やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インタノン山、再発見

SNSに投稿されたタイ人の写真に誘われるままに、タイのサクラと言われているヒマラヤザクラを見に行ってきました。この時期、何ヶ所か桜の見どころがあるのですが、その中から久しぶりにインタノン山へ行くことにしました。

インタノン山は標高2,565m、タイ国内で一番高い山ですが、これまでにも何度か車で頂上へ行ったことがあります。途中の仏塔にお参りして頂上を目指すというのが、これまでのパターンでしたが、今回の目的は満開のヒマラヤザクラを見ることです。

ヒマラヤザクラ「ดอกนางพญาเสือโคร่ง」は、桜の野生種の一つで、英語では「Wild Himalayan Cherry」とも呼ばれています。名前の通り、ヒマラヤが起源と考えられており、海抜1,200m~2,400mの高地で見られるそうです。

2018-01-16 11.45.01

インタノン山国立公園の中央事務所の手前に、ロイヤルプロジェクトの実施地があって、山岳少数民族のモン族の人達が換金作物であるや高原野菜を栽培してます。国立公園内を頂上まで縦断する幹線道路から横にそれ、更に坂道を登って18kmほど奥に入った山間にロイヤルプロジェクトのクンワーン「ศูนย์วิจัยเกษตรหลวงขุนวาง」という実施地があり、ここが今回の見の目的地です。

2018-01-16 11.46.32

さて、このヒマラヤザクラ、毎年1月中旬頃に満開を迎えるのですが、その年の天候や気温によって開時期がずれ、開の期間も7~15日ぐらいと言われています。

2018-01-16 11.27.19

いや~、桜の「トンネル」「通りぬけ」ということで、多くの観光客が訪れていましたが、やはりきれいでした。今まで何度もインタノン山には来たことがあったのですが、この奥地まで桜を見に来たのは、初めてのことです。高所恐怖症の私にとっては、途中の山道が少々怖かったのですが、偶然、前を走っていたワゴン車について行くことで何とかクリアーできました。いや、恐怖を乗り越えて来る価値のある場所です。

2018-01-16 11.24.34

満開の桜を見ることができて大いに満足したのですが、ここまで来たのだからと、“ヒツジのファーム”「ม่อนน้องแกะ」を見に行こうということになりました。ここもロイヤルプロジェクトの一つのプロジェクトで、ヒマラヤザクラの通りぬけの実施地とは向い側の山の上にありました。SMSで写真を見たことがあったので、きっと案内の看板があって、広い道だろうと思いこんでいました。が、実際は道に迷いながら何度か行ったり来たり、人に聞いてやっとたどり着いたファームは、ヘアピンカーブの細い道を上りきった先に、看板もなく急に現れました。

2018-01-16 15.39.58

2018-01-16 15.43.47

ここでは100頭近いヒツジが飼育されているそうです。道に迷ったので半分諦めていたのですが、ここへも行けてよかったです。景色もきれいでしたが、ヒツジの食欲がもの凄くて、怖いぐらい楽しかったです。1束20バーツでエサを売っているのですが、エサを持って歩き出すと、どこからともなくヒツジが集まってきて、いつの間にか取り囲まれてしまいます。我先にと奪い合うそのパワーに圧倒されてしまいます。

2018-01-16 15.43.01

2018-01-16 15.41.13

こうして、満開のヒマラヤザクラと食いしん坊のヒツジ達と戯れて、1日を楽しんできました。家に戻ってからネットで調べてみると、他にもいろいろと私が行ったことのない滝やトレッキングコースなどがあるようです。ぜひ、次回はもう少し下調べをしてから、また違ったインタノン山国立公園を発見してみたいと思います。

ちなみに、よく「インタノン山は、ヒマラヤ山系の一番端っこだ。」という説明があります。しかし、地図を見るとヒマラヤ山系はパキスタンぐらいまで、途中で途切れているので間違いじゃないかと言う人もいます。過去の地殻変動で現在は地図上ではつながっていませんが、ネパール山地と同じような高山植物が自生していて、植物生態から考察するとヒマラヤ山系と言える、ということらしいです。

≫ Read More

| 身近な自然 | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気まぐれ家庭菜園

何かと忙しいときに限って、庭仕事などにはまってしまうことがあります。軽い気持ちでやり始めると、途中で止められなくなってしまって、気が付くと、「あ~、こんなことしている場合じゃないんだけどな~。」という状況に陥り、でも最後には、「マイペンライ(まあ、いいか。)」という流れになります。

タイ人の連れ合いが、いつの間にかキュウリと長豆の種を蒔いていて、それらがきれいに芽を出しています。次男に支柱を作るように頼んだようですが、1本やりかけて、放り投げてしまいました。そこで、おやじの登場です。最初は、まったく乗り気ではなかったのですが、やり始めるとあまりいい加減なものもできません。

キュウリですが、「間引きはしないの?」と聞いても、「マイペンライ」だそうです。こんなに勢いよく出ているので、引っこ抜くのがもったないようです。

2016-07-20 11.03.33

「三尺ささげ」だと思います。連れ合いは、種を蒔くのと収穫は好きですが、その途中の草抜き、管理などはあまり関心がないらしく、無事に育って実をつけるのか、ちょっと心配です。

2016-07-20 11.03.26

家にあった竹を使ったので、こんなものです。今は大丈夫ですが、順調に成長してツルで覆われたら、その重みでちょっと持たないかもしれないというヤワな作りです。

2016-07-20 11.03.15

一応、補強はしてみましたが、どうでしょうか。本当はネットの方がいいのかもしれませんが、面倒くさいのであるもので間に合わせました。もしかしたら、ナイロンひもで補強をすることになるかもしれません。

2016-07-20 11.03.56

本当はアーチ型にしたかったのですが、連れ合いに強固に反対されたので諦めました。日本のように緑色のビニールでコーティングされた既製品の支柱があると便利なんですが、まだ手に入っていません。割竹ではなく、細い篠竹があれば、河原へ切りに行くんですが、この辺では見たことがありません。

さて、なんとか支柱はできましたが、無事に成長してくれるでしょうか??

| 身近な自然 | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2年ぶりに花見へ

フェイスブックのファンページで、「ええやん」を押しているので、お祭りが近づいてくると、頻繁に記事がアップされるようになります。ランパーン県にある「パー・ミアン村」のページです。「パー」は「森」という意味で、「ミアン」は「お茶を発酵させたもの」です。この山の上の村では、お茶の葉を摘み、それを発酵させ、噛み茶という嗜好品をつくって暮らしてきました。

このお祭りに行くのは、今回が2回目、2年振りになります。週末の金、土、日が開催日で、土曜日が開会式、コンサートなどもあり、一番賑やかな日ですが、私は人混みが嫌いなので、あえて金曜日に行ってきました。チェンマイにステイしている日本人の知人お二人を誘って、日帰りの花見トリップとなりました。

当日は、朝から曇り空で、前夜には結構な雨が降るという、あいにくの天気でしたが、無事に目的に辿りつくことができました。ランパーン経由なので、車でも2時間ちょっとかかりました。実は、チェンマイの東部、サンカンペーンの方から険しい登り坂のルートを選ぶと距離も短いのですが、高所恐怖症の私には運転できそうにないので、あえてぐるーっと寄り道をしながら行きました。

2016-02-26 11.18.08

見事に咲いていました。

CIMG5671.jpg

そこに車停めないでほしいですね。せっかくの並木に車は似合いません。

CIMG5670.jpg

お祭りの初日だったのですが、地元の子ども達が踊っていました。本番に向けての練習のような気もします。会場ではいろいろな食べ物を売っていましたが、看板を書いている村人がいたりと、やはりこの日は準備とリハーサルを兼ねていたのでしょう。狙いが当たり、この日は車を停めるところもあったし、人も多くなくて、写真を撮ったり、食事をしたりとのんびりと過ごせました。

CIMG5677.jpg

村のおばさんが、包丁で竹をさいてくれています。

CIMG5679.jpg

竹の中身は、野菜などを入れた卵とじでした。うまい。

2016-02-26 11.46.53

こちらは、花を使ったヤム(辛いサラダ)。ここでしか食べられません。

2016-02-26 11.49.28

そしてここの名物と言えば、花の天ぷら。ほとんど花の味はせず、コロモの味しかわかりませんでした。

CIMG5678.jpg

土鍋で薬草を煮出していて、これは無料で誰でもが飲めるようで、竹のコップで振る舞ってもらいました。味は、おいしくはありませんが、私は大丈夫な感じです。曇り空で、山の上は涼しかったので、温かいものは有り難かったです。

CIMG5674.jpg

2年前と大きく違っていたのは、広場がコンクリートで整備され、展望用のテラスがあったり、記念撮影用に大きな看板ができていました。英語で“ORCHID TREE BLOSSOM VALLEY”と書かれ、標高1,114mとも併記されていました。

2016-02-26 11.25.25

また、今回はジェーソーン国立公園の入場ゲートで、花祭りに行くからと言って、入場料は払わなくてすみました。その代わり、帰りにはもう一つ別のチェックゲートがあり、そこで「国立公園に寄りますか?」と聞かれ、寄りたい人はここで入場料を払わなければならないのですが、私達は寄らずにそのまま帰ってきました。ここで、こっそりお金を払わずに国立公園に行こうとしても無駄です。「寄りません!」と言った段階で、うちの車のナンバーを無線で入場ゲートに連絡していたので、いつまで経っても車が現れないとすぐにバレてしまいます。

そうそう、今年からメインの土曜日だけ、一般観光客の自家用車を乗り入れ禁止にして、山道に慣れた地元の村人が車で送り迎えするという方法が試みられたようです。もちろん有料で往復50バーツということですが、ピックアップ車の荷台かなと想像しています。

花を楽しみに行くだけなら、あえてお祭りは外して、のんびりツーリングというのも楽しそうです。ただ、普段は何も売っていないので、水や食べ物を持参して、ござでも敷いてご飯を食べながら花見の方が落ち着くかもしれません。

| 身近な自然 | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT