やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ばっし~

昨夜、急に歯の痛みが始まり、ほとんど眠ることができませんでした。最初は、どの歯か特定できず、なんとなく奥の方でどんより痛みが消えず、横になると更に痛みが増すという状態でした。

とりあえず朝を迎えましたが、昨夜は鎮痛剤を飲み、今朝から炎症止めの薬を飲みましたが、やはり痛みは消えません。昼ごろにかかりつけの歯科医に電話したのですが、チェンマイにはおらず、またこれまでクリニックした場所が建て直しになるそうで、しばらく先生の治療は受けられそうにありません。仕方なく、3年前に行ったことのある総合病院の歯科へ行くことにしました。

最初は受付で、予約がないとダメみたいなことを言われたのですが、昨夜は眠れなかったので、待つから治療してほしいとお願いして、2人ほど待って治療を受けることができました。

若い男性の歯科医で、まずはどの歯が痛いかを確認し、レントゲンを撮影しました。そこで、「抜歯しますか?それとも根管治療しますか?」と聞かれたのですが、奥歯だったので、残そうかなとも思ったのですが、思い切って抜歯を選びました。以前、この病院で根管治療したことがあったのですが、何度か通わなければならなかったので、もう歳だしと諦めて抜くことにしました。

そこからは、麻酔注射を打って、効いてきた頃に抜歯です。時間にしてどのぐらいかは覚えていませんが、あっという間でした。抜歯した奥歯を見せてもらいましたが、過去に治療して詰めてあったものの隙間から入り込んで虫歯になっていたようです。じっくりは見ませんでしたが、銀色の被せを取り除くと、その中からは何やら黒いものが出てきました。こりゃ、外から見ても全然わからないはずです。

抜歯した場所に脱脂綿を噛まされて、特に薬を出されることもなく終わりました。ちなみに、タイの社会保険の適用額ないだったようで無料です。

今日は診察だけで、薬を出してから、改めて予約してから治療かなと予想していたのですが、もう、一気に抜歯して楽になりました。これで出血が止まって、麻酔が切れてからも痛みが出なければ、今晩はゆっくり眠れるのですが、さてどうでしょう?

今月始め、10日間ほど日本へ帰国していて、結構、甘いものとかも食べていたのですが、旅行中に痛みが出なかったのが、不幸中の幸いです。

| 健康なこと | 15:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1ヶ月以上使ってみて

先月から、私の腕には新しいスマートウォッチがはめられています。

2017-02-27 12.44.55

この前までは日本の知人にいただいた「UP」というのを使ったいたのですが、とうとうバンドが切れそうになってしまい、別のを探していました。そんなことをこのブログで書いたところ、たまたまその記事を読んだ方から紹介されたのが、「Xiaomi Mi Band 2」というものでした。ネットであれこれ情報を調べていくと、値段の割になかなかやってくれるな!ということで、後継機に決めました。

紹介してくださった方はバンコク在住のツイッターつながりでまだお会いしたこともありません。その方は、タイ国内の「LAZADA」でネット購入するということだったのですが、私はチェンマイに住んでいて、LAZADAで商品購入の経験がなかったので、ちょうど日本からチェンマイへ来る知人にお願いして買って来てもらいました。LAZADA経由でタイバーツで購入した方が安かったのですが、少し高くなっても安心・確実を選びました。ついでに防指紋、耐衝撃のフィルムも一緒に購入しました。

使い始めて1ヶ月以上が経ちましたが、たいへん気に入っています。以下に長所を箇条書きで並べてみます。

・1回の充電で約20日間(実際はもう少し短い)使える
 *ただしこれは使い方次第
・睡眠中、腕にしたままでも気にならない
 *睡眠時間が測定でき、深い眠りなんかもわかる
・防水機能がある
 *とはいえ、シャワーの際には外している
・設定した歩数を達成すると振動で知らせてくれる
 *画面をタッチすると時刻、その後に歩数が表示される
 *表示画面があるので、UPのようにスマホと同期しなくても歩数がわかる
・1時間以上座っていると振動で知らせてくれる(選択機能)
・腕を回して表示画面を見ると自動で時刻を表示する(選択機能)

短所と言えば、まったくない訳ではありませんが、ほとんど気になりません。

腕にしていてもあまり気にならないのと、バンドがしっかり留まっている点もいいですね。これなら、将来、バンドが切れそうになってもバンドだけでも販売しているので、交換することもできます。

| 健康なこと | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年を歩く

毎年、新年を迎える度に、一応その年の目標なるものを立てたりします。ここ数年は、ほとんど達成できていないので、毎年同じような目標が続いています。今年は「健康に気をつけて過ごす!」ということで、運動に心がけようと思っています。

去年は、1日1万歩超えの連続記録に挑戦しましたが、一度途切れてしまうと続かないものです。去年6月、私の散歩の師と仰ぐ方から、活動量計リストバンド、UPというものを日本から買ってきていただきました。これを1日中つけていると歩数が計れ、寝ているときには睡眠時間まで計ってくれます。これをずっと使ってきたのですが、つけたまま仕事や作業をするもので、とうとうバンドの金属の留め具がダメになってしまいました。

2017-01-02 10.48.46

このUPのいいところは、リストバンドタイプなので、例えば、家着のジャージから外行きのジーパンに履き替えても、忘れることないという点です。せっかく、外出していっぱい歩いたのに、歩数計を持って出なかったら何にもなりません。それに表示パネルがないので、バッテリーが1週間ぐらいは余裕で持ちます。また手首につけていてもあまり違和感はありません。

反対に短所と言えば、スマホと同期しないと、今どのぐらい歩いたかが確認できないという点です。このスマホのアプリの動きが重いんですよ。それと、つけている感覚がないので、よくつけたままシャワーを浴びてしまうことがあります。まぁ、これは自分が気をつければ問題ないのですが、ついつい忘れてしまいます。そのぐらい体の一部になっているわけですが、当然、完全防水ではないので、シャワー中に慌てて外すことになります。留め具が特殊なため、ちょっとしたはずみで外れてしまうことはありますが、失くすことなく数ヶ月間使ってきました。

こんな状態になってしまうと、センサー部分とバンドが一体式なので、バンドだけ交換というわけにはいきません。仕方なく、この新年からは、以前使っていたシチズンの歩数計をズボンのポケットに入れて歩いています。

年明けから雨が降ったりして、1日1万歩はなかなか達成できていません。そこで、絶対クリアー歩数を1日5,000歩ぐらいにして続けていきたいと思います。

| 健康なこと | 14:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT