やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

≫ EDIT

今年は来るかも

今年は5月17日、タイの気象庁が正式に雨季入り宣言をしました。ここ数日、雨の降る日が多かったのですが、昨夜から今朝にかけての雨は、断続的に強く降り続きました。寝ていても不安になるぐらい雨音が聞こえてきました。

今朝から、SNSなどでニュースを見ていると、チェンマイ市内でも土地が低い地域では、雨水の排水が間に合わず、道路が冠水している写真が投稿されていました。

我が家の前も縁石まで水に浸かって、どこへも流れていきません。

2017-05-19 08.08.07

私が住んでいる分譲住宅地は開発されてから、もう十数年は経っているのですが、私の家は一番奥に位置しています。住宅地入口は水がひいても、私の家の周辺は、なかなか水がひきません。

以前は裏が空き地だったのですが、そこが埋め立てられ、また新しい分譲住宅地が開発されました。当然、新しい土地では、洪水の対策に土を盛り上げ高くします。すると、さらに水は低い私の家の周りに溜まってしまいます。

2017-05-19 08.10.31

裏庭ですが、雨水、というか泥水に浸かっています。

2017-05-19 08.08.54

というのは、壁を隔てた裏の道路が行き止まりで、どこへも水が流れずに溜まっているからです。土地を埋め立てるなら、当然、排水溝を掘るなり、何らかの対策をとるべきなのですが、ここではそんなことはお構いなしです。

幸いにも、天気が良くなってきて、陽も照ってきたので、しばらくすれば水はひいてくれると思います。でもまた雨が降ると、もっとひどいことになるかもしれません。過去の悪夢が蘇ってきます。2005年8月2011年9月、そしてまた6年サイクルで大洪水が来るのでしょうか。油断大敵、「今年は来るかも?」、覚悟して対策しておきます。
関連記事

| 近況報告でも | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セミも食べます

タイのお正月、ソンクラーン。今年もタイ人の連れ合いの実家へ帰省し、村の長老の家を回りました。各家では、お酒と食べ物が用意されていて、村人を迎えてくれますが、今年はあるお宅で皿にもったセミが出されました。

2017-04-15 16.11.07

空揚げしたセミです。ほとんどの人は羽を取って食べますが、中には大丈夫、丸ごと食べられるという人もいますので、後は好みの問題でしょう。

2017-04-16 14.14.11

別のお宅では、すでに羽をとった状態で揚げられていました。

2017-04-16 14.23.09

味はというと、コオロギやコガネムシと同じで、エビ系の味でしょうか。どうやらオスはお腹の中が空洞らしく、一つや二つ食べても、あまり味がわかりません。メスの方はおいしいという人もいます。

2017-04-16 12.19.25

日本だと沖縄の人もセミを食べる人がいるそうですが、その調理法はほとんどが揚げるようです。今回、成虫になる前の幼虫のスープを食べました。

2017-04-16 12.21.03

モチ米と一緒に食べたのですが、こちらは唐揚げのようにカリッとしておらず、しっとりしていて、あ~虫を食べてるんだなと実感できます。まあ、お味の方はスープの味付けが染み込んでいるので、セミ自体の味はよくわかりません。

2017-04-16 12.30.48

義理の弟が捕まえ冷凍にして、実家に持ってきました。何年もの長い間を地中で暮らし、サナギ、そして成虫になるために土から出てきたところを捕まえたそうです。同じ時期には、周辺を掘り返すと結構な数が獲れるそうです。

タイ人ならみんな好きなのかと思ったら、やはり最近の若い子は食べなかったり、中にはアレルギーの人もいるそうです。コオロギなんかは養殖モノが市場でも売っていたりしますが、セミの養殖は難しいのか、市場とかでもあまり見かけません。珍味と言われれば、珍味なのかもしれませんが、探してまで食べようという気はおこりません。
関連記事

| 食べられるもの | 10:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT