やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新しいイミグレで

年に1度の大イベントが終わりました。今年も無事に在留資格の更新、俗に言う「ビザ更新」を終えることができました。去年はプロムナード、今年は以前の場所に戻った新しいイミグレの建物での申請ということで、2回も下見を行い、祝日明けのオークパンサーの日を選びました。

新しいイミグレでは、1日に700~1,000人もの観光客や学生、ビジネスマン、その他もろもろの人が申請に訪れるそうで、それをいかに効率よくさばくか、日々、試行錯誤を続けているように感じます。よって、今日はこんな状況だったけれど、もう来週になったら変わっている可能性も高いと思います。参考になるかどうかわかりませんが、毎年恒例となったので、今日1日の流れをまとめておきます。ちなみに、私はノンイミの配偶者がタイ人、ファミリービザというカテゴリーになります。

・04:00  暗い中、一人で家を出る
・04:10  イミグレ到着、建物の外にはすでに10人ほどが座って待っていた
・04:30  また一人来て、自分の次の順番に座る
  見た感じ中国人が多くて、業者の2名はよく見かける顔
・04:40  新たに車が2台、順番待ちが2人増える
・05:00  ようやく建物の中に入れてもらえる
  外で並んでいた順番で中のイスに座る
  先週に下見した時とイスの配置、向きが変わっていた
  この段階ですでに20人ぐらい
・05:10  係官が、待っている順番にパスポートと申請を確認し名前をひかえる
  結局、紙に名前を書いた時点では、この日の8番目
  建物の隅に、無料のコーヒー、紅茶コーナーがあるとの案内あり

2018-10-24 05.22.31

・05:30  別の係官が、一人一人のパスポートと申請書類を確認
  この時点で、申請人本人がいないとダメみたい??
・05:43  整理券をもらう、ファミリービザは I で始まり、その1番、I1をもらう
  これまで20年近く、毎年この申請をしているが、初めて1番をゲット

2018-10-24 06.09.10

・06:20  10番窓口で申請受付、書類のチェックが始まる
・06:50  申請受付終了、パスポートに、結果を聞きに来る次回の日付をスタンプ
  噂通り6時過ぎから仕事をしていて、30分で終わったことに大喜び
  でも担当の係官は、たまにあくびをしながら、いろいろこぼしていた

さて、早朝暗いうちから待ったかいがあったとの喜びもつかの間、手数料の1,900Bも支払って、ここからが長かったですよ。タイ人の連れ合いは、先に自宅に戻り、私一人でパスポートが戻って来るのを待っていましたが、30分経ち、1時間経っても変化がありません。カウンターの向こうには自分のパスポートが見えていますが、一向に何も進まないまま1時間40分が過ぎたのでした。パソコンに入力する別の係官が来るのが遅くて、結局、その作業待ちで終わったのが8時半でした。早くから出勤してやってくれる係官がいる中で、この人が来ないがためにずっと1時間40分もぼーっと、説明もないまま待たなければならないのは、とても残念なことです。それでも8時半と言えば、以前ならやっと申請の受け付けが始まるかどうかの時間なので、この時間に終わったのなら早い方だと割り切らないといけません。ビザの種類が違うので、単純には比べられませんが、私よりも1時間も後、朝5時ぐらいに来た人の方が先に終わっていました。

毎年のことなので、準備していった書類は、ほとんど問題なかったのですが、パスポートのコピーが1枚、コピーが鮮明でなく数字が読めないということで、イミグレのコピー屋さんでコピーを取り直しました。もともとオリジナルのスタンプが薄いのが原因ですが、そんなこと言っても始まりません。朝6時半ぐらいでしたが、すでにコピー屋さん、仕事していました。

今日の見た感じから言うと、別に早朝4時に来て並ばなくてもいいのかなという感想を持ちました。実際はどうなるのかわかりませんが、夜は20時まで対応しているそうだし、6時30分頃が狙い目かなという感じです。イミグレの前の駐車場に車を停めたいのなら、やはり6時前ぐらいには行っておいた方がいいでしょうか。

ちなみに、ビザの切れる日から1ヶ月後、1年間の更新ができたかどうかを聞きに行かなければならないのですが、係官が言うには、ちょうどその日の午後に、整理券を取らずに直接10番窓口に来てくださいとのことでした。本当でしょうか??

順番取りの業者が排除されるような話もありましたが、皆さん健在でした。ただ、6時の整理券を配る時点で、申請人本人がいないとダメなのは本当のようです。建物の外で、係官と業者のタイ人が、何かやりあっていました。ただ、今のような朝6時から夜20時までの業務を続けていると、イミグレ係官の方がもたないと思います。整理券を配る際も、以前のようにビザの種類に分けて配る方が効率的なのではないでしょうか。実際、日本帰国から戻って届出たTM30、先週は1階のカウンターでしたが、どうやら3階の別の場所に移動したそうです。こうやって、今後もいろいろシステム上での変更を繰り返すことになるのでしょう。個人的には、業者はあってもいいと思いますが、本人が順番で並んでいる場合と、同等、同じ扱いであってほしいと思います。横からとか、知らない間に途中に割って入るのは勘弁してほしいですね。そういう意味でも、今日の1番というのは、たまたまかもしれませんが、ちょっとした驚きでした。わかりやすく、公平なシステム、そうそう迅速なことも大切ですが、イミグレ係官の負担だけが増えるのではなく、申請する方も考えながら、今の状態が改善されていってほしいと思います。

2018-10-24 05.21.56-1
スポンサーサイト

≫ Read More

| 手続き関連 | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2年ぶりの労働許可証更新

毎年恒例、1年に1度の在留資格の更新の季節がやって来ました。いつものことながら、あれこれ書類集めに奔走し、精神的にも疲れます。その一つに、更新された労働許可証のコピーが必要になります。

一昨年は、労働許可証の期限が2年間更新されたので、去年は更新手続きに行っていません。2年ぶり、1年空けるだけで、手続きに必要な書類など、忘れていることもたくさんありました。

昨日、無事に労働許可証の更新が済みました。あっけないぐらいにすぐに終わり、拍子抜けするぐらいでした。来年の自分のためのメモ代わりに記事をアップしておきます。

・申請場所は、一昨年と同じ場所で「農業振興センター??」の2階
・ミャンマー、ラオス、カンボジア等以外の外国人は、奥に別の申請部屋があり
・今後、2年ではなく、1年ごとの更新らしい
・本人が行かなくても、委任状があれば代理で手続きができ、収入印紙も申請窓口で購入できる
・これまでは上司のサインが必要だったが、今回は職員のサインでOKだった
・更新手数料が3,000Bと申請書代が100Bで合計3,100Bが必要

噂に聞いていた労働許可証が電子ファイルになるという話は一切なく、相変わらず紙の冊子にスタンプを押されました。バンコクだけ、それともBOIの認可を受けている外資企業だけなんでしょうか。まあ、電子ファイルになると、イミグレに書類を提出するときに困るかもしれないので、私的には従来通りの方が都合がいいです。

イミグレとは単純に比較はできませんが、こんなに早く労働許可証の更新が済むのは、申請者が少ないだけではないような気がします。事務所の立地条件でいえば、イミグレの方がはるかに良く、建物もシステムも新しくなったので、もっと更新手続きが簡素化・迅速化されることを願っています。まあ、イミグレの場合は、現地で働いていない、つまり労働許可証を持たない観光客やロングステイヤーが増えすぎたのに、それに職員の態勢が追いついていないのかもしれません。

| 手続き関連 | 10:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出入国カード

タイに来る日本人から聞いた話によると、最近は、パスポートにホッチキスで出入国カードを留めないようです。留められていないと、たまに失くす人がでてきます。特に、初めてタイに来た人は、その半券が出国の際に必要だということをよくわかっていない人もいます。

今年の3月、チェンライ国際空港で、この出入国カードの「出国カード」を紛失した人がいました。一緒に2階に上がって、イミグレの職員に事情を話したら、丁寧に対応して、新しいカードをくれました。

つい先日、またもやチェンライ国際空港で、同じようなケースがありました。前回のように2階に上がり、イミグレ職員にお願いしようとしたら、あれ、荷物検査のためのX線機械が設置されていて、イミグレには近づけません。そこで、そこにいた女性職員に聞いても、さっぱり要領を得ません。きっと空港職員ではなく、荷物検査を委託されている会社の派遣社員なんでしょうか、出入国カードというものをわかっていません。何度か説明するうちに、結局、航空会社のチェックインカウンターでもらってきなさい、ということになり、また1階へ降りることになりました。

2018-08-24 15.27.14

高校生だったので、中のイミグレまで一緒について行って、通訳をしてあげようと思ったのですが、荷物検査の職員に入場を拒否されました。結局はイミグレのカウンターで書き込んで、何とか出国できたのでよかったです。

チェンラーイ国際空港の場合ですが、出入国カードを紛失してしまったら、航空会社のチェックカウンターで申し出て新しいカードをもらいましょう。そのまま2階に上がって、手荷物検査を済ませてから、中のイミグレカウンターで事情を話して、カードに書き込む、という流れになるでしょう。失くさないのが一番ですが、失くしてしまっても慌てず、再発行で帰国することができます。ただ、タイに入国する際は、旅行会社が印刷してある場合もあり、いざ自分でカードに書けと言われても、時間がかかってしまう人もいるかと思います。ましてや入国時のフライト便名を覚えていないので、書類を探すことになります。事前に失くしたとわかっていれば準備しておくのですが、イミグレを通る直前に気づくと、慌てる人がいるかもしれません。

というわけで、私の経験からまとめてみました。

・タイの出入国カード、入国時に入国の半券を取られますが、残りの出国の半券をなくさないようにとっておく(最近は、ホッチキスでページに留めない)
・もし、失くしてしまった場合は、航空会社のチェックインカウンターで、チェックインの際に申し出て新しいカードをもらう
・あの出入国カード、T.M.6号様式なのですが、「Thai Immigration Bureau」というより「イミグレーション・カード」または「デパーチャー・カード」の方が通じるかもしれません
・事前に書き込んでおき、荷物検査を受けてから、中のイミグレで職員に事情を話す

2018-08-24 15.29.43

もしかしたら、荷物検査を通過して、中のイミグレに到達してから、「あれ、カードがない」ということになれば、その場でカードを渡してくれて、書き込んで済むかもしれません。

| 役立つかな | 11:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。