やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あんこのために

去年の年末から正月にかけて、チェンマイへ遊びに来ていた知り合いから、お土産にあんこをもらっていました。そう言えば、リンピンスーパーに冷凍の切りモチが売っていたのを思い出し、それでも買ってきて食べようかと考えていました。年明けからリンピンスーパーの店舗、2~3ヶ所覗いてみましたが、どこにも見当たりません。普段は買うことがないので、もしかしたらもう販売していないのか、それとも正月ですべて売り切れてしまったかのどちらかでしょう。

と、しばらく諦めていたのですが、先週、久しぶりにナイトバザール近くの金曜朝市へ行ってきました。おー、ここにあるのをすっかり忘れていました。

2017-01-13 09.27.10

バナナの葉に挟まれた丸モチをペッタンコにしたような形です。

2017-01-13 09.27.16

黒ゴマをまぶしたのは、色が濃い紫色、黒っぽい色をしています。炭火で焼いて、サトウキビ糖を塗ってくれ、その場でアツアツを食べるとたまりません。が、今回は焼く前の生モチを家に持って帰ることにしました。あんこが待っているので…。

2017-01-13 09.26.08

こちらの方が、日本の丸モチに近いのですが、もち米ではなく、うるち米で作ってあるそうです。焼けば膨らむということでしたが、今回は、もち米にこだわってみました。

2017-01-13 09.40.23

さて、やっとあんこの出番が来ました。

2017-01-13 10.20.12

さっそく焼いてみたのですが、白い方は、焼きすぎると縁の方がおかきのようパリパリと固くなってしまいます。

2017-01-16 08.03.59

その点、ゴマが練り込んである黒い方は柔らかく焼きあがりました。しかし、あんこを塗ると同系色で何だかよくわかりません。見た目はイマイチですが、おいしくいただきました。かじった写真ですみません。

2017-01-16 08.17.04

さすがにあんこはこの一回ではなくならなかったので、まだ冷蔵庫で次の出番を待っています。今度は冷凍切りモチか、それとも金曜市のペッタンコなモチか?

| 食べられるもの | 14:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

甘いもの好き

もともと甘党で、甘いものが好きだったのですが、最近は、歳のこともあり、ポッコリでた下腹もあり、できるだけ控えめにしています。チェンマイ市内にも、次々とカフェやスィーツのおしゃれな店がオープンしていますが、なかなかそういうお店に入る機会も気力もありません。

先日、タイ人の知り合いが、食後のデザートにとアイスクリーム屋さんに連れて行ってくれました。そんなに若くない男性ですが、彼も根っからの甘党です。どうも娘さんに連れて行かれて、すっかりその店が気にいってしまったそうです。

2016-06-22 13.36.45

そのまま日本読みしてしまうと、あんまりおいしそうな名前ではありませんが、いや、めっちゃおいしいです。アイスクリームというより、正確にはフローズンヨーグルトです。プレーン味の他にも、ピーチ味、マンゴー味、ホワイトチョコレート味とかもあり、日替わりで味が変わったりするようです。

自分でカップに好みの味のフローズンヨーグルトを、自らレバーを下げて好きな量だけ入れます。この時、味を混ぜることも自由です。おっと、その前に、申し出れば小さなカップで味見をさせてくれます。

2016-06-22 13.36.37

ここには、トッピング用のフルーツやチョコレート、ゼリーなどが色とりどりに並んでいます。この中から、気にいったものをどれだけ入れても構いません。

2016-06-27 13.00.37

そして、そのカップを持ってレジに向かいます。この店では量り売りなので、まずデジタル秤で計量してからの支払です。100gいくらかだったかは忘れてしまいましたが、そんなに安くはありません。でも、おいしいし、トッピングも自分で選べるので、高すぎるとは感じないでしょう。それでも調子にのって入れすぎると、重くなって高くなってしまうので気をつけましょう。この写真で150バーツぐらいしたように思います。

現在、チェンマイ市内には、MEYAデパート内、ルアムチョーク市場(リンピンスーパーの向かい)、ターペー通りと合計で3店舗あるそうです。もしかしたら、もうセントラルデパート・フェスティバル店内に4店舗目がオープンしているかもしれません。

このさっぱりしたフローズンヨーグルトのおいしさと、量り売りという楽しいシステムを知らない人だと、店構えだけを見て、飛び込みで入ろうという気にはならないかもしれません。ましてやこんなおじさんでは、一人で入店しずらい、おしゃれな感じのお店です。連れて行ってくれた甘党の知り合いに感謝です。あ、その彼の娘さんに大感謝です。

| 食べられるもの | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しい飲物が、、、

最近のチェンマイでも、日中は30度を超える暑い日が続いています。夕方になってもなかなか気温は下がらず、生温かい夜を過ごしています。こういう暑い時は、やはりさっぱりと冷たいジュースが飲みたくなります。よくアイスコーヒーは飲むのですが、1日に何杯も飲むのは良くないと思い、たまに果物シャーベットなど、いろいろなジュースを試しています。

近所のセブンイレブンのすぐ近くにある屋台のジュース屋さん、何を飲もうかと迷っていたら、一つの看板が目に入りました。

2016-04-01 18.03.37

“ヤクルト・グリーンティー”って何ですか。名前からするとヤクルトの入った緑茶ということになります。これは飲んだことがないぞ、30バーツとちょっと高めですが、さっそく注文してみました。

お母さんらしき人が作っている間、娘さんに近くのセブンイレブンへヤクルトを1本買いに行かせていました。最初、買って来たのを混ぜるのかなとも思ったのですが、次のお客さん用のストックのようです。常に氷の入ったクーラーボックスにヤクルトが1本入っているのでしょう。

タイのヤクルト、昔は1本5バーツだったので、我が家でもよく飲んでいたのですが、7バーツ、8バーツに値上がりしてからは、めっきり飲まなくなっていました。その8バーツするヤクルトを丸々1本そのまま緑茶に入れていました。

で、結局、味の方はと言うと、ほとんど緑茶の味がわからない、薄めのヤクルトを飲んでいるという感じでした。知らずに飲んだら、きっと緑茶には気がつかないかもしれません。まあ、タイの緑茶自体が、ペットボトル売りでもハチミツ・レモン味が売っていたりと、何だかよくわからなくなっています。
うっ、今気がついたのですが、もしかしたら、ベースの緑茶もペットボトルのものを使っているのかもしれません。今度は違うものにチャレンジしてみたいと思います。もう、これはいいや。

| 食べられるもの | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT