やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

時代は変わった

ちょっと前から気がついていたのですが、いろいろな場面で、私が通訳したことをメモするのに、スマホに直接打ち込んでいく人がいることです。昔なら、ノートに筆記してメモするのが当たり前でした。私自身も、簡単なことをスマホにメモしたりすることはありますが、他人の話などは、やはりその場で書いて記録する方が圧倒的に多いです。そして自分で書いたものを読み返しながら、質問をするという感じです。

先月末、高校生のグループと子ども達が暮らす施設を訪問しました。その際に、タイ人スタッフが財団の説明をしてくださったのですが、私がそれを日本語に通訳したものを、スマホに記録している高校生がいました。一字一句ではなく、要点だけを入力しているのでしょうが、時代は変わったものだと感じます。まあ、確かに記録を電子化しておくと、後で読み返したり、引用したり、まとめるのにも便利だとは思いますが、私なんかでは、入力が遅くて絶対に間に合いません。それだけ、今の若い人達は、普段からスマホでの日本語入力に慣れていて、きっと早いのでしょう。

私は、まだまだ現場ではノートに書き込む派ですが、結局は自宅に戻ってから、汚い字で書き殴られたノートを読みながら、パソコンに入力して内容を整理しています。お話をその場で録音する方法もあり、確かに内容は正確に残りますが、聞き直してまとめるのに時間がかかってしまいます。やはり、その現場で話を聞きながら、自分の頭で理解して、重要な内容を選びながらメモを取る方が、後で整理する際にもいろいろな表情や状況が思い起こされます。

また何年かすれば、スマホに直接メモをする人が増えたり、もっと違った記録の方法が生まれてくるのかもしれません。しかし、私の年代では、手で文字を書くという動作を通して、記憶に残していく方法を手放すことはできそうにありません。

| 通訳とか翻訳 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

通訳もいろいろ

この7月末から8月初めにかけて、何だかんだと通訳の仕事が続いていました。それらの準備を含めてあまり時間がなく、記事をアップすることなく、時間だけがどんどん過ぎていきました。この夏の思い出を写真で残しておきます。まだ前半戦終了しただけですが…。

2017-07-15 08.48.23

東京の女子高校生、アカ族の村にホームステイ。

2017-07-16 07.41.44

センターに暮らす子ども達。

2017-07-22 12.16.21

バンコク、チェンマイの奨学生が集合。

2017-07-23 12.05.35

10年間の奨学金支援を受け、大学卒業おめでとう!

2017-07-25 15.00.29

東京の高校生と子どもたちが暮らす施設を訪問。

2017-07-29 10.17.44

毎日、象さんも絵を描いています。

2017-08-01 20.42.42

カントークディナーショー。最後は、高校生もステージに上って踊りました。

2017-08-05 11.17.30

日本の焼きそば、後半はタイの子たちだけでつくってました。

2017-08-05 13.30.41

ロット・イテーンと呼ばれる乗り物、爆音を立てて走ります。

2017-08-06 14.36.48

日本の子どもたちがかき氷をつくる。後半は、タイの子たちも自分らで挑戦。

2017-08-08 20.25.10

日本の子どもたちを連れてナイトバザールへ。撮影チップは一人20バーツなり。

2017-08-09 08.59.40

チェンマイ郊外、自然の中で象に乗ってきました。

慌ただしく今年の夏も過ぎていきました。楽しい思い出、大変だったこと、いろいろな想いをまとめて、多くの出会いに感謝です。

| 通訳とか翻訳 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続、山の村でホームステイ

8月のことですが、ワークキャンプの通訳で、またまた山の村、アカ族の村へ行ってきました。この村は、今年の3月にもお邪魔した村なんですが、今回は1泊だけで、前回とは、また違う村人のお宅に泊めてもらいました。

村に向かう途中、未舗装の道から村の全景を望みました。

2015-08-26 15.26.20


泊まった家の子どもとシャボン玉で遊びました。村の子どもたち、みんな元気一杯です。

2015-08-27 08.18.50

今回は1泊だけだったので、翌朝には村を後にすることになっていました。なので、まさかと思ったのですが、早朝からざわざわと音がするので、暗闇の中を台所の方へ行ってみると、ホームステイ先のお母さんがニワトリをつぶしていました。

2015-08-27 06.10.54

完全に息の根をとめたら、懐中電灯で照らしながら囲炉裏でニワトリの表面の毛を焼いていました。

2015-08-27 06.05.29

朝早くから、娘さんも手伝ってニワトリの解体です。

2015-08-27 06.16.46

たった1泊のホームステイだったのに、貴重なタンパク源、ニワトリをつぶしてくれました。朝から肉になりたてのスープは、なかなか濃かったです。

2015-08-27 06.09.46

タケノコのスープもおいしかったです。

2015-08-26 15.29.03

木と竹でできた高床式の家から見える、青い空が印象的でした。

今月末にも、またこの村へ行く予定になっています。あいさつ程度のアカ語も覚えましたが、使わないとすぐに忘れてしまいます。さて、今度は、どんな食事が待っているのか、今から楽しみです。

| 通訳とか翻訳 | 16:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT