やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

この世界の片隅に

SNSで評判だったので、ずっと観たいと思っていた「この世界の片隅に」を観に行ってきました。

チェンマイのMAYAというデパートで、「タイ日映画祭」が開催され、その初日ロードショーがこの映画でした。ネットやフェイスブックなどで事前の告知を見ていたのですが、その日の午後、知人から聞いて、じゃあ行ってみようという気になり出かけて行きました。

が、しかし、すでにチケットは売り切れ、満席状態で、立ち見も断られる始末でした。当日の数時間前に行っても、大丈夫だろうとタカをくくっていましたが、大いに油断していました。開会式に招待されていた数人の知人と挨拶を交わし、潔く諦めて、何も観ないまま、昨夜は帰宅しました。

観れないとなると、余計に観たくなるものです。さっそく、ネットで調べてみると、チェンマイではセントラルのエアポート店とフェスティバル店のMajor Cineplexで一般ロードショーしていました。これは行くしかないということで、今日、フェスティバル店で16時50分からの上映を選びました。

なんせ久しぶりのタイ映画館です。チケットの買い方もよくわかりません。タッチパネルの自動販売機の前に映画館のスタッフがいて、教えてもらいながら購入しました。大人170バーツでした。「タイ日映画祭」、昨日だったら半額以下の80バーツで観られたのにと悔しい思いをしながらも、まあ、日本より安いからと自分を納得させました。

おー、中に入るといくつもホールがあるんですね。第9ホールでの上映、観客は私を入れても10人以下、ガラガラでどこに座っても大丈夫な状況でした。それにしても、時間になってから次回映画の宣伝やコマーシャルが長過ぎ。こんなに長かったかなとしょっぱなから疲れ気味でした。そして、国歌斉唱が始まり、起立しない人が一人いましたが気にせず、私は起立してスクリーンに流れる映像を興味深く追っていました。最初は、亡くなられた前国王と現国王の幼少期の映像から始まり、そして最後は、まあ当然ですが現国王の映像になっていました。このバージョンを見たのは、初めてです。

映画自体は、やはりすずさんの声、のんさんがいい味を出してくれていました。淡々と進む物語でしたが、結局は恥ずかしながらこっそり鼻をすすっていました。気をもむラブストーリーでも、恐怖や悲しみだけが残る映画でもなく、前半のんびりした感じでしたが、後からじわじわっと効いてくる良い映画だと思います。そうそう、日本語版で、下に割と大きな文字でタイ語の字幕、さらにその下に少し小さめの文字で英語字幕がでていました。ただ、この物語の中での会話やニュアンスを文字で伝えるには限界があるだろうなと感じました。

本編が終わったらみんな出ていくかなと思ったら、もともと少ない人数でしたが、最後のロール、クレジットまで残っている人もいて、意外でした。ただ、この映画がタイの人にどのぐらい受けるかな?という気はします。多分、日本のように口コミで広がってロングランというようなことにはならず、1週間ぐらいで打ち切りになりそうです。何はともあれ、劇場で日本語で観ることができて満足です。
スポンサーサイト

| やっぱ気になる | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明けまして酉年

2017年、タイの仏歴だと2560年、新年明けましておめでとうございます。
今年は酉年です。タイでは生まれた干支によってお寺が決まっており、自分の干支のお寺にお参りすると、より大きな徳がつめると信じられています。

私は午年生まれですが、今年は酉年ということで、ランプーン県にあるハリプンチャイ寺院へお参りに行ってきました。自宅から近いということもあり、よくお参りに行くお寺です。

2017-01-01 08.17.21

元旦の8時ぐらいにお寺に着いたのですが、本当に幸運なことにちょうどジェディー(仏塔)の周りに黄色い布を巻き替える行事が行われていました。

2017-01-01 08.18.16

私たち家族もこの行事に飛び入り参加させてもらいました。

2017-01-01 08.27.40

酉年のお寺だけあって、鳥の置物がたくさんお供えされていました。

2017-01-01 08.40.24

その後、少し足をのばしてランパーン県までドライブし、道端で焼き物を物色してきました。

2017-01-01 12.14.19

ランパーンの陶器は、ニワトリの絵付けで有名です。市内のレストランなどでも普通に使われていたりします。

2017-01-01 12.30.26

今年の元旦は、あいにくの小雨模様でしたが、みんなで初詣に出かけ、新年の安全と幸福をお祈りしてきました。
あまり更新されていないブログですが、どうぞ、今年もよろしくお願いします。

追伸:元旦の初詣の様子を動画にまとめてみました。どうぞこちらもご覧ください。

| 近況報告でも | 09:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラゴン航空って

今回初めて、ドラゴンエアーを使って日本へ帰国しました。チェンマイから香港までがドラゴンエアー、香港から関空までがキャセイパシフィック航空を利用しました。

チェンマイから香港までの機体が小さく、通路を挟んで両側に3シートずつで、どうなることかと少し不安もあったのですが、何のことはない、全然大丈夫でした。

2016-10-17 15.00.00

これからチェンマイ発のドラゴンエアーの利用を考えている方、また、自分のための記録として、気づいたことを書き留めておきます。

・チェンマイ空港の国際線ラウンジには、お湯(86℃前後)の給湯機はあっても、現時点では給水機が1台もなかった。
・チェンマイ~香港~関空の往復で、15,835バーツ。
・2日前(48時間)から、ネットでチェックインができますが、片側3シートで、すでに窓側から2人が埋まっている場合は、その列の通路側は避けた方がいいかもしれない。中華系の2人連れだとうるさい可能性があるので、もし通路側のシートを取るなら、その点を考慮する。
・ドラゴンエアーの機内食は、チキンとライスか、ポークとヌードルで、まあまあ食べられた。ハーゲンダーツのアイスクリームつき。
・機内の座席にはモニターもなく映画も見られないので、寝るか、読書などの暇つぶしグッズを用意する。私の場合は、タブレットで映画を見ていたので、あっという間に香港に着いた。
・機内で出された飲料水のペットボトルのサイズが小さくてちょうどいい。空の状態で持って行けば、香港空港で飲料水を入れる水筒代わりになる。
・香港は乗り換えなので、当然、入国カードなどは必要なし。
・香港での乗り換えは、案内板に沿って、周りの人と一緒に移動すれば問題なし。発着案内板で出発ゲートを確認しても、その後変更する場合があるので要注意。
・乗り換え時に、再度手荷物検査があり、ここで液体を持っていると廃棄しないといけないので注意。
・ゲートによっては、横になれるベットもある。

2016-10-03 21.24.12

・wifiはパスワードなしで、快適につながる。今回の乗り換えは3時間ほどあったが、真夜中もネットで時間をつぶせた。
・香港から関空路線には日本人乗務員もいる。
・離陸してからすぐに機内食が出たが、あまり美味しくなかった。
・映画は見ることができるが、リモコンが旧式で扱いにくい。タッチパネルも感度が悪いが、日本語の映画もあった。
 →私はここで、007シリーズを見ていたが、途中でフリーズしてしまい、その復旧に手間取ったため、結局、最後の山場、結末を前にして時間切れとなってしまった。着陸後もラストが気になってしかたなかったが、復路にラストだけ見ることにした。
・割りと空いていて、中央3人シートも真ん中は空いていたし、1列すべて空いているところあり、足を伸ばして寝ている人もいた。

ということで、ドラゴンエアー、きついかなと勝手に想像していましたが、それほどでもありませんでした。この料金から考えると、特に不満はありません。

ただ、復路の関空発、10時発は満席で、9時20分発になってしまったので、出発当日だと実家からは間に合いそうにありません。そのため大阪市内で前泊する必要が出てきました。まあ、今回は、大阪の知り合いを訪ねるので、それでもいいのですが、やはり10時の方が時間的に余裕があっていいかなと、それぐらいです。

| あれこれ思う | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。