やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

≫ EDIT

90日毎に何かが変わる

家を出たのは9時過ぎ、イミグレに着いたのが9時15分頃、整理券をもらうために並びました。前回もそうでしたが、どちらの列に並んでいいのか、90日レポートと再入国許可証の申請が同じ列になっていて、ちょっとわかりにくいです。

待っている人の列自体は短かったのですが、書類を検査して、整理番号を渡す実習生らしき学生が丁寧というのか、すごく遅くて整理券をもらうだけで20分もかかってしまいました。

以前は、ラミネートされた硬い整理券だったと思うのですが、今回からまたプリントされた整理券に変わっていました。今日は、1034番ということで34番目のようでした。

いつものようにしばらく待って、9時50分にはすべて終わりました。パスポートと書類を提出して、今回初めてアンケート用紙への記入を求められました。場所の清潔度、係官の対応、待ち時間を5段階評価するものでしたが、日付と名前を書かされたので、最低の評価をつけるのははばかれます。そして最後の質問は、係官から利益(ワイロ)を求められたかというもので、当然「NO!」でしたが、さすがに係官の前で「YES」に印はつけられないでしょう。多分、上の方から言われて、サービスの質を調査するというものでしょうが、次回に届出に行くときは、このアンケートもなくなっていることでしょう。

というわけで、今日は35分ぐらいで終わったので、早い方です。最近、イミグレでの待ち時間が短くなっているという評判ですが、いろいろな面で改善されたのか、それとも単なる時期的なもので、申請者が少ないからでしょうか。
関連記事

| 手続き関連 | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツタの絡まるホテル

この7月、日本の団体からタイ人の学生への奨学金授与式に参加してきました。もう、何年も続けてお手伝いをしているのですが、今年は大学卒業生がいるということで、泊りがけで行われました。

この奨学金、中学1年生から大学卒業まで継続して支援され、今年で10年目を迎えます。今年大学を卒業した奨学生の中には、すでに就職が決まり働いている子もいれば、大学院へ進む子もいました。夜中、先輩たちがまだ現役大学生の後輩たちに、自分たちの経験を語り、いろいろとアドバイスをしていました。

さて今回、宿泊したホテルですが、カオマイ・ランナー・リゾート 「เก๊าไม้ล้านนา รีสอร์ท」 (Kao Mai Lanna Resort) といいます。これまでもタイ人の知り合いが、プレウェディングフォトで新郎新婦の衣装で撮った写真を見たことがあり、以前から行ってみたいなと思いながら、なかなか行くことができなかった場所です。

部屋の内部はこんな感じでした。その日は、たまたま雨が降り、ちょっとジメジメしていて、カビ臭いかなという印象が残りましたが、落ち着いた感じで静かです。

2017-07-22 22.32.11

入口の扉は木製で、取っ手の部分は象さんでした。

2017-07-22 14.40.17

つい先日、日本から知人がチェンマイに来ていたので、泊りは無し、写真だけを撮るために再び訪れました。入口を通り、駐車場に車を停めてから、レストランで飲み物を注文して、駐車券にスタンプを押してもらいます。この日は3人で行ったのですが、飲み物は2つだけ、私はマンゴスムージを頼みましたが1杯80バーツでした。写真だけ取るための入場料みたいなものですかね。

ここはもともとタバコの葉を乾燥させる施設だったそうです。それをリニューアルしてホテルに改装したということです。

2017-07-22 14.42.07

ホテルのスタッフにドローンを飛ばしてもいいかと許可を求めたら、それもカメラの1種ということで、どうぞ撮影してくださいと快諾してくれました。実際は、途中で小雨が降ってきたり、葉が茂った木があったり、また本当に久しぶりの飛行だったので、思うようには撮影できませんでした。まあ、つたない編集でごまかしておきましたので、どうぞ見てやってください。



ドローンで撮影した元の画像はもう少しきれいに映っているんですが、圧縮の関係でしょうか、ちょっとぼやけている個所もありますね。個人的には終わり方が納得していないのですが、まあこんな感じでお許しください。
関連記事

| チェンマイって | 11:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT