やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ギフト・フェア

昨日に続いて、今日もお抱え運転手&荷物持ちの出番です。今日は、市内のギフト・フェアに出かけてきました。

2014-11-29 16.56.50

こちらも初日狙いだったので、まだそれ程、買い物客で混雑することはなく、ブースの方もまだ本気度が感じられませんでした。しかし、夕方に行ったのですが、少ない駐車場がほぼ満車に近く、路上駐車も多く見受けられました。

何だかんだ言って、このギフト・フェアは、毎年覗きに来ている毎年覗きに来ているので、だいたいブースの位置も把握しています。

2014-11-29 16.39.51

この辺は食べ物関連です。

2014-11-29 17.06.59

ちっちゃなパイナップルが売っていました。

2014-11-29 16.41.20

イスとテーブルがあり、食べ物を買って、自由に座って食べることもできます。

2014-11-29 16.44.23

この辺は、ハーブや健康食品関係のブースが並びます。

2014-11-29 16.49.57

今回、初めて見かけたお店です。日本のお菓子を中心に販売していました。きれいに1個ずつビニール袋に入れてありました。今や、タイ人の日本からのお土産の定番にもなった「キットカット」の抹茶味もありました。

この日も結局、連れ合いが少し買い物をし、私はパッションフルーツジュースと揚げ物を食べて、あっちこっち歩き回っていました。今年は、これといって欲しいものがありませんでしたが、新しい商品が出ていたり、インテリア小物やアイデア商品、いろんな物があって見ているだけでも楽しいです。来月の週末、12月7日まで開催していますが、多分、今年はもう行くことはないと思います。

| なんでも風物詩 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大売出しだけど

毎年、そういう大売出しがあるとは知っていましたが、なにせお隣のランプーン県、なかなかそこまで出かける機会がありませんでした。そうこうしているうちに、もう今年で17回目になるようです。土・日の休日は多くの人で混雑するだろうと、フェア初日でもある金曜日の午前中、買い物好きの連れ合いと出かけてきました。

会場までは道路脇に案内板が出ていたのでわかりやすく、朝9時過ぎには到着しましたが、初日の朝でも臨時の駐車場にはすでに多くの車が停まっていました。

2014-11-28 09.51.06

今回は、サハ・グループのフェアということですが、サハ・グループという名前は知らなくても、この企業で製造されている商品には普段からお世話になっています。タイのインスタントラーメン「ママー」や洗濯洗剤の「パオ」、ボディーソープの「植物物語」なんかもそうです。サハ・グループは、1942年に華僑系のチョクワタナー家が設立した日用品卸が前身となり、日本製品の大量輸入で成長してきました。また、日本企業が現地生産に乗り出す際には合弁相手となり製造分野へ進出し、ランプーン県にも多くの工場が集中しています。

2014-11-28 09.58.14

ここは空港の跡地なんでしょうか、滑走路のようなアスファルトの道路脇に店が並びます。

2014-11-28 09.14.24

ワコールの下着も安売りしていました。これ以外にも、ミズノ、ナイキ、アディタス、イトキン、アロー、ラコステなどのブランド品が安く売られていました。と言っても、本来の値段が高いのでいくら50%ディスカウントしても、私にとっては安いという感覚はありません。

2014-11-28 09.23.11

アディタスのシューズ、35~60%ディスカントとなっています。私も一応手にとって見ましたが、買うことはありませんでした。

2014-11-28 09.31.00

こちらはナイキのシューズ、ネットで囲まれたブースのテント内は人で溢れかえっていました。さすがに、この中に入って掘り出し物を探そうという気にはなりませんでした。

2014-11-28 09.35.27

中を覗いただけで退散です。

2014-11-28 09.40.16

さすがに毎年来ている人は、準備がいいです。中には、シューズやワイシャツを大量に買い込んでいる人、ミズノのゴルフクラブを選んでいる日本人なども見かけました。

2014-11-28 09.47.09

あまりの買い物客の多さに、誰か気分が悪くなって倒れたのかと思ったら、何のことはないマネキンでした。

初日でこの人混みだと、土曜日、日曜日にはどうなるのか、想像するだけでもめまいがします。ただ、連れ合いのタイ人の知り合いは、去年、残った物をたたき売りしているだろうと最終日に行ったら、いいものはすべて売り切れていたそうです。

結局、連れ合いもそんなに買い物はせず、私に至っては何も買いませんでした。私達はブランド品には縁がなく、近くの大型スーパーで安いものを買っている方が似合っているのでしょう。

| なんでも風物詩 | 12:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

卒業式

タイ人の連れ合いの親戚の息子さんが、卒業式だというので、連れ合いのお抱え運転手として同行してきました。空港の交差点近く、チェンマイ総領事館に隣接した小さな私立大学で、この日も卒業生は約400人前後だったようです。チェンマイ大やラージャパット大のように、大学周辺でも目立った交通渋滞もありませんでした。

チェンマイ空港へ行く際に、よく目にするのですが、滅多にキャンパス内に入ることはありません。昔、総領事館に手続きに行って、コピーを取るのに歩いて来たことがあるぐらいです。向かいのエアポートプラザに車を停めて、道を横断して大学へ向かいました。

2014-11-13 13.34.14

さっそく歩道脇には、屋台が並び卒業生へのプレゼントが売られています。

2014-11-13 13.34.26

ドラえもん。

2014-11-13 13.36.41

一つ100バーツ、でもこれをもらって大学生はうれしいのでしょうか?

2014-11-13 13.36.01

連れ合いは、こんなブーケを買っていました。造花ですが、よく見ると20バーツ札で折ってあります。

2014-11-13 13.36.06

国王の肖像画、こんなことになっています。タイではよくあるパターンで、お祝いの際に、お札を折って花にして送ったりします。

2014-11-13 13.49.08

どこかの保護者の方も、プレゼントを片手に、今日は巻きスカートで伝統的な服で正装してきたようです。さて、誰をまっているんでしょうか。

2014-11-13 14.09.01

決して広くはないキャンパス内ですが、それぞれの学科毎に写真撮影のためにセットが組まれています。そこで、みんな記念撮影です。

2014-11-13 13.53.58

学科ごとに襟のラインの色が違うそうですが、みんな貸衣装のガウンを着ています。

2014-11-13 14.30.57

そして学科の後輩たちが祝ってくれるのですが、これをタイ語で「บูม」(ブーム,Boom)と言うそうです。祝ってもらった卒業生は、カンパ箱のようなものにご祝儀を入れるシステムになっているようです。

それにしもて、この日は天気も良くて暑かった。ガウンを着てあちこちで記念撮影をしている学生たちも、さぞかし暑かったことでしょうが、1生に何度もあるわけでもなく、何より本人以上に保護者、親戚が喜んでいるように見えました。

| なんでも風物詩 | 10:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT