やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バイクの納税証

タイでバイクを所有していると、毎年、車両税を支払わないといけません。

これまでは、バイク本体のよく見える前面部分に、丸い納税証をステッカーで貼りつけていました。でも、最近のスクーターなどはスタイルもよくなり、ステッカーが貼れそうなスペースが少なくなり、貼りにくくなってきました。また、貼り方が悪いと雨季の間に水が入ってインクがぼけてしまうこともあります。

2017-01-11 11.45.06 B

ただ、何年前ぐらいからでしょうか、納税証を貼りつけるのではなく、筒状のケースに入れる方式が流行ってきました。当初は、プラスチック製で耐久性が心配でしたが、今は金属製のしっかりしたものが売られています。ネジで留めるだけなので、いろいろな場所に取り付けが可能なんですが、ナンバープレートの横に取り付けるのが一般的なようです。

2017-01-11 11.44.55

近くのバイク屋さんで100バーツで買って、その場で取り付けてもらいました。その時、納税証を持って行くのをお忘れなく。初めて見た時は、走行の振動で外れるのではないか、ネジ留めなので盗まれるのじゃないかと懐疑的でしたが、最近はステッカーで貼るよりも、こういうケースがかなり普及してきたので、私も今ではこれに変えました。シールで張り付けるより簡単で、雨水が染み込むこともなく便利なことに気がつきました。そのうち、きっとこれが標準になってくるでしょう。

ちなみに、今年はタイの仏歴で2560年です。この納税証にある2561の数字は、来年分までの税金支払い済みですよという意味です。反対にこの納税証がないと、警察の検問なんかで止められると罰金ものです。

| 役立つかな | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイの車検って

日本には自動車の車検制度がありますが、タイにも一応、あります。とは言っても、日本とはまったく違います。

今日、その車検に行ってきました。前にバイクが一台ありましたが、すぐに自分の車が検査に入って、わずか10分程で終わりました。料金もわずか250バーツでした。何をどう検査したのかわかりませんが、とりあえず、簡単な検査と書類発行の手数料みたいなものです。

2016-03-26 11.12.51

新車を登録して7年を過ぎると、車輌税を納付する際に、この検査証が必要になります。ピックアップ型の4ドアは、乗用車より車輌税が高く、登録初年度は約4,900バーツもしたのですが、年々安くなってきて、今回は3,900バーツぐらいです。

一方、強制保険の方は600バーツ程度です。ワゴン車やソーンテーオ(乗合トラック)は、税金も高くなります。

2016-03-26 04.11.51

この他にも、もしものために任意保険にも加入しなければなりません。最近、ガソリン代が安くなったとはいえ、維持費はバカになりません。しかし、仕事にしろプライベートにしろ、チェンマイで車のない生活は考えられません。チェンマイに来た当初は、バイクに1家4人が乗り、雨の中を合羽を着て走っていた頃もありましたが、もう、あの頃には戻れないですね。息子たちも大きくなって、みんな自分でバイクを運転するようになりました。

| 役立つかな | 09:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すご~い、SIM

今回、日本へ帰国するにあたって、ネット難民にならないようにと、タイで「sugoi SIM」というのを買っていきました。使ったことのある人や最近、日本へ観光に行くタイ人の間でも評判になっているらしいのです。

実際、関空についてから、さっそくこのSIMを差し、フェイスブックに写真をアップすることが出来ました。実家に着けば、家のなかではWifiが使えるので問題はないのですが、外出時にネットが使えると調べものをしたりするのに非常に役立ちました。私が日本で借りていた実家の軽トラには、当然、カーナビなんていうものは装備されていないので、グーグルマップが役に立ちました。またレストランやショップ情報も調べられるので、1年に1回しか日本に戻って来ない者には、困った時には本当に助かりました。

このSIMの有効期限は7日間ということだったのですが、実際には8日半ぐらい使えました。私はてっきり有効にした時間できっちり7日目に使えなくなるのかと思っていたので意外でした。

今、私が使っているスマホは、ドュアルSIM(一度に2枚のSIMが使えるタイプ)だったので、いつもタイで使っているSIMはそのまま差し込んだままにして無効に設定しました。そして、2枚目としてこのsugoi SIMを差し込んで、有効にして使っていました。ネットもFacebookも問題なく使えました。しかし、なぜか原因はわからないのですが、LINEの無料通話がうまく使えませんでした。普通にチャットは問題なおのですが、通話になると私の音声が相手側に聞こえない状態になります。それと、もう一つ困った点は、スマホに入っているメールアプリからメールが送信できないという点です。受信して読むことはできるのですが、このsugoi SIM(Docomoの回線を使ったデータ通信)では、うまく送ることが出来ませんでした。まあ、自宅に戻ってからWifiにつないで送信すれば問題はなかったのですが、外出時にちょっとメールを送ろうという時には困りました。この二つの問題点は、スマホ側の機種の問題なのか、通話はできないというDocomoの通信上の制約なのか、よくわかりません。

今回は800バーツのところ490バーツと割引中でした。スペシャルサプライズキャンペーンとうたっていますが、私にとってのサプライズは、タイ人向けのタイ語のページに飛ぶと、なんと同じSIMの値段が390バーツだったことです。後から気がついたのですが、ここでもタイ人、日本人の2重価格が存在していました。

まあ、結果的には、初めて使ってみたのですが、価格、問題点、利点を考えると、総合的には満足するものでした。

| 役立つかな | 14:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT