やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

この世界の片隅に

SNSで評判だったので、ずっと観たいと思っていた「この世界の片隅に」を観に行ってきました。

チェンマイのMAYAというデパートで、「タイ日映画祭」が開催され、その初日ロードショーがこの映画でした。ネットやフェイスブックなどで事前の告知を見ていたのですが、その日の午後、知人から聞いて、じゃあ行ってみようという気になり出かけて行きました。

が、しかし、すでにチケットは売り切れ、満席状態で、立ち見も断られる始末でした。当日の数時間前に行っても、大丈夫だろうとタカをくくっていましたが、大いに油断していました。開会式に招待されていた数人の知人と挨拶を交わし、潔く諦めて、何も観ないまま、昨夜は帰宅しました。

観れないとなると、余計に観たくなるものです。さっそく、ネットで調べてみると、チェンマイではセントラルのエアポート店とフェスティバル店のMajor Cineplexで一般ロードショーしていました。これは行くしかないということで、今日、フェスティバル店で16時50分からの上映を選びました。

なんせ久しぶりのタイ映画館です。チケットの買い方もよくわかりません。タッチパネルの自動販売機の前に映画館のスタッフがいて、教えてもらいながら購入しました。大人170バーツでした。「タイ日映画祭」、昨日だったら半額以下の80バーツで観られたのにと悔しい思いをしながらも、まあ、日本より安いからと自分を納得させました。

おー、中に入るといくつもホールがあるんですね。第9ホールでの上映、観客は私を入れても10人以下、ガラガラでどこに座っても大丈夫な状況でした。それにしても、時間になってから次回映画の宣伝やコマーシャルが長過ぎ。こんなに長かったかなとしょっぱなから疲れ気味でした。そして、国歌斉唱が始まり、起立しない人が一人いましたが気にせず、私は起立してスクリーンに流れる映像を興味深く追っていました。最初は、亡くなられた前国王と現国王の幼少期の映像から始まり、そして最後は、まあ当然ですが現国王の映像になっていました。このバージョンを見たのは、初めてです。

映画自体は、やはりすずさんの声、のんさんがいい味を出してくれていました。淡々と進む物語でしたが、結局は恥ずかしながらこっそり鼻をすすっていました。気をもむラブストーリーでも、恐怖や悲しみだけが残る映画でもなく、前半のんびりした感じでしたが、後からじわじわっと効いてくる良い映画だと思います。そうそう、日本語版で、下に割と大きな文字でタイ語の字幕、さらにその下に少し小さめの文字で英語字幕がでていました。ただ、この物語の中での会話やニュアンスを文字で伝えるには限界があるだろうなと感じました。

本編が終わったらみんな出ていくかなと思ったら、もともと少ない人数でしたが、最後のロール、クレジットまで残っている人もいて、意外でした。ただ、この映画がタイの人にどのぐらい受けるかな?という気はします。多分、日本のように口コミで広がってロングランというようなことにはならず、1週間ぐらいで打ち切りになりそうです。何はともあれ、劇場で日本語で観ることができて満足です。

| やっぱ気になる | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイの郵便って

4月中旬、ちょっと用事で大切な書類を日本へ送らないといけないことがありました。そこで、EMS(Express Mail Service,国際スピード郵便)を利用しました。以前から、EMSを使うと料金が高いというのは知っていたのですが、速くて確実、13桁の問い合せ番号からネットで配達状況を追跡することもできるので、迷わず選びました。中身はA4の書類だったのですが、クリップやビニールのファイルは同封ダメ、ホッチキスの針はOKと言われ、郵便局のカウンターで封をしていた封筒を開けて取り出しました。そして、料金を払う段になって、「え、ちょっと高くない~?」と思いながらも、その場では普通に支払って郵便局を後にしました。

その後、わかったことなのですが、今年の1月からタイ発のEMS料金が値上がりしていたそうです。A4の書類10枚で680バーツでしたが、これは本来850バーツからのディスカウント価格です。なぜにディスカウントかと思えば、値上げ幅が大き過ぎてあまりにも評判が悪いので、それを解消するための苦肉の策のようです。

4月下旬にもまた同じように書類を日本へ送ることになったので、今度は最重要な書類だけEMSにして、もう二つの書類は郵便書留「จดหมายลงทะเบียน」にしてみました。その結果が以下の通りです。

■ EMS 
  ・日本に届くまでの日数…7日間
  ・料金(1回目が98g、2回目が144g)…850Bがディスカウントで680B 

■ 郵便書留
  ・日本に届くまでの日数…10日間
  ・料金…22gで24B+書留料金が65B=89B
       72gで49B+書留料金が65B=114B

ちなみに、どちらのサービスにも問合せがあるので、配達状況の確認ができます。それに寄ると、スワンナプーム空港ぐらいまでは同じように進んでいたのですが、日本へ行くときに数日の差が開きました。でも、今回の場合は、チェンマイから日本へ届くまでの差は3日間、どちらも追跡ができるけれども、料金面では約5倍から6倍もの開きがありました。

日本からチェンマイにEMSで送られてきた書類は、専用の厚紙の封筒に入れられ、確か1,000円を切っていたと思います。タイから送るときは、やたらと大きいビニールの封筒に入れてくれますが、これがイマイチ頼りないんですよ。それからEMSの場合は、専用の送り状に宛先などを書かなければなりませんが、書留の場合は、事前に家で封筒に書いた住所がそのまま使われます。

今回の一連の結果を踏まえて、私的に結論に達しました。1日でも急ぐケースは、たとえ高くてもEMSを利用、確実に着けばいいというケースの場合は、迷わず郵便書留にしよう!ということです。

| やっぱ気になる | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リラックマ

1月2日にランパーンへ遊びに行った帰り、自宅手前のサラピー郡の歩行者天国、サタデーマーケットに寄ってみました。市内では、毎週土曜日にウアラーイ通りでサタデーマーケットをやっているのですが、もちろん店は多いのですが、その分人も多くて歩きにくく、結構疲れます。サラピー郡役所の前から数百メートルで、ほとんど地元、近所の人達が来ているだけなので、正月でもそんなに混雑しておらず、ローカルな良さを感じました。

そこで、面白いものを見つけました。最近、タイでもセブンイレブンのキャンペーンに採用されるなど、かなり認知されてきた「リラックマ」のグッズです。

2016-01-07 15.11.38

袋には怪しげな日本語も書かれていましたが、最初は90バーツと割と高いことを言われたので、一緒にいた知人と一緒に3ヶ買うからと、1ヶ70バーツにしてもらいました。

どうして買う気になったかというと、お腹を押さえるとお尻から黒いものが出てくるのがたまらなく楽しかったからです。

2016-01-07 15.11.56

多分、このグッズの設定としては、「リラックマのお菓子で、少しかじられたところから、中身のチョコレートがはみ出す」ということなんでしょうが、どうみても「う○こ」にしか見えません。指で押さえると「ぷにゅっ」と出るのですが、離した時に「す~っ」と引っ込む動きもたまりません。病みつきになってしまいます。

じっと見つめていると、リラックマが横向きに座っているのでしょうが、アゴの下から垂れ下がった腕が、なんかコブのように見えてきます。「コブつき、う○こモレ、リラックマ」です。

袋に日本語で注意書きもあったので、もしかしたら、日本でガチャポンの景品になっているのかなと思って、「リラックマ」で画像検索をかけてみましたが、同じようなものは見つかりませんでした。

思い出したように、お腹を押して、真っ黒いチョコの出かたを楽しんでいます。

| やっぱ気になる | 15:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT