やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新年、90日レポート

昨年10月に日本から戻りタイへ入国してから、いつの間にか3ヶ月が過ぎました。ここで忘れていけないのが、イミグレに住所を届ける90日レポートという届出です。
昨日、午後から新しいプロムナードのイミグレへ行ったのですが、2時過ぎでしょうか、その時点で、90日レポートの整理券はなくなっていて、「明日に出直してください。」という張り紙がされていました。
いつぞやは午後から行っても余裕だったのに、仕方なく今日は朝8時半に家を出て、イミグレには8時45分頃に到着しました。

2017-01-12 08.51.56 

受け取った整理番号は57番です。実際の届出受け付けが始まったのは、8時55分頃からでした。そして、家から用意してきた日本の映画をタブレットで見ながら時間を潰しました。

2017-01-12 10.35.39 

相変わらずガラス製のドアにはこんな注意書きがありましたが、整理券をもらう際に書類を検査するのですが、この個人情報シートは渡されませんでした。結局、今回は記載する必要はなかったようです。前回のあれは一体何だったんでしょう。やはり、提出してもらっても、データベース化するところまで間に合わなかったのでしょうかね。

さて、1度に3人ずつ番号が呼ばれて、私の57番が終わったのは、10時40分頃でした。提出した書類から、パソコンの前にいる実習中の学生らしき女性が、まずは出入国カードの番号を入力し、その後、私のパスポート番号を入力していました。一応、オンライン化された出入国のデータが残っているのでしょう。それにしても、以前パスポートに貼りつけたバーコードは、一体何だったんでしょう。

全ての手続きを終えて帰り際に、受けつけて今日の整理券が残っているか聞いたら、まだあるとのことでしたが、提出は午後からだと言っていました。ということは、10時半ごろに整理券だけもらって、他で用事をして昼食を済ませ、午後1番で届出という手もあるのかなと思いましたが、日によって、そう思うようにいかないんですよね。

それにしても、デパートとしてのプロムナードは、存続が危なっかしいですね。イミグレの全ての業務が引っ越してきたので、人の流れが増えたかもしれませんが、それがかえって足かせとなり、閉めることもできないし、どうしようもない状態に落ち込むんじゃないかと、他人事ながら心配します。

さて、この90日レポート、郵送で済ます、代行屋さんに頼む、他にも楽な方法があるそうなので、一度は試してみようかなとは思います。が、これまでずっと自分でやって来たので、意地ではないですが、時間が取れるうちは、手続き関係はできるだけ自分でやって現状を把握しておきたいと考えています。

あ、それと、この90日レポートをランプーンのイミグレに届けてもいいですか?と係官に聞いてみました。というのは、ランプーンはいつも空いていてすぐに終わるそうなので、車を運転して行ってももそっちの方がいいかなと思ったのですが…。住所があるところ、チェンマイに住所があるのでここに来なさい!と一蹴されました。
スポンサーサイト

| 手続き関連 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しいイミグレへ

11月下旬、朝早くから大変な思いをして、在留資格の1年間更新の手続きをしたのは、空港近くの昔からあるイミグレ事務所でした。それが、この12月6日からほとんどの業務がプロムナードへ引っ越しになりました。今日は、1年間更新の結果を聞きに、初めて新しく引っ越した事務所へ行ってきました。

2016-12-09 09.51.39

これまでのイミグレカウンターの横にあったコピーと証明写真のお店から、さらに奥の3部屋ほどが新しくイミグレの部屋になっていました。それぞれの部屋の前には、大きく番号が貼ってあります。

2016-12-09 09.51.54

すでに申請が終わっており、その結果だけを聞きに来た場合は、この1番の部屋にパスポートを提出して確認してもらいます。その際、私はいつも「มาฟังผล」(マー・ファン・ポン)結果を聞きに来ました~!と告げています。部屋の外で待つこと約5分、ガラス越しに呼ばれて中に入ると、無事に1年間(実質は11ヶ月ぐらい)の滞在許可が出ました。これが済むと、ああこれで新しい年が迎えられるなと肩の荷が下ります。

2016-12-09 09.54.44

それぞれの部屋の前には、一応イスが用意されているので、そこに座って待つことになります。

2016-12-09 09.56.37

ちなみに、家族ビザの申請は、この3番の部屋になります。次回の申請は来年の11月なので、その時はどうなっているでしょうか。また変わっていそうな気がします。

1年間滞在の許可が出たので、その足で再入国許可証を申請するために、整理券をもらいに行きました。朝10時で58番、いきなり午後からですと言われたので、一度、外で用事を済ませて、午後から出直しになりました。

2016-12-09 10.07.25

午後1時にイミグレに着いてみると、47番から始まりです。途中、何人か番号が飛んでいましたが、結局は約1時間ぐらいで再入国許可証も手に入れることができました。これで、しばらくイミグレには来なくてもいいと思いきや、来月にはまた90日レポートに来なくてはいけません。

今日、イミグレへ行く前、チェンマイ在住の方のブログで、またネットでの予約が突然再開したという記事を目にしていたので、係官にそのことを確認してみました。その係官は、「昔はそういうこともしていたけれど、現在は人員不足でやっていないわよ。」との答えでした。知らないだけかなと思い、「いや再開したみたいですよ。」と言ってもまったく知らない様子でした。夕方、家に戻ってからネットで確認したら、本当に以前のように予約を入れることができ、また、実際に何人かの方がすでに予約を入れています。でも、この予約が本当に使えるのか、このシステムが機能しているかどうかというのには、いささか疑問が残ります。また、突然できなくなって終わりとか…。まあ、使えたらラッキーぐらいにとらえておけば、がっかりしなくても済むのではないかと思います。

現在のプロムナードでの申請受け付けを見ていると、さらにネットでの予約分をさばけるような余裕は感じられませんでした。1年に1度くらい早起きをして順番取りをするのは諦めて受け入れますが、やはり、今後は90日レポート、何とかしてほしいところです。

| 手続き関連 | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016 ビザ更新

1年に1回の滞在資格の更新の時期がやってきました。例年は11月に入ってから、期限の切れる直前に行っていたのですが、期限の45日前から更新手続きが可能だということで、今年は10月中に行くことにしました。

振り返ってみると、去年はネットで予約をしていたので、かなり余裕がありました。でもそのシステムもなくなってしまい、朝早くから行って順番取りをしないといけないという話になっていました。人によっては、朝の5時、6時、中には4時に行っても8番目だったと人伝に聞いていました。実際のところ、朝何時に行けばいいのかわからず、ネットとかでも調べたのですが、最近、タイ人配偶者でノンイミのビザを更新に行った人の話が見つかりませんでした。そこで、誰か同じようなケースの人の参考になるかどうかはわかりませんが、自分自身のためも兼ねて、その顛末を記録しておきます。

■前日の朝5時過ぎに空港近くのイミグレへ下見に行く

早朝であれば、自宅から10分もかからずに行ける。その日、配偶者ビザの列は5番目だった。テントもありイスも用意されていて、中にはイスの上に書類やペットボトルだけ置いている人もいて、列を離れることも可能。これなら交代要員がいなくても、奥にあるトイレへ行くこともできるし、道路を挟んだ向かい側のガソリンスタンドには、セブンイレブンも営業している。並ぶ列は3列に分かれていて、手前から教育(教師、学生)、宗教(宣教師など)、真中がBIO関連、そして一番奥の塀側が家族、財団ボランティアとなっていた。ただ、前日の下見で気がついたことは、朝の5時に行って、イミグレの門は開いているが、すでに車の駐車スペースがないということ。これだと、向かいのガソリンスタンドに停めるしかないが、それも長時間可能かどうか。

2016-10-27 07.23.49

■そして当日

・結局、朝4時前に起きて自宅を出発
・4時20分頃にはイミグレに到着する
・この時点で、すでに駐車スペースは1台分だけ
・家族、財団の列に並んで座るが、すでに9番目
  →前日より早く来たのに順番は後退
・イスはあるが、塀側は蚊が多い気がする
・6時の段階で、自分の列には17人
・6時30分前から、書類のチェックと整理券配布
  →直前の西洋人、ビジネスビザだったので、プロムナードへ行きなさいと言われる。朝4時前から来ていたのに、並び直しかよ、ちょっと可哀そう。
  →その際に、住所届出の罰金の領収書がいると言われる
  →このTM30という届出がないと、申請できない
・仕方ないので、一旦、自宅へ領収書を取りに戻る
  →結局は、申請には必要なかった!くそ~!
・7時30分頃、イミグレに戻る
  →この時間の方が駐車場は空いている
  →もし満車の場合は、向かいのスパに停められるらしい
・業務は、定刻通り8時30分より始まる
・電光掲示板は使われておらず、マイクの案内を聞く
・自分の424番、やっと10時過ぎに呼ばれる
・10時40分、書類のチェックが済み申請書が受理される
・11時15分、写真を撮り申請書に署名
  →写真は別々のカメラの前で2枚撮る
  →TM7の申請書内容は、PCで入力しているようだ
・11時30分過ぎに、パスポートと領収書が戻ってきて終了

こうやって書き出してみると、朝4時から11時半、約7時間ちょっとかかったことになります。本当に年に一度の大仕事です。実際は、この前に労働許可書の更新に行ったり、銀行で残高証明書を発行してもらったり、書類の準備だけでも、かなりの時間を取られ疲れました。

ところがどっこい、11時30分頃、申請も受理され、ポスポートの返却を待っていると、中にいたイミグレ職員が、「他には、タイ人配偶者のケースはありませんか?」と呼びかけているではありませんか。え、朝早くから並んで整理券をもらったのに、午前中には整理券分のケースは終わってしまっていたことになります。
ということは、午後から行っても、ほとんど待ち時間なしに書類の審査、受理をしてもらえるということなんでしょうか。書類不備で追加書類が必要になることも想定し、午前中に終わってくれた方が気分的にはとても楽ですが、最近は、そんなに混んでいないので、必死になって早朝から並ばなくても、楽勝なのかもしれません。

2016-10-27 07.23.39

去年だったら、1日に20組限定だから、朝早くイミグレへ行かないと、その日のうちに終わらないと言われていました。でも、よく考えたら、業務の一部がプロムナードの方へ移転したので、ロングステイの人もそっちへ申請に行くようになり、職員的にも余裕が出ているのかもしれません。

今回、念のために去年と同じように、日本の一時帰国の際に戸籍謄本をとり、在チェンマイ日本総領事館で証明書を発行してもらい提出しました。事前の情報で、必要ないという話もあったのですが、足らないと言われるよりはましなので準備しておきました。結婚に関して、「家族身分事項登録書(コロ22号様式)」をタイの役所で発行してもらって、提出しなければならないという情報を読んでいたので、これも念のために、タイ人連れ合いに役所へ聞きに行ってもらいました。私たちはもう20年以上も前に婚姻登録を行っていて、その当時は手書きだったため、あらためてデジタルの原本をつくることになり、そのために3時間も待たされたそうです。事前に行っておいて正解でした。実際、整理券を配る前の書類チェックの際にも、その書類の確認がありました。

ところで、今月末には、すべての業務がプロムナードへ移転するという噂もあったのですが、もう少し先になるようです。実際、空港近くのイミグレの建物を建て替えるという話はあるそうですが、いつ、どこの場所へ臨時事務所が移転するのかは、正式には決まっていないようです。次回、1年間の更新が許可されたかどうかを確認に行くのは、同じ場所のイミグレだということです。

今後、どんどん歳をとっていくと、こんなハードな申請とかは無理になってくるでしょうね。新しいイミグレの建物ができ、ネットをフルに活用し、少しでもイミグレ職員や外国人申請者の負担が軽減されることを祈るばかりです。建物だけでも、完成までに1年以上かかりそうですが。

≫ Read More

| 手続き関連 | 21:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。