やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新しい年に想う

新年早々、知り合いの日本人のお葬式がありました。10年にわたる闘病を生活を経て、死期を知っていたかのように、事前に周りの人に別れを告げていました。お通夜も火葬も、残されたタイ人遺族の方たちが、立派な式を執り行い、多くの参列者が来られていました。

その翌週には、タイ人連れ合いの親戚の結婚式があり、そこにも顔を出してきました。年末に亡くなった日本人の方に、父親のように世話になったということで、故人のために葬式中に頭を丸めて、短い間でしたが出家していたそうです。そのため、結婚式の新郎は丸坊主頭での挙式となりました。ここではステージを組み、歌謡ショーがあり、食事やお酒が振る舞われての華やかな挙式でした。

最近この歳になると、こんな風に冠婚葬祭に出席する度に、自分の立場に置きかえて考えることが多くなってきました。

大学を卒業し、仕事に就いた長男も、いずれは結婚するだろうし、その時には結婚式を挙げるわけで、父親もタイ語であいさつしなければならないのだろうか?などどふっと考えたりします。その前に、先方の両親に挨拶に行ったり、婚約とかはどうなるのだろう?とか想像してしまいます。うちの連れ合いが元気なうちは、彼女に任せておいて、私は言われるままに動けばいいので、まだ呑気なものです。

2018-01-11 09.57.46

ただ、自分が亡くなった後のことを考えた時、多分まだ数十年は生きられるでしょうが、元気なうちから終活などしておいた方がいいのかとも思います。日本を離れて長いので、遺族年金の手続きとかはないし、大きな遺産が残るわけでもないですが、タイ人遺族が困らなくてもいいように、あれこれ書き留めておこうと思うようになりました。日本語だけだと、私がいなくなった後、誰か他の日本人に世話にならないといけないので、できるだけタイ語でわかるように残せたらなと考えると、少しずつ時間をかけてまとめておいた方がいいのかと思います。エンディング・ノートみたいなやつですかね。

そんなこと言っているうちに、突然、別れの日が訪れるかもしれません。その日に備えて、普段から悔いのない日々を送らないと感じています。年齢から考えると、連れ合いより先に逝くことになるでしょうが、もし連れ合いに先に逝かれたりすると、タイでの葬式の準備や何やからで大変そうなので、やっぱり私の方が先に逝かせてもらいたいです。その頃には息子たちがしっかりしていてくれたらいいのですが、どうなんでしょう。

2018-01-07 12.57.10

ひょんなことからタイで暮らすようになって20数年になりますが、自分の息子が結婚を迎え、そしていつか訪れるタイでの終焉に備えて、元気なうちからできることをやっておこうと思うようになりました。人生も折り返しに入り、この頃は断捨離に励んでいます。これまでため込んだ、書類や通信、また使うことがあるのではないかと取っておいた品々ですが、再び目を通すこともなかったり、数年間使われていない物は、思い切って処分しています。まだ使えるものや誰か使っている人がいれば、その人に譲ったり、もうどうしようもないものは毎週ゴミとして出しています。

こんなことを書きましたが、決して死に急いでいるわけではなく、悩んでいるわけでもありません。自分や身近な人の「死」を不吉なこと、縁起でもないと目をそらし、考えないようにするこもできます。でも、いつかは誰にでも訪れる「死」に向き合うことが、今の「生」を前向きにとらえることができるのではと、気がついたら、いつの間にかそんなことを考える年齢になっていました。

≫ Read More

| 家族のこと | 11:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元通りの生活

4泊5日の修行生活を終えて二人の息子が戻って来ました。
朝から車でお寺へ迎えに行くと、
まっさきに、スマホのゲームについて聞かれたので、
息子達に渡すとさっそく確認とプレーを始めました。
禁欲生活をしていたので、その反動でしょうか。

参加者は100名を超えていたそうです。
うちの息子らはお祖母ちゃん達にかわいがってもらえたようです。
お寺近くの学校から、試験で落第点をとった訳ありの生徒達が、
校長先生引率で参加していたそうです。
女の子達は夜遅くまで携帯で話していたり、
男の子達は僧侶に口答えするという感じで、
うちの息子らの方が、まだましな方だったと聞きました。

初日、下の息子に、こんなことを言っておきました。
「することがなかったら、この寺に犬が何匹いるか数えてみたら?」

2013-03-24 08.44.07

結局、実際には数えなかったようですが、
僧侶の話によると200匹近い犬がいるそうで、
もと警察官だった初老男性が、毎日エサをやりに来るのだそうです。
要らなくなった犬を寺の門前に置いていく人が絶えないそうで、
境内を僧侶が歩くと、それぞれなついている犬のグループが、
20匹ぐらいを後をついていくという話です。

2013-03-24 09.03.53

家に戻った二人の息子は、前の生活に逆戻りして、
またPCの前に居座っています。
朝起きるのは、少し早くなりましたが、
それでも起こして、呼ばないと2階から降りてきません。

すぐに修行の効果は出ないでしょうし、
まして数日間では成果も現れないかもしれません。
それでも上の子は、年上の人と接することを学び、
話の内容も大人びてきたように感じます。
下の子ですが、兄の話では、読経や説話をさぼっていたらしく、
それでも今回の修行の特別手当がもらえたので、
ほくほく顔で、ニヤニヤしています。

2013-03-24 09.12.00

お寺を去る時、同じ参加者の親戚のお祖母さん達から、
「来年も来るんだよと!」声をかけられていました。

| 家族のこと | 14:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お祖母ちゃんと修行

学校も約2ヶ月間の休みに入り、
17歳と14歳になる二人の息子たちは、
夜更かし朝寝坊、オンラインゲームという毎日で、
親としても少々持て余し気味でした。

連れ合いの母親、つまり息子達からすればお祖母ちゃんが、
近くの村の親戚の人達と一緒に5日間ほど、
寺に寝泊まりして修行することになりました。
3年前にも一度、息子二人はお祖母ちゃんと一緒に
この修行に参加しています。

この時期、長期の休みを利用して
子供達が集団で出家することもありますが、
今回はあくまでも修行ということで、
髪の毛や眉毛を剃って黄色い袈裟を身に着けることはなく、
白服で過ごすことになります。

朝からサンパトーン郡内のお寺に送って行ったのですが、
やはり参加者の方々は、年配、それも女性が多いそうです。
午後から郡長が出席して、修行の開会式が執り行われるそうです。

2013-03-20 10.55.50

この二人に寺での生活が務まるのかなと心配しながらも、
お祖母さんや親戚のお祖父さんに任せてきました。

2013-03-20 11.58.15

参加する前に話し合い、携帯電話は持って行かないことにしました。
前回、上の息子は夜遅くまで携帯で話していて、
他の参加者の迷惑になったので、同じことを繰り返さないためです。
ただ、オヤジには良くわからないのですが、
猫のゲームで、毎日プレゼント(アイテム)があるらしく、
wifiにつないでそれを受取っておいて、と頼まれました。
どうも1日1回それをしておかないと、
また1からゲームをすることになるというのです。
仕方ないので、私がその係りを引き受けることになりました。

面倒臭がりでグウタラな息子達が修行に参加する決心をしたのは、
大きな問題もなく無事に務め上げたらボーナスが出るからです。
お小遣い目当てというのは目的が不純だという声もあるでしょうが、
自宅でPCやTVの前で過ごすだけの環境を変えて、
目上の人たちとの共同生活を通して何かを学んでほしいと思います。

家に居るとうるさい息子達、あれこれ小言を言ってしまいますが、
いざ居なくなってしまうと急に静かになって、
今頃どうしているのか、大丈夫だろうかと気になります。
というか、連れ合いと二人だけというのも寂しいもので、
何十年か後には訪れる老後のことを、つい想像してしまいます。

| 家族のこと | 16:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT