは、子供たちと絵を描きました。
と言っても、私は画用紙や色鉛筆、クレヨン、絵の具を準備するだけ、
後は子供たちが自由に絵を描いていました。
子供たちは、普段、色鉛筆を使うことが多いのですが、
この日は、水彩絵の具を使って熱心に描いている子が何人かいました。

20070625131818.jpg

大きな子供たちは、自転車の修理というか、改造にはまっていました。
部品を寄せ集めて、自分好みに仕上げていくのですが、
ほとんどの自転車にはブレーキがついていません。
タイではよくある足ブレーキというやつです。
それでもウィリーをしたり、器用に乗りこなしていました。

20070625131846.jpg

次回は、再来週に行こうかと考えていますが、
もう少し雨でも降って、涼しくなってくれないと体力が持ちません。
関連記事

| これもボランティア | 15:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

選挙の終盤

いよいよチェンマイ市長選が日曜日に迫っています。
各陣営の選挙運動も最後の追い込みに入っているようです。
選挙カーや運動員、ポスターが目立つのは、何と言っても5番。

P1020558.jpg

どうして各候補者に番号が割当られているかというと、
昔はタイも識字率が低く、投票の際、候補者の名前が読めない人が
いたので、そういった人たちに配慮したものだそうです。
番号ならたいがいの人はわかりますよね。
と言っても、番号だけのポスターというのも、そのままですね。

P1020561.jpg

電柱には、各候補者のポスターが差し込まれています。
風で飛ばされたり、雨でボロボロになったりもしますが、
どの位置を確保するかは早い者勝ちで、至る所で見かけます。
電柱に穴が空いているのは、工事などの際に、
その穴に棒を差し込んで登るためです。
では、どうしてタイの電柱は四角いのでしょうか。
日本で見る電柱はどれも丸いですが、タイでは見たことがありません。
いくつかの説があるようですが、どうしてなんでしょうね。

≫ Read More

関連記事

| チェンマイって | 21:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蚊取り線香

バンコクから来た知り合いの日本人に、
「蚊取り線香を入れる陶器のブタは、どこに売っているかな?」
と聞かれて、昔日本で見たことのある陶器のブタを思い浮かべ、
「いやー、そんな物は見たことないですね。タイ人は使わないですよ。」
と自信満々に答えたのですが、まあ探してみることになりました。

何気なく、まずカムティアンという植木市場へ行きました。
そこでいきなり見つけてしまいました。私も初めてでした。

P1020564.jpg

想像していたのとは全く違いましたが、中に蚊取り線香が置けます。
ブタだけではなく、カメやゾウもありました。

P1020567.jpg

穴の空いた背中の部分がフタになっていて、
そこをあけるとちょうど蚊取り線香が入ります。
口と背中の穴から線香の煙が出る仕組みになっています。

P1020568.jpg

なかなか愛敬のある顔でしょう。
家の中で使うというより、野外や庭で使うという感じでしょうか。

知人は「やっぱり、あったじゃないか!」と言って、
さっそく購入してバンコクに持って帰りました。
関連記事

| チェンマイって | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またもや地震

昨日、また地震がありました。
なんと震源地は、チェンマイの郊外、メーリム郡でした。
お昼頃に揺れたのですが、たまたま市内ではなく
メーリム郡のお隣のメージョーにいたので、
はっきりと揺れを感じました。

今回の地震は、前回の地震のようにしばらく横揺れするのではなく、
近くにトラックでも突っ込んだのかと思うぐらい、
ドーンという感じで、一瞬の出来事でした。
その後で、余震というのか、小刻みな揺れがありました。
マグネチュードは、4.5でした。

実は、一昨日にもビルマとの国境メーホーンソン県を震源地とする
地震があったそうですうが、まったく気がつきませんでした。

日本から来られた人に、よく建築中の建物の壁を見ながら、
「鉄筋を入れずにレンガを積み上げるだけで大丈夫なんですか?」
と聞かれると、いつも「いやー、タイは地震がないから大丈夫です。」
と答えていましたが、この次からは何と答えましょうか。
関連記事

| チェンマイって | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中華料理

日本からのお客さんと中華料理を食べに行きました。
私を入れて5人で、チェンマイ市内のお店に行きました。
メニューは写真付きで、同席していたタイ人が注文してくれました。

P1020478.jpg

この料理がでてきて、これは一体なんだろうという話になりました。
私は日本でも本格中華には縁がなく、王将で食べるぐらいなので、
さっぱりわかりません。お客さんに言われて初めてわかりました。
“あわび”です。
日本で食べると高いよー!と言われても、あまり実感がありません。
“あわび”というタイ語も知らなかったので、あらためてメニューを
見直すと“ホーイ・ニュージーランド”と書いてありました。
お店の人が缶詰を持ってきて、これだと説明してくれました。

P1020482.jpg

このニュージーランドから輸入された“あわび”の缶詰、
いくらだと思いますか。聞いてびっくりしました。
なんと2,700バーツだそうです。ひえーー!オホーー!
何度も聞き直したので間違いありません。
ということは、今食べた料理はいくらなんだろう?
何気なく、おいしいおいしいと食べたけど、そんなに高価だとは。

会計の時にこの料理の値段を確認したら500バーツでした。
みんなで胸を撫で下ろし、缶詰丸々1コは使わないよな、
ということで一件落着しました。
関連記事

| 食べられるもの | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

息子の散髪

タイでは政治関連、南タイでの殺人、イヤなニュースで持ちきりです。
今週の金曜日に再度クーデターなんていう噂もあるようですが、
まあそれはないにしても、この先どうなるんでしょうか。
どんどん泥沼にはまりこむように、混乱が続いています。

そんな訳で、タイの情勢について書き出すとキリがないので、
またうちの息子の話で、ちょっと息抜きをします。

学校から戻ると、近所の床屋へ二人揃って仲良く行きました。
写真までは撮りませんでしたが、俗に言う丸刈りというやつですか。
下の子は小3なので、かわいいものですが、
上の子はもう中1なので、もうちょっと違う髪型でもいいかと。
でも、上の子が言うには、学校の先生が、「我が校では、丸刈りと
決まっている。髪を伸ばしたい奴は、この学校を出て行ってくれ。」
というようなことを公然と言っているそうです。

ところで、子供の散髪代はいくらでしょうか。
近所の床屋で、一人20バーツ(今のレートだと70円ぐらい)です。
本当に切るだけで、あっという間に帰ってきました。
私は少し離れたところで、クーラー付き、洗髪してもらって、
それでも100バーツ(360円ぐらい)です。

とは言え、20バーツあれば麺類一杯は食べられますし、
コンビニで働いても、時給は20バーツちょっと、らしいです。
最近はずっと円安で困っていますが、今のような社会情勢だと、
今後どうなるか見通しがつきません。
まあ、しばらくはこんな感じが続くんでしょうね。
関連記事

| 家族のこと | 00:08 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT